App Builder Logo

アプリケーションのデザインから開発までを高速化

App Builderは、まったく新しいクラウドベースのWYSIWYGドラッグ&ドロップツールで、ユーザーインターフェースのデザイン・開発の複雑さを解消し、ビジネスアプリをこれまで以上に迅速に構築することができます。アプリをゼロから作ることも、あらかじめ用意されたアプリテンプレートやレスポンシブスクリーンレイアウトのライブラリから選ぶこともできます。また、60以上のUIコントロールツールボックスを使ってカスタマイズすることもでき、デジタルプロダクトのデザインをすぐに始めることができます。

アプリのデザイン、テスト、開発プロセスを加速

新しいApp Builderで、チームの生産性が大きく変わります。SketchやAdobe XDなどの主要なデザインツールと互換性があり、リアルかつ実際に使用可能なコンポーネントへのマッピング、豊富なテーマオプション、標準ベースのコード出力機能を備えた完全なデザインシステムであるApp Builderで、思いのままにアプリケーションを構築しましょう。

アプリケーション構築を10倍速で

App Builderを使用して、チーム全体で1つのプラットフォームを共有して作業を進めることができます。マネージャー、デザイナー、開発者がそれぞれ別のツールを使ってデザイン作業を進めるのは効率的ではありません。同じプラットフォームで情報を共有してプロジェクトを進めることで、チーム内での認識のずれやコミュニケーションの行き違いから発生するミスや手戻りを減らすことができます。

Accelerate App Delivery

すぐに使えるテンプレートとスターターレイアウト

あらかじめ用意されているアプリテンプレートや、プリセットのレイアウトオプションを使えば、すぐにアプリを作ることができます。早い段階で共通のプログラムでアイデアを素早くスケッチしてアプリの方向性を示すことができます。デザインに手を加えたり、テーマを入れ替えたりするだけで完成します。

Complete Templates and Starter Layouts

100%クラウド型のビジュアルエディタ

何かをダウンロードする必要もなければ、重い統合開発環境(IDE)も不要です。サードパーティソリューションへの依存関係もありません。全ての機能をWeb上でお使い頂けますので、さまざまなプラットフォームからアクセスすることが可能です。

100% Cloud-Based WYSIWYG

リアルタイムに表示されるインスタントプレビュー

デザインをしながら、実行中のアプリとライブソースコードをリアルタイムで確認できます。 インタラクションや見え方を確認する等、アプリエクスペリエンスをリアルタイムに体験することができます。

Instant Real-Time Preview

デザイナーにも開発者にも愛されるApp Builderの特長

App Builder featuring code preview and Visual Studio code

ソースコードの生成

デザインしたものは、Angularでの開発用にHTML、TypeScript、CSSで出力することができます。(React、Web Components、Blazorにも近日対応予定)ソースコードはデザイン作成中にリアルタイムで確認したり、ZIPファイルでまとめてダウンロードすることができます。

App Builder featuring rich layout system

作業にかかる時間の削減

App Builderに備わっている豊富なレイアウトシステムとコンポーネントツールボックスを使用することで、画面やアプリを数時間ではなく数分で作成できます。時間のかかる単純な繰り返し作業から解放され、重要な作業に集中することができます。

App Builder featuring themes and styling

豊富なテーマとスタイリング

予め用意されているテーマやタイポグラフィー(マテリアル、Bootstrap、Fluent)を使用したり、アプリのテーマやコーポレートブランディングに合うようにコントロール、画面、アプリごとにカスタマイズすることができます。

App Builder featuring the ability to import Sketch, Adobe XD and Figma designs

Sketch、Adobe XD、Figmaからデザインをインポート

ワンクリックで、インポートした静的なデザインから実際のUIコンポーネントとスタイリングを備えたインタラクティブでレスポンシブなアプリを起こすことができます。Figmaは近日対応予定です。

Indigo.Design illustration showing connect to REST data source

リアルデータへのバインド

アプリケーションをデザインする際に、空のグリッドや空の入力フィールドといった画面パーツに妥協する必要はありません。REST データソースに接続し、アプリケーションのデザインをより意味のあるものにしましょう!

App Builder featuring the ability to iterate on your app design before code

デザインイテレーションで効率的にアプリを開発

App Builder のデジタルプロダクトデザインプラットフォームを設計段階に活用することで、コードを書く前にアプリのデザインを繰り返し試すことができます。そしてプロトタイピング、チームコラボレーション、ユーザーテスト、分析などのサイクルを効率よく回してアプリをデザインすることができます。 コードを書く前にピクセルパーフェクトに仕上げることができるのです。

学習リソース

App Builderを使用してUX開発を始めるためのリソースをご用意しました。
注:動画は英語ですが、日本語の字幕が設定できます。日本語字幕設定方法はこちら

Indigo.Designのビデオチュートリアルを見る
 Get Started with App Builder

App Builderを使ってみましょう(英語)

 create app layouts

アプリのレイアウトを作成する(英語)

 Using Indigo.Design components

App Builderのコンポーネントを使用する(英語)

 Customize Indigo.Design app themes

アプリのテーマをカスタマイズする(英語)

 Single-Page Apps and Navigation

シングルページアプリケーションでナビゲーションを設定する(英語)

 Preview and Generate App Code

コードのプレビューと生成について(英語)

FAQ

FAQ

App Builderとは何ですか?

App BuilderはWYSIWYG(見たままを得られる)ツールであり、用意されているUIコンポーネントセットをツールボックスからデザイン画面にドラッグアンドドロップでき、どのようなUIデザイン設計においても利用いただけます。 App Builderを使用すると、アプリケーションのUIデザインについて手作業でマークアップのコーディングする必要はありません。さらにApp Builderは、使いやすい高品質なコードを生成することができます。 結果的に、開発チームがアプリケーションのUI開発において手動でコーディングする必要がなくなり、アプリケーションを構築する際の時間と費用を大幅に節約できます。

ドラッグアンドドロップApp Builderとは何ですか?

ドラッグアンドドロップApp Builderは、簡単なドラッグアンドドロップでアプリの迅速なアプリケーション開発作成を可能にするツールです。 ドラッグアンドドロップApp Builderを使用すると、デザイナー、開発者、またはパワーユーザーには通常、UIコントロールのツールボックス、デザイン画面、およびプロパティエディターが表示されます。 これらの3つの機能は、ドラッグアンドドロップApp Builderのコアエクスペリエンスを構成するものです。 誰でもApp Builderを使用して、画面またはアプリケーション全体を作成できます。 ドラッグアンドドロップApp Builderで組み込みのテンプレートと事前定義されたレイアウトを使用すると、UIデザインのニュアンスに精通する必要はありません。ドラッグアンドドロップApp Builderツールは、画面デザインの複雑さを取り除き、アプリケーション構築のための高速なモダンエクスペリエンスを提供します。

WYSIWYG App Builderとは何ですか?

WYSIWYG(見たままを得られる)App Builderは、その名前が示すとおり、デザイン設計上でドラッグアンドドロップしたUIコントロールによって作成された画面そのままのアプリを結果として得ることができます。 デザインのニーズに合わせてUIコントロールを配置および移動できます。見えるものはすべて、AppBuilderのデザイン画面およびAppBuilderのコード出力でピクセルに正確に表示されます。 WYSIWYG App Builderを使用することは、アプリケーションのプロトタイピングまたは設計を迅速に行うために不可欠であり、開発チーム、製品マネージャー、またはデザイナーが、アプリケーション内のすべての画面とインタラクションエラーが発生しやすいハンドコーディングを数日から数週間節約できます。

コーディングせずにアプリを作成するにはどうすればよいですか?

WYSIWYG App Builderを使用すると、コーディングなしでアプリケーションを作成できます。 App Buildeを使用すると、コードエディターを直接使用してアプリケーションを作成できる、クリーンで使用可能なコードを生成できます。 ツールボックスからデザイン画面へのUIコントロールで簡単なドラッグアンドドロップを使用すると、App builderでコーディングせずにアプリを簡単に作成できますが、App builderはローコードツールまたはノーコードツールのいずれかのカテゴリに分類できるため、 違いを理解することが重要です。 App BuilderのようなローコードApp Builderの目的は、ユーザーインターフェイスのあらゆる側面を手作業でコーディングするのに通常費やす時間とお金を大幅に節約することです。 App Builderを使用すると、アプリケーション構築の仕組みに精通している必要はありません。WYSIWYGドラッグアンドドロップエディターを使用するだけで、フル機能のインタラクティブな画面を作成できます。

App Builderはアプリのテストに適していますか?

App Builderは、App Builderでデザインしたものをすべて使用してユーザーテストを開始できるため、アプリのテストに適しています。 App Builderにはインタラクティブなプロトタイピング、ユーザビリティテスト、チームコラボレーション、ステークホルダーのフィードバックループ、デザインからコード、アプリの構築などの機能が含まれています。 App Builderでプロトタイプを作成するとき、ユーザビリティテスト機能を使用してこれらをユーザーとテストすることができます。これにより、ステークホルダーとのコラボレーションが可能になり、同時にユーザーが行った内容、タスクを完了するのにかかった時間、ユーザビリティテストの過程の詳細な分析もできます。

開発者ハンドオフとは何ですか?

開発者ハンドオフは、反復デザインプロセスの最も重要な部分ですが、特にそのプロセスの一部をコーディングするための設計です。開発者ハンドオフフェーズでは、デザイナーまたはデザインチームがデザインを開発チームに送信または「引き渡し」ます。通常、これはデジタルで作成された画面(Adobe Photoshopなどのツールから)またはSketch、Figma、AdobeXDなどの高度なベクターグラフィックスデザインツールの形式です。反復デザインプロセスのこの側面が非常に重要である理由は、それが潜在的に最もエラーが発生しやすいためです。デザイナーと開発者は異なるツールを使用します。開発者は通常、デザインツールに関する専門知識を持っていないため、使用する開発者ツールで渡されたデザインを複製するように求められます。間違いが起こるのはここです。 App Builderのようなデジタル製品設計プラットフォームを使用すると、開発者ハンドオフミスが回避され、デザインからコードへの移行で、開発チームが手動でデザインを再作成しなくても、ピクセル単位の完全なコードを生成できます。

App Builderは、チーム内でのデザイナーと開発者のコラボレーションを改善しますか?

App Builderは、App Builder Digital Product Design Platformの一部です。 Indigo.Designを使用すると、プロトタイプの作業中にチーム内のデザイナーと開発者のコラボレーションを劇的に改善したり、ステークホルダーとのコラボレーションを改善したりできます。 あらゆるデザインやプロトタイプをシンプルなURLで共有でき、App Builderのディスカッションおよびフィードバックツールを使用すると、設計チームや開発チーム、およびステークホルダーがプロトタイプを体験するときに、リアルタイムのフィードバックを得ることができます。 ユーザビリティテストプロセス中、App Builderには、ユーザーがアプリケーションをどのように体験しているか、ユーザーが抱えている問題、共有したい機能に関する直接フィードバックを示すリアルタイム分析とダッシュボードが含まれています。 デザイナーと開発者のコラボレーションは、反復的なデザインプロセスの重要な側面であり、App Builderは、組み込みツールを使用して、このデザイナーと開発者のコラボレーションを促進するのに役立ちます。