WPF 入門 技術トレーニング



Windows Presentation Foundation (WPF) を利用した Windows アプリケーション開発を新たに行う場合に最適なトレーニングです。1日のトレーニングを通して WPF の主要な機能を学習し、座学だけでなく実践的なハンズオン形式のトレーニングを行い、簡単なWPFアプリケーションを作成できるようになります。

トレーニングを通じて学べる内容

開発環境の構築、Visual Studio を利用したプロジェクトの作成

WPF 開発を行う際の環境構築や、 Visual Studio を利用したプロジェクトの開始方法を学習します。

アプリケーションの実行、デバッグの方法

ローカル環境で開発中のアプリケーションを実行する方法と、利用頻度の多いオプションの他、IDE や 実行環境でのデバッグ方法について学習します。

ハンズオンを交えた基礎知識の習得

WPFの基礎知識(後述 "学習トピック") のそれぞれの項目は、どのようなアプリケーションを作成する場合でも必要となる基礎知識です。ハンズオン形式で実践的に学習します。

書籍やWebリソースでは分からない、Visual Studioの便利な利用方法

書籍や Web 上にある文献では取り上げられにくい、ショートカットや操作方法など実践的な Visual Studio の利用方法について身につけていただけます。

開発プロジェクトの要件、課題のご相談

トレーニングの最後に質疑応答の時間を設けています。WPF の基礎知識を習得した上で、開発プロジェクトのビジネス要件に関するご質問、ご相談を承ります。

想定する受講対象者

Windows デスクトップアプリケーションを開発したい方

WPF は、モダンな Windows デスクトップアプリケーション開発において、最も最適な開発プラットフォームです。 XAML (Extensible Application Markup Language) と呼ばれるマークアップ言語を使用することで、HTML + CSS のように、柔軟な画面構築を行うことができます。また保守性、拡張性に優れた MVVM(Model-View-ViewModel)デザインパターンに必要な機能を標準装備しているのも大きな特徴です。

将来的にマルチプラットフォーム展開を検討されている方

WPF の 画面構築で採用されている XAML は、マルチプラットフォーム開発が可能な Xamarin でも採用されています。まずはデスクトップアプリケーションを構築し、将来的にマルチプラットフォーム展開を計画している場合は、WPF を通して XAML を事前に学ぶことができます。

トレーニング概要

  • 概要:個社向けWPF基礎トレーニング
  • 開催形態:オンライン実施
  • 開催日数:1日(7時間)
  • 費用:50万円(税別)
  • 参加可能人数:10名まで
    ※講師2名でフォローできるトレーニング参加人数を10名様までとしておりますが、これ以上の人数での参加をご希望される場合にはご相談ください。

学習トピック

  • WPF概要
  • WPFプロジェクトの構成
  • レイアウト構築の主な流れ
  • 論理ツリーとビジュアルツリー
  • コントロールの基礎とスタイル
  • WPF のイベントフローについて
  • MVVM
  • バインディング
  • コマンド
  • ユーザコントロール
  • カスタムコントロール
  • トリガー
  • コンバーター
  • アタッチプロパティ
  • ビヘイビア

受講に必要な環境

トレーニングはオンラインでWeb会議ツールを利用して行います。
※以下はトレーニング参加者様にてご用意いただく環境となります。

  • インターネット接続環境
  • Windows 10搭載PC(他のOSを希望される方は事前にご相談下さい)
    • Microsoft Teams(Zoom等でも可)
    • Visual Studio 2019

(*) マルチディスプレイ環境であれば、講義表示画面と作業画面を分けることができるためおすすめです。

受講までの流れ、受講当日の流れ

以下のような流れで受講いただけます。

  1. こちらのフォームよりお問い合わせください。
  2. Web会議ツールを利用して詳細説明、ご不明点の確認などをさせていただきます。
  3. 疎通テストを行い問題なく通信ができるか確認します。
  4. トレーニング資料を事前に送付いたします。また事前に必要なソフトウェアのインストール等準備を行っていただきます。
  5. トレーニング当日、事前にお送りしたURLリンクよりWeb会議ツールを介してご参加いただきます。

また、トレーニング当日は以下のように昼休みを除いて6時間ほどの講義およびハンズオンと、最大1時間の質疑応答時間を含めた計7時間ほどのスケジュールとなります。(適宜小休憩を挟みます。また、講義中は自由にご質問いただけます。)

  • 自己紹介、進行についての説明
  • 【午前中の講義】(3時間)
    • WPF 概要
    • WPF プロジェクトの構成
    • レイアウト構築の主な流れ
    • 論理ツリーとビジュアルツリー
    • コントロールの基礎とスタイル
    • WPF のイベントフローについて
  • 昼休み(1時間)
  • 【午後の講義】(3時間)
    • MVVM
    • バインディング
    • コマンド
    • ユーザコントロール
    • カスタムコントロール
    • トリガー
    • コンバーター
    • アタッチプロパティ
    • ビヘイビア
  • 質疑応答(最大1時間)

よくある質問と答え

よくある質問と答え

トレーニングの最少催行人数はありますか?

本トレーニングは一般的な不特定多数の方が参加される集合研修ではなく、個社向け・特定プロジェクト向けの研修となりますため、最少催行人数の設定はございません。

Web会議ツールは何を使いますか?

本トレーニングでは通常Microsoft Teamsを利用しておりますが、Zoom等ほかのツールの利用実績もございます。Microsoft TeamsまたはZoomの利用が難しい場合は、ご相談くださいませ。

トレーニングについていけない、1日のトレーニングの中で途中退席の必要があるなど、講義を消化しきれない不安があります。

講義の内容は録画しますので、復習の際にご利用いただけます。ただし録画内容は参加者の復習にご利用いただくものとなるため、他者への再配布、再利用は禁止しております。

トレーニング後の質問は受付可能ですか?

トレーニング実施日以降のご質問には原則回答できかねますが、弊社製品Ultimate UIのオプションサービスであるプライオリティサポートをご利用いただければ、製品のみならずWPF自体のご質問にも回答可能です。