エレベーション

    エレベーションは、Document Object Model ツリーの間に境界線を描画し、機能のカプセル化を向上します。Ignite UI for Angular でのエレベーションの実装は、マテリアル デザインでのエレベーションをモデルにしています。

    概要

    Ignite UI for Angular のシャドウは、25 のエレベーション レベルに基づいて深い階層を確立するためのマテリアル デザイン ガイドラインに厳密に従います。シャドウ キャストのサイズは、エレベーション レベル番号に関連しています。エレベーション レベル番号が高いほど、シャドウが大きくなります。Ignite UI for Angular のエレベーションは、CSS 変数として公開されます。各変数は、3 つの box-shadows のセットを格納します。これらの box-shadows は、実世界で観察されるシャドウのプロパティである本影、半影、および影要素を表します。

    Ignite UI for Angular のマテリアル テーマのさまざまなコンポーネントで使用される静止エレベーションと、それに対応する CSS 変数名のリストを次に示します:

    コンポーネント デフォルト エレベーション レベル CSS 変数
    banner、button、toast 0 --igx-elevation-0
    badge、carousel buttons、search input 1 --igx-elevation-1
    button group、raised button、card、grid、switch 2 --igx-elevation-2
    navbar、snackbar 4 --igx-elevation-4
    floating action button 6 --igx-elevation-6
    bottom navigation、ghost chip、dropdown 8 --igx-elevation-8
    navdrawer 16 --igx-elevation-16
    dialog 24 --igx-elevation-24

    CSS 変数列からわかるように、すべてのエレベーションは --igx-elevation-[level] の形式で定義されています。前述のように、エレベーション レベル番号は 0 から 24 (両端を含む) になります。

    使用方法

    独自のコンポーネントでエレベーションの使用を開始するには、目的のレベルの変数名を参照するだけです。

    .floaty-element {
      box-shadow: var(--igx-elevation-6);
    }
    

    既存のコンポーネント テーマのエレベーションを変更することも同様に機能します。

    [igxButton="raised"] {
      --resting-shadow: var(--igx-elevation-4);
      --hover-shadow: var(--igx-elevation-12);
      --focus-shadow: var(--igx-elevation-12);
    }
    

    各コンポーネント テーマのドキュメントには、各状態で使用されるデフォルトのエレベーションがリストされています。エレベーションがリストされていない場合、コンポーネントは事前定義されたエレベーション レベルを使用しません。

    エレベーションの定義

    デフォルトのエレベーションの更新は、パレットの色の更新と同じように機能します。変数を別の値に再割り当てするだけです。エレベーションの場合、値が box-shadow であることを確認してください。

    例:

    /* styles.css */
    :root {
        --igx-elevation-1: 0 2px 6px 0 rgba(0, 0, 0, .18);
        --igx-elevation-2: 0 3px 9px 0 rgba(0, 0, 0, .24);
    }
    

    これで、エレベーション レベル 1 と 2 を使用するすべてのコンポーネントのシャドウが更新されます。

    シャドウイング

    特定のスコープに対してのみ、グローバルに設定されたエレベーションをシャドーイングすることができます。ボタン コンポーネントが静止状態にエレベーション レベル 2 を使用することはすでに見た通りです。レベル 2 は、カードおよびグリッド コンポーネントでも使用されます。したがって、3 つすべてのシャドウを変更するには、次のことを行う必要があります:

    [igxButton="raised"],
    igx-grid,
    igx-card {
        --igx-elevation-2: 0 3px 9px 0 rgba(0, 0, 0, .24);
    }
    

    これにより、エンボス加工されたボタンとカードの --resting-shadow、およびグリッドの --grid-shadow が、-igx-elevation-2 に割り当てられた値に設定されます。

    エレベーションは、Sass を使用して、より強力な方法で作成および使用することもできます。詳細については、以下の関連トピックを参照してください。

    その他のリソース

    関連トピック:

    コミュニティに参加して新しいアイデアをご提案ください。