Ignite UI for Blazor を使用した作業の開始

    このトピックでは、Visual Studio および Ignite UI for Blazor を使用して Blazor Server アプリケーションを作成するための手順を説明します。

    新しい Blazor Server プロジェクトを作成する

    以下の手順では、新しい Blazor Server プロジェクトを作成する方法を説明します。Ignite UI for Blazor を既存のアプリケーションに追加する場合は、Ignite UI for Blazor パッケージをインストール セクションに移動します。

    Visual Studio 2022 を起動し、開始ページで [新しいプロジェクトの作成] をクリックし、Blazor Server App テンプレートを選択して、[次へ] をクリックします。

    プロジェクト名と場所を入力し、[次へ] をクリックします。

    追加のプロジェクト オプションを指定し、[作成] をクリックします。

    Ignite UI for Blazor のインストール

    Ignite UI for Blazor は、NuGet パッケージで提供されます。Blazor アプリケーションで Ignite UI for Blazor コンポーネントを使用するには、最初に適切な NuGet パッケージをインストールする必要があります。

    Visual Studio で、[ツール][NuGet パッケージ マネージャー][ソリューションの NuGet パッケージの管理] を選択して、NuGet パッケージ マネージャーを開きます。IgniteUI.Blazor NuGet パッケージを検索してインストールします。

    NuGet を使用した Ignite UI for Blazor のインストールの詳細については、Ignite UI for Blazor のインストール トピックを参照してください。

    Ignite UI for Blazor の登録

    .NET 6 以降のアプリケーション

    1 - Program.cs ファイルを開き、builder.Services.AddIgniteUIBlazor() 関数を呼び出して Ignite UI for Blazor サービスを登録します。

    var builder = WebApplication.CreateBuilder(args);
    
    // Add services to the container.
    builder.Services.AddRazorPages();
    builder.Services.AddServerSideBlazor();
    
    builder.Services.AddIgniteUIBlazor();
    
    var app = builder.Build();
    

    2 - IgniteUI.Blazor.Controls 名前空間を _Imports.razor ファイルに追加します。

    @using IgniteUI.Blazor.Controls
    

    3 - Pages/_Layout.cshtml ファイルの <head> 要素にスタイル シートを追加します。

    <head>
        <link href="_content/IgniteUI.Blazor/themes/light/bootstrap.css" rel="stylesheet" />
    </head>
    

    4 - スクリプト参照を Pages/_Host.cshtml ファイルに追加します。

    <script src="_content/IgniteUI.Blazor/app.bundle.js"></script>
    <script src="_framework/blazor.server.js"></script>
    

    .NET 5 アプリケーション

    1 - Startup.cs ファイルを開き、services.AddIgniteUIBlazor() を呼び出して Ignite UI for Blazor サービスを登録します。

    public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
    {
        // ...
        services.AddIgniteUIBlazor();
    }
    

    2 - IgniteUI.Blazor.Controls 名前空間を _Imports.razor ファイルに追加します。

    @using IgniteUI.Blazor.Controls
    

    3 - Pages/_Host.cshtml ファイルの <head> 要素にスタイル シートを追加します。

    <head>
        <link href="_content/IgniteUI.Blazor/themes/light/bootstrap.css" rel="stylesheet" />
    </head>
    

    4 - スクリプト参照を Pages/_Host.cshtml ファイルに追加します。

    <script src="_content/IgniteUI.Blazor/app.bundle.js"></script>
    <script src="_framework/blazor.server.js"></script>
    

    Ignite UI for Blazor コンポーネントの追加

    Razor ページに Ignite UI for Blazor コンポーネントの追加:

    <IgbCard style="width:350px">
        <IgbCardMedia>
            <img src="https://images.unsplash.com/photo-1541516160071-4bb0c5af65ba?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=350&q=80" />
        </IgbCardMedia>
        <IgbCardHeader>
            <h4>Jane Doe</h4>
            <h6>Professional Photographer</h6>
        </IgbCardHeader>
        <IgbCardContent>Hi! I'm Jane, photographer and filmmaker.
            Photography is a way of feeling, of touching,
            of loving. What you have caught on film is captured forever...
            it remembers little things, long after you have
            forgotten everything.</IgbCardContent>
        <IgbCardActions>
            <IgbButton>More Info</IgbButton>
        </IgbCardActions>
    </IgbCard>
    

    Blazor アプリケーションをビルドして実行します。