Ignite UI

Ignite UI 高機能 Web アプリをすばやく構築

Angular 専用コンポーネント
Ignite UI for Angular 詳細無料トライアル
Angular、React、jQuery をサポート
Ignite UI for JavaScript 詳細無料トライアル

Ignite UI を活用し、製品の市場導入までの時間を短縮

100 種類以上の JavaScript UI コンポーネントが様々なフレームワークを活用したレスポンシブ、モダン Web アプリケーション開発をサポートします。

豊富な UI コンポーネント

Ignite UI は 75 種類以上の JavaScript / HTML5 UI コンポーネントに加え、50 種類以上の Angular コンポーネントを含んでおり、モダン Web アプリケーション開発の実装を支援します。

UI コンポーネント

きめ細やかな製品サポートとサービス

多くのお客様にご満足いただいている製品サポートでは、E メール、電話サポートをご提供し、さまざまなご質問にお答えいたします。また、別途、有償でお客様のニーズに合わせてトレーニングやコンサルティング、オンサイト サポートなどサービスをご提供します。

サポート

レスポンシブ レイアウトへの対応

グリッドではレスポンシブ デザインをサポートしています。また、レスポンシブデザインを実現するレイアウトを提供し、アプリケーションをレスポンシブに対応させることができます。

レイアウト

Microsoft Excel ファイルのインポートとエクスポート

スプレッドシートを利用することで、既存の Microsoft Excel ファイルのインポート、編集、そして、その結果をエクスポートなどの処理をブラウザー上のアプリケーションで実現できます。

様々なブラウザーへの対応

Chrome、Safari、IE、Edge、FireFoxなど複数の PC ブラウザー、モバイル ブラウザーに対応します。

ブラウザー

CLI ツールを活用し素早く開発を開始

コマンドライン インターフェース (CLI) ツールを利用し、UI コンポーネントを利用するための依存関係や設定を自動で完了。すぐさま開発を開始できます。

Ignite UI CLI

様々なデータをクライアント側で制御

複数かつ、異なる形式のデータをオンライン、オフラインで管理することは非常にコストがかかります。Ignite UI ではサーバーやサービスから送信されたデータをクライアントのメモリ空間で管理するデータソース コンポーネントを提供します。JSON、HTML、OData、XML 形式のデータを UI にバインドし、変更履歴をトラッキングします。

テーマとブランディング

インフラジスティックスが提供するスタイル機能を活用し、アプリケーションのルック & フィールに統一感を持たせることができます。テーマセットや、カスタムテーマ、Bootstrap テーマ、テーマ ローラーなど様々な手法に対応します。

Typescript サポート

Ignite UI for JavaScript は Visual Studio Code などの開発環境で利用できる TypeScript 定義ファイルを提供します。TypeScript を活用することで、強い型決め、クラスと継承など、JavaScript を用いた開発において、実装時のエラーを減少させ、開発生産性を向上させます。

WYSIWYG ページ デザイナー

ページデザイナーを利用することで Ignite UI コンポーネントをドラッグドロップし、ページに追加できます。Visual Studio のプロパティ設定画面のように各コンポーネントの設定を行うことができ、コントロールを使い始めるにあたっての学習のリソースとして活用いただけます。

業務アプリケーション向け Ignite UI コンポーネント

高速、高機能、使いやすい JavaScript/HTML5 コンポーネントでモダン Web に対応する高速アプリケーションを構築できます。また、Angular/AngularJS、React、ASP.NET MVC など他のフレームワークと共に使用するためのラッパーを提供します。

リファレンス アプリケーション

プロジェクト管理、マーケティング、株式チャートなど、豊富なビジネス シナリオに対応し、かつ、様々な実装方法を用いたリファレンス アプリケーションをご覧いただけます。
全てのリファレンス アプリケーションを閲覧

Reference App for Project Management

ASP.NET MVC

プロジェクト マネジメント ダッシュボードはドーナツ チャート、階層グリッド、グリッド、リニア ゲージを使用しプロジェクトの予実績を表示するアプリケーションです。

詳細
Reference App for Marketing

JavaScript

このリファレンスアプリケーションは日付ピッカー、データチャート、マップ、ドーナツ チャート、ブレット グラフを用いて Web トラフィックの状況を確認するマーケティング ダッシュボードを実現しています。

詳細
Angular Reference App for Finance

JavaScript with Angular

この株価ダッシュボード アプリケーションはデータチャート、コンボ、ダイアログ、ズームバーなどを用いて金融業界向けのアプリケーションを実現しています。

詳細

新機能とロードマップ

Ignite UI の新機能

Ignite UI CLI で JavaScript プロジェクトを素早く開始、グリッド、チャート、スケジュールの機能強化

Ignite UI コマンドラインインタフェース (CLI) を使用し新しいプロジェクトを Ignite UI への参照を追加した状態で作成できるようになりました。これまで手動で設定していた煩わしい依存関係の設定は、もう、必要ありません。JavaScript グリッドには物理セル結合が追加されました。スケジュール コンポーネントには繰り返し予定に加え、日ビュー、週ビューが新たに追加されました。さらに、今回のリリースより ASP.NET Core 2.0 のサポートを開始します。

新機能はこちら

2018 Ignite UI for JavaScript、Ignite UI for Angular ロードマップ

弊社は Ignite UI for JabaScript などの UI コンポーネント セットを含めた開発ツール製品を、今後 UX デザイナーおよびアプリケーション開発者の生産性を向上させるプラットフォーム製品へと拡大させていきます。

2018 年 4 月のリリースでは、モダン Web アプリケーション開発に必要な依存関係の解決やスクリプト、CSS の参照、初期のプロジェクト構成の設定などを自動化する Ignite UI CLI を Ignite UI for JavaScript のみならず、Ignite UI for Angular にも対応しました。今後、新たなプラットフォーム製品の根幹を担う、UX プロトタイプ作成、共有、検証ツール、Indigo Studio にイメージ ベース プロトタイプ機能を SaaS モデルで提供予定し、Sketch を使用しているデザイナーとプロトタイプ作成者間の連携が強化されます。

弊社開発部門では、本年の後半にかけて、WYSIWYG ツールと、UI キットの開発に全力を尽くし、特に、モバイルおよび Web アプリケーションの領域において、Indigo Studio と Ignite UI for Angular が連携することで、UI デザインから実装までのワークフローを支援するデザイン システムをご提供する予定です。このデザイン システムを用いて生成されたアプリケーションは最終的に Angular や Flutter といった最新のフレームワーク、ライブラリーをサポートします。

また、引き続き、Ignite UI for Angular への投資を継続し、高いパフォーマンスの実現や大量データの処理を可能にするグリッド、チャート コンポーネントの機能を拡張すると共に、提供コントロール数も拡大する予定です。

Ignite UI for JavaScript 95,000 円

(税抜き)
開発者ライセンス、サブスクリプション

  • Angular、React など様々なフレームワークと共に強力な JavaScript/HTML5 アプリケーションを構築する Web コントロール
  • Ignite UI for Angular - 50 種類以上の Angular コンポーネント
ライセンス・製品の購入方法
Infragistics Professional168,000 円

(税抜き)
開発者ライセンス、サブスクリプション

Ignite UI for JavaScript バンドル製品

  • 100 種類以上の UI コントロール
  • プロダクティビティ ツール
  • 技術サポート、トレーニング (有償) 
ライセンス・製品の購入方法
Ignite UI Reference Apps

最新情報はこちらよりご確認いただけます。