データ分析

    データ分析とは、特定の方法でデータを検査、変換、および整理し、それに基づいて役立つ情報を生成するプロセスです。また、分析的および論理的な推論で特定の結果と結論に達することもできます。

    Note

    この機能は、設定を簡単にし、コードを最小限に制限するために、Ignite UI for Angular の外部パッケージとして提供されます。

    Dock Manager のデータ分析

    選択したデータに基づいて Chart Types ビューを有効にするには、セル範囲の選択または列の選択を実行します。このビューは、Dock Manager の右ペインの一部です。以下のオプションを選択できます。

    • 特定のチャート タイプを選択し、別のペインで可視化します。
    • または、Data Analysis コンテキスト ボタンを使用して、さまざまなテキスト書式設定オプションを表示します。
    Note

    Dock Manager Web コンポーネントは、ペインでアプリケーションのレイアウトを管理する方法を提供します。エンド ユーザーはペインをピン固定、サイズ変更、移動、非表示にすることでカスタマイズできます。データを選択した後、いくつかのチャートを作成し、利用可能な領域にドラッグしてピン固定します。

    以下に注意してください。

    • 新しいデータを選択すると、チャートのデータが更新されます。
    • 複数セルの範囲選択が適用される場合、テキスト書式設定機能のみが利用可能になります。
    • 選択したデータがいずれのチャートとも互換性がない場合、「互換性のないデータ」警告メッセージが表示されます。

    データ分析パッケージ

    この機能を使用できるには、以下の手順を実行します。Igniteui-angular-extras パッケージは プライベート npm フィード でのみ利用できます。有効な商用ライセンスがある場合、プライベート フィードにアクセスできます。

    始めましょう:

    • パッケージをアプリケーションにインストールします。

      npm install @infragistics/igniteui-angular-extras
      
    • パッケージのピア依存関係をインストールします。

      npm install @infragistics/igniteui-angular igniteui-angular-core igniteui-angular-charts
      
    • パッケージのインストール後、以下を実行します。

      • IgxExtrasModule を app.module.ts に追加します。
      • igxChartIntegrationigxConditionalFormattingigxContextMenu ディレクティブをグリッドに適用します。
    <igx-grid #grid1 igxChartIntegration igxConditionalFormatting igxContextMenu
        [data]="localData" [autoGenerate]="true">
        <igx-paginator>
        </igx-paginator>
    </igx-grid>
    

    以上です! セル範囲の選択を実行し、データ分析フローを実行できます。

    データ分析ボタン

    データ分析ボタンは、選択したデータをさまざまな方法で可視化するアウトレットです。

    グリッドで実行されるすべての範囲選択をシングル クリックで簡単に分析できます。

    ボタンは、選択範囲の右下にあるすべての範囲選択でレンダリングされ、選択範囲がインアクティブになると非表示になります。ボタンは、選択範囲の右下にあるすべての範囲選択でレンダリングされ、選択範囲がインアクティブになると非表示になります。

    チャートと統合

    このセクションでは、エンドユーザーがグリッドの選択したデータに基づいてチャートを可視化し、必要に応じて異なるチャート タイプを選択できる、チャート作成機能とグリッドの統合を紹介します。

    チャートは、セルの範囲を選択し、分析の表示ボタンをクリックすると表示されます。

    Note

    チャート作成オプションは、選択したデータに数値がある場合にのみ使用できます。

    以下のチャート タイプをサポートします。

    セルの条件付き書式

    グリッドに数千行のデータがある場合、生の情報を検査するだけでパターンと傾向を分析することは容易ではありません。チャートやスパークラインと同様に、条件付き書式は、データを可視化し、理解しやすくする別の方法を提供します。

    条件付き書式は範囲選択のに基づいて、色やデータ バーなどの書式設定をセルに適用できます。以下のサンプルは、グリッドを構成して条件付き書式を適用する方法を示します。どの条件ルールが表示されるかは、条件付き書式の選択タイプによって異なります。以下は定義済みスタイル (プリセット) があります。これを使用すると、条件付き書式をデータにすばやく適用できます。範囲の書式設定は、異なる範囲で書式設定を行った場合、またはクリア ボタンを使用してクリアにされます。クリア ボタンは、書式設定が適用されている場合にのみアクティブになります。

    数の範囲選択

    • Data Bars - データバーは、売れ筋商品や売れ残り商品など、高値と低値を識別する場合などに役立ちます。このプリセットにより、選択したセルの範囲の値を簡単に可視化できます。長いバーはより高い値を表します。値が 0 のセルにはデータバーがありません。他のすべてのセルは比例的に塗りつぶされます。正の値は緑色で、負の値は赤色です。

    • Color Scale - 色の影はセルの値を表します。*最低のしきい値未満の値を保持するセルは赤色で色付けされます。*最高のしきい値を超える値を保持するセルは緑色で色付けされます。最低最高のしきい値の間にあるすべてのセルは黄色で表示されます。

    最低のしきい値 - 範囲選択の最大セル値の 33% 未満。

    最高のしきい値 - 範囲選択の最大セル値の 66% 以上。

    • Top 10% - このプリセットを使用して、選択したデータの上位 10% に相当する値を強調表示します。

    • Greater than - このプリセットは、平均よりも大きい値をすべてマークします。
    • Duplicate values - 重複する値をすべてマークします。
    • Unique values - 一意のすべてのセル値がマークされます(青色の背景色)。

    • Empty- 未定義の値のすべてのセルをマークします。

    テキストの範囲選択

    • Text contains - 左上に上位の選択されたセルのセル値を含むすべてのセルをマークします。例:

    • Duplicate values - 重複する値をすべてマークします。
    • Unique values - 一意のすべてのセル値がマークされます(青色の背景色)。
    • Empty- 未定義の値のすべてのセルをマークします。

    デモ

    データ分析パッケージ API

    IgxConditionalFormattingDirective

    API 説明 引数
    ConditionalFormattingType 条件付き書式タイプを表す列挙体
    IFormatColors 書式設定色を表すインターフェース
    formatter: string 現在の書式タイプを設定/取得する入力プロパティ
    formatColors 現在の書式色を設定/取得する入力プロパティ val: IFormatColors
    onFormattersReady 選択されたデータに適用可能な書式タイプが決定されたときにそれらを発生するイベント
    formatCells 選択したセルに条件付き書式を適用します。使用方法:
    this.conditonalFormatting.formatCells(ConditionalFormattingType.dataBars)
    formatterName: string, formatRange?: GridSelectionRange [ ],
    reset: boolean (true by default)
    clearFormatting 選択されたセルの条件付き書式を削除します。使用方法:
    this.conditonalFormatting.clearFormatting()

    IgxChartIntegrationDirective

    API 説明 引数
    CHART_TYPE サポートされているチャートの種類を表す列挙型
    OPTIONS_TYPE チャート コンポーネントに適用できる、サポートされているオプション タイプを表す列挙型
    IOptions チャート プロパティ オプションのインターフェイス
    chartFactory 指定されたチャート タイプに基づいて、チャート コンポーネントを作成します。使用方法:
    this.chartIntegration.chartFactory(CHART_TYPE.COLUMN_GROUPED, this.viewContainerRef)
    type: any[ ], viewContainerRef: ViewContainerRef
    setChartComponentOptions プロパティ オプションをチャート コンポーネントに設定します。使用方法:
    this.chartIntegration.setChartComponentOptions(CHART_TYPE.PIE, OPTIONS_TYPE.CHART, {allowSliceExplosion: true, sliceClick: (evt) => { evt.args.isExploded = !evt.args.isExploded; } })
    chart: CHART_TYPE, optionsType: OPTIONS_TYPE, options: IOptions
    getAvailableCharts 有効なチャート タイプを返します
    enableCharts 指定されたチャート タイプを有効にします。デフォルトでは、すべてのチャート タイプが有効です types: CHART_TYPE [ ]
    disableCharts 指定されたチャート タイプを無効にします types: CHART_TYPE [ ]
    onChartTypesDetermined chartData に適用可能なチャート タイプが決定されると発生するイベント。このイベントは、2 つのプロパティがある IDeterminedChartTypesArgs タイプのオブジェクトを発行します:
    chartsAvailabilty: Map<CHART_TYPE, boolean> - 有効/無効されたチャート タイプ、
    chartsForCreation: CHART_TYPE[] - chartData に適用可能なチャート タイプ。
    onChartCreationDone チャートが作成されたときに発生するイベント。このイベントは、作成されたチャート コンポーネントを発行します
    chartData: any[ ] チャートのデータを設定/取得する入力プロパティ selectedData: any[ ]
    useLegend: boolean すべてのチャート タイプの凡例の使用を有効/無効にする入力。デフォルトで true に設定されます
    defaultLabelMemberPath: string チャートのデフォルト ラベルのメンバー パスを設定/取得する入力プロパティ。デフォルトでは、ラベルのメンバー パスが指定されたデータに基づいて決定されます。
    (提供されたデータ レコードに文字列値を持つプロパティがある場合、chartData の最初のデータレコードの最初の文字列プロパティ名がチャートのラベルのメンバー パスとして選択されます。そうでない場合、ラベルのメンバー パスは値 'Index' になります)。
    scatterChartYAxisValueMemberPath: string 散布バブル チャートのデフォルトの半径メンバー パスを設定/取得する入力プロパティ。設定しない場合、デフォルトの Y 軸値のメンバー パスは、chartData の最初のデータ レコードの最初の数値プロパティ名になります path: string
    bubbleChartRadiusMemberPath: string 散布バブル チャートのデフォルトの半径メンバー パスを設定/取得する入力プロパティ。設定しない場合、デフォルトの Y 軸値のメンバー パスは、chartData の最初のデータ レコードの 2 番目の数値プロパティ名になります path: string

    便利なリソース