Angular ComboBox の概要

    Angular ComboBox コンポーネントは、編集可能な機能を提供するドロップダウン リストを表し、ユーザーが事前定義されたリストからオプションを選択できるようにします。Ignite UI for Angular Combo コンポーネントは、フィルタリング機能、項目の単一と複数選択、グループ化、ドロップダウン リストにカスタム値の追加などの機能をサポートします。HTML select タグの代わりに使用でき、データ バインディング (ローカルおよびリモート)、フィルタリング、グループ化、カスタム テンプレート、カスタム値など、すぐに使用できる機能がいくつかあります。

    Angular ComboBox の例

    この Angular ComboBox の例では、ユーザーが項目をフィルターし、提供されたデータを使用して単一または複数の選択を実行する方法を表します。さらに、ComboBox は、キーボード ナビゲーションとカスタム スタイル設定機能を公開します。

    Angular ComboBox 機能

    Combo コンポーネントは以下の機能を公開します。

    使用方法

    Combo コンポーネントを初期化にするには、まず IgxComboModuleapp.module.ts ファイルにインポートします。

    import { IgxComboModule } from 'igniteui-angular';
    
    @NgModule({
        imports: [
            ...
            IgxComboModule,
            ...
        ]
    })
    export class AppModule {}
    

    次に、テンプレートで igx-combo をいくつかのデータにバインドします。

    export class ComboDemo implements OnInit {
        public cities: { name: string, id: string }[] = [];
    
        public ngOnInit() {
            this.cities = [{ name: 'London', id: 'UK01' }, { name: 'Sofia', id: 'BG01'}, ...];
        }
    }
    
    <igx-combo [data]="cities"></igx-combo>
    

    これで、コンボの city の配列にバインドされました。

    データ値と表示プロパティ

    コンボは複雑なデータ (オブジェクト) の配列にバインドされているため、選択したアイテムを処理するためにコントロールが使用するプロパティを指定する必要があります。コントロールは、valueKeydisplayKey の 2 つの @Input プロパティを公開します。

    • valueKey - オプション、オブジェクト配列に推奨。 - コンボの選択のために保存されるデータ エントリのプロパティを指定します。valueKey が省略された場合、コンボ値はデータ エントリへの参照を使用します (選択は combo.data からのエントリの配列になります)。
    • displayKey - オブジェクト配列に必須。 - アイテムのテキストに使用するプロパティを指定します。displayKey に値が指定されていない場合、コンボは指定された valueKey (存在する場合) を使用します。

    この例では、コンボに各都市の名前を表示し、コンボ値には各都市の id を格納します。格納するには、これらのプロパティをコンボのdisplayKeyvalueKey にそれぞれ提供します。

    <igx-combo [data]="cities" displayKey="name" valueKey="id"></igx-combo>
    
    Note

    データソースが単純なタイプ (string[]number[] など) で構成されている場合、valueKeydisplayKey指定しないでください

    双方向バインディング

    Combo コンポーネントは、[(ngModel)] との双方向のデータ バインディングを完全にサポートし、テンプレート駆動型およびリアクティブ型での使用もサポートします。コンボ選択には、双方向バインディングまたは選択 APIを使用してアクセスできます。コンボの選択項目 (valueKey に基づく) と同じタイプの項目の配列を渡すことができ、いずれかが変更されるたびに、他方がそれに応じて更新されます。

    以下の例は、cities の Sofia と London があらかじめ選択済みになります。コンボの選択におけるそれ以上の変更は、selectedCities 配列に反映されます。

    <igx-combo [data]="cities" [(ngModel)]="selectedCities" displayKey="name" valueKey="id"></igx-combo>
    
    export class MyCombo {
        public cities: { name: string, id: string }[] = [
                       { name: "Sofia", id: "BG01" }, { name: "London", id: "UK01" }, ...];
        public selectedCities: string[] = ["BG01", "UK01"];
    }
    

    valueKey を指定しない場合も双方向バインディングを設定できます。たとえば、valueKey を省略すると、バインドされたモデルは次のようになります。

    export class MyCombo {
        public cities: { name: string, id: string }[] = [
                       { name: "Sofia", id: "BG01" }, { name: "London", id: "UK01" }, ...];
        public selectedCities: { name: string, id: string }[] = [this.cities[0], this.cities[1]];
    }
    

    選択 API

    Combo コンポーネントは、コントロールの現在の選択状態を取得および操作できる API を公開します。

    コンボの選択を取得する 1 つの方法は、selectedItems() メソッドを使用することです。指定された valueKey (存在する場合) に応じて、選択された項目に対応する値の配列を返します。

    例では、selectedItems は選択された都市の id の配列を返します。

    export class MyCombo {
        ...
        public selectedItems: string[] = this.combo.selectedItems();
    }
    

    選択 API を使用すると、コントロールのユーザー操作なしで、コンボの選択された項目を変更できます - ボタン クリックを介して、Observable 変更への応答としてなどです。 たとえば、selectItems() メソッドを使用して複数の都市を選択するボタンを実装できます。

    <igx-combo [data]="cities" displayKey="name" valueKey="id"></igx-combo>
    <button igxButton (click)="selectFavorites()">Select Favorites</button>
    

    ボタンをクリックすると、都市 London と Sofia がコンボの選択に追加されます。

    export class MyExampleCombo {
        @ViewChild(IgxComboComponent, { read: IgxComboComponent, static: true })
        public combo: IgxComboComponent;
        ...
        selectFavorites(): void {
            this.combo.selectItems(['UK01', 'BG01']);
        }
    }
    

    また、コンボは、選択が変更されるたびにイベントを発生させます - onSelectionChange()。発行されたイベント引数 IComboSelectionChangeEventArgs には、変更前の選択、現在の選択、追加または削除された項目に関する情報が含まれています。また、イベントをキャンセルして、新しいアイテムの配列で選択を更新できないようにすることもできます。

    イベントへのバインドは、igx-combo タグの適切な @Output プロパティを介して実行できます。

    <igx-combo [data]="cities" displayKey="name" valueKey="id"
               (onSelectionChange)="handleCityChange($event)">
    </igx-combo>
    

    以下の例では、都市が選択に追加または選択から削除されると、統計の可視化を更新するハンドラーが発生します。

    export class MyExampleCombo {
        ...
        handleCityChange(event: IComboSelectionChangeEventArgs): void {
            for (const item of event.added) {
                this.addToVisualization(item);
            }
            for (const item of event.removed) {
                this.removeFromVisualization(item);
            }
        }
    }
    

    単一選択

    デフォルトでは、Combo コントロールは複数選択を提供します。以下のコード例は、ハンドラーを onSelectionChange イベントにアタッチすることで、コンポーネントで単一選択を可能にする方法を示します。

    <igx-combo [data]="lData" (onSelectionChange)="singleSelection($event)"></igx-combo>
    
    public singleSelection(event: IComboSelectionChangeEventArgs) {
        if (event.added.length) {
            event.newSelection = event.added;
        }
    }
    

    キーボード ナビゲーション

    igxCombo を閉じてフォーカスされている場合:

    • 下矢印または Alt キー + 下矢印はコンボ ドロップダウンを開き、検索入力にフォーカスを移動します。

    igxCombo を開いて検索入力にフォーカスがある場合:

    • 上矢印または Alt キー + 上矢印はコンボ ドロップダウンを閉じ、フォーカスを閉じたコンボに移動します。

    • 下矢印は、フォーカスを検索入力から最初のリスト項目に移動します。リストが空でカスタム値が有効な場合、新しい項目の追加ボタンに移動します。

    Note

    その他のキー ストロークは入力によって処理されます。

    igxCombo を開いてリスト項目にフォーカスがある場合:

    • 下矢印は次のリスト項目に移動します。アクティブな項目がリストの最後の項目で、カスタム値が有効な場合、フォーカスは [項目の追加] ボタンに移動します。

    • 上矢印は前のリスト項目に移動します。アクティブな項目がリストの最初の項目である場合、フォーカスは検索入力に戻ります。

    • End キーは最後のリスト項目に移動します。

    • Home キーは最初のリスト項目に移動します。

    • Space キーはアクティブなリスト項目を選択/選択解除します。

    • Enter キーはすでに選択した項目を確定し、リストを閉じます。

    • Esc キーはリストを閉じます。

    igxCombo を開くと、カスタム値が有効になり、項目の追加ボタンがフォーカスされます。

    • Enter キーは、検索入力のテキストと等しい valueKey と displayKey を持つ新しい項目を追加し、その項目を選択します。

    • 上矢印 - フォーカスは最後のリスト項目に戻るか、あるいはリストが空の場合、検索入力に移動します。

    Angular ComboBox スタイル設定

    Ignite UI for Angular テーマを使用して、drop-down の外観を変更できます。はじめに、テーマ エンジンによって公開されている関数を使用するために、スタイル ファイルに index ファイルをインポートする必要があります。

    @import '~igniteui-angular/lib/core/styles/themes/index';
    

    igx-combo-theme を拡張する新しいテーマを作成し、$search-separator-border-color パラメーターを受け取ります。

    $custom-combo-theme: igx-combo-theme(
        $search-separator-border-color: #1a5214
    );
    

    IgxComboComponent は、項目コンテナーとして IgxDropDownComponent を内部使用します。IgxInputGroup および IgxCheckbox コンポーネントも含まれます。テーマを拡張する新しいテーマを作成し、それぞれのクラスの下にスコープすることで、コンボのスタイル設定を変更できます。

    $custom-drop-down-theme: igx-drop-down-theme(
        $background-color: #d9f5d6,
        $header-text-color: #1a5214,
        $item-text-color: #1a5214,
    
        $focused-item-background: #72da67,
        $focused-item-text-color: #1a5214,
        $hover-item-background: #a0e698,
        $hover-item-text-color: #1a5214,
    
        $selected-item-background: #a0e698,
        $selected-item-text-color: #1a5214,
        $selected-hover-item-background: #72da67,
        $selected-hover-item-text-color: #1a5214,
        $selected-focus-item-background: #72da67,
        $selected-focus-item-text-color: #1a5214,
    );
    
    $custom-checkbox-theme: igx-checkbox-theme(
        $border-radius: 10px,
        $fill-color: #1a5214,
        $empty-color: #1a5214,
    );
    

    CSS 変数の使用

    最後にコンポーネントのテーマを含めます。

    :host {
        @include igx-css-vars($custom-combo-theme);
        @include igx-css-vars($custom-drop-down-theme);
        @include igx-css-vars($custom-checkbox-theme);
    }
    

    テーマ オーバーライドの使用

    Internet Explorer 11 などの古いブラウザーのコンポーネントをスタイル設定するには、CSS 変数をサポートしていないため、別のアプローチを用いる必要があります。

    コンポーネントが Emulated ViewEncapsulation を使用している場合、::ng-deep を使用してこのカプセル化を解除する必要があります。カスタム テーマが他のコンポーネントに影響しないようにするには、::ng-deep の前に :host セレクターを含めるようにしてください。

    :host {
        ::ng-deep {
            @include igx-combo($custom-combo-theme);
            @include igx-drop-down($custom-drop-down-theme);
            @include igx-checkbox($custom-checkbox-theme);
        }
    }
    
    Note

    IgxCombo は、IgxOverlay サービスを使用して、コンボ項目のリスト コンテナーを保持および表示します。スタイルを適切にスコープするには、OverlaySetting.outlet を使用してください。詳細については、IgxOverlay スタイル ガイドを確認してください。

    Note

    IgxCombo のデフォルト typebox です。IgxSelectline です。

    デモ

    既知の問題

    • 選択した項目を表示するコンボ入力は編集できません。ただし、IE および FireFox のブラウザー仕様により、カーソルは表示されます。
    • IEでは、Backspace は無効なコンボで動作します。
    • コンボの高さを変更するための入力はありません。将来、IgxInputGroup コンポーネントは、カスタムのサイズ変更オプションを公開し、IgxCombo は適切なスタイル設定と外観の統一に同じ機能を使用します。
    Note

    igxCombo は内部で igxForOf ディレクティブを使用するため、すべての igxForOf の制限が Combo で有効です。詳細については、igxForOf 既知の制限セクションを参照してください。

    API まとめ

    その他のコンポーネントおよびディレクティブ (またはそのいずれか) で使用した API:

    テーマの依存関係

    その他のリソース

    コミュニティに参加して新しいアイデアをご提案ください。