Angular チャート トレンドライン

    Ignite UI for Angular チャートでは、トレンドラインはトレンドの識別やデータ内のパターンの検索に役立ちます。トレンドラインは、常にチャートにバインドされたデータ ポイントの前に描画されます。積層シリーズ、シェイプ シリーズ、および範囲シリーズを除き、これらは IgxCategoryChartComponentIgxFinancialChartComponent、および IgxDataChartComponent (積層型シリーズ、シェイプ シリーズ、範囲シリーズを除く) でサポートされています。

    トレンドラインはデフォルトでオフになっていますが、trendLineType プロパティを設定することで有効にできます。また、ブラシ、期間、太さなど、トレンドラインの複数の外観プロパティを変更できます。

    Angular チャート トレンドラインの例

    次のサンプルは、QuinticFit トレンドラインが最初に適用された、2013 年から 2017 年までの Microsoft の株価トレンドを示す IgxFinancialChartComponent を示しています。適用されるトレンドラインのタイプを変更できるドロップダウンがあり、可能なすべてのトレンドライン タイプがそのドロップダウン内に一覧表示されます。

    その他のリソース

    関連するチャート機能の詳細については、以下のトピックを参照してください。

    API メンバー

    以下は、上記のセクションで説明した API メンバーのリストです。