Snackbar

    Ignite UI for Angular Snack Bar コンポーネントは単一行のメッセージで操作のフィードバックを提供します。元に戻すなどの操作へのリンクを追加できます。Snack Bar メッセージがその他の画面要素の上に表示されます。モバイル デバイス画面の下部に配置され、より大きいデバイス画面の左下に配置されます。

    Angular Snackbar の例

    使用方法

    はじめに、app.module.ts ファイルに IgxSnackbarModule をインポートします。

    // app.module.ts
    
    ...
    import { IgxSnackbarModule } from 'igniteui-angular';
    
    @NgModule({
        ...
        imports: [..., IgxSnackbarModule],
        ...
    })
    export class AppModule {}
    

    Snackbar の表示

    Snackbar コンポーネントを表示するには、ボタン クリックで show() メソッドを呼び出します。

    <!--sample.component.html-->
    
    <button igxButton="raised" (click)="snackbar.show()">Delete Message</button>
    <div>
        <igx-snackbar #snackbar>Message deleted</igx-snackbar>
    </div>
    

    サンプルが正しく構成された場合、デモ サンプルが表示されます。ボタン クリック時にテキスト メッセージを表示する Snackbar が表示されます。 以上のコード スニペットで示されるように、スナックバーに表示されるメッセージを設定する 1 つの方法は、コンテンツ プロジェクションを使用することです。 ただし、カスタム ロジックに基づいてプログラムによって値を切り替える必要がある場合は、値をパラメーターとして show() メソッドに渡すだけです。

    <!--sample.component.html-->
    
    <button igxButton="raised" (click)="snackbar.show('Message deleted')">Delete Message</button>
    <button igxButton="raised" (click)="snackbar.show('Message deletion was not successful. Please try again')">Delete Message</button>
    <div>
        <igx-snackbar #snackbar></igx-snackbar>
    </div>
    

    非表示/自動的に隠す

    開いた後は、displayTime 入力によって指定した期間遅延後に非表示になります。デフォルト値は 4000 ミリ秒です。この動作はデフォルトで有効ですが、autoHidefalse に設定して変更できます。この場合、Snackbar は非表示になりません。Snackbar の hide() メソッドを使用して、コードでコンポーネントを閉じることができます。

    <!--sample.component.html-->
    
    <button igxButton="raised" (click)="snackbar.show()">Send message</button>
    <div>
      <igx-snackbar #snackbar [autoHide]="false" actionText="CLOSE" (clicked)="close(snackbar)">Message sent</igx-snackbar>
    </div>
    
    // sample.component.ts
    
    public close(element) {
        element.hide();
    }
    

    サンプルを正しく構成した後、ボタンをクリックするとメッセージおよびアクション ボタンを含む Snackbar が表示されます。自動的に隠す機能が無効で、[CLOSE] ボタンのクリックで Snackbar が非表示になります。別のスナックバーが show() メソッドを介して別のメッセージを渡し、表示時間が終了すると非表示にします。 3 番目のコンポーネントは、メッセージをパラメーターとして show() メソッドに渡し、コンテンツ プロジェクションを使用してアイコンを追加します。

    表示時間

    displayTime でミリ秒間隔に設定し、Snackbar コンポーネントが表示される時間を設定します。デフォルトでは 4000 ミリ秒に設定されています。

    Snackbar のカスタマイズ

    Snackbar の内容をカスタマイズして、メッセージやボタンよりも複雑な要素を表示することもできます。たとえば、ファイルの読み込み中にスナックバーを表示したい場合は、読み込みアニメーションをそのコンテンツに追加することができます。

    <!--sample.component.html-->
    <button igxButton="raised" (click)="snackbar.show()">Load file</button>
    <div>
      <igx-snackbar #snackbar displayTime="5000">File loading
        <svg id="dots" height="20px">
            <g id="dots" fill="#FFFFFF">
                <circle id="dot1" cx="5" cy="18" r="2"></circle>
                <circle id="dot2" cx="15" cy="18" r="2"></circle>
                <circle id="dot3" cx="25" cy="18" r="2"></circle>
            </g>
        </svg>
      </igx-snackbar>
    </div>
    
    //sample.component.scss
    #dots #dot1 {
        animation: load 1s infinite;
    }
    
    #dots #dot2 {
        animation: load 1s infinite;
        animation-delay: 0.2s;
    }
    
    #dots #dot3 {
        animation: load 1s infinite;
        animation-delay: 0.4s;
    }
    
    @keyframes load {
        0% {
          opacity: 0;
        }
        50% {
          opacity: 1;
        }
        100% {
          opacity: 0;
        }
    }
    

    結果としてメッセージと 3 つのローディング ドットがスナックバーに表示されます。

    リストの Snackbar

    Snackbar の主な機能を説明しました。次の例はより複雑なサンプルにコンポーネントを追加します。通知およびアクションの元に戻す機能を提供する Snackbar を作成します。

    削除可能な連絡先のリストを作成します。項目を削除後、メッセージおよびアクションを元に戻すボタンを含む Snackbar が表示されます。

    <!--sample.component.html-->
    <igx-list>
        <igx-list-item [isHeader]="true">Contacts</igx-list-item>
    
        <igx-list-item igxRipple="pink" igxRippleTarget=".igx-list__item" *ngFor="let item of navItems">
            <div class="item-container">
                <div class="contact">
                    <igx-avatar [src]="item.avatar" roundShape="true"></igx-avatar>
                    <div class="contact__info">
                        <span class="name">{{item.text}}</span>
                    </div>
                </div>
                <span igxButton="icon" igxRipple igxRippleCentered="true" (click)="delete(item)">
                    <igx-icon color="#ff5252">delete</igx-icon>
                </span>
            </div>
    
        </igx-list-item>
    
        <igx-snackbar actionText="Undo" (clicked)="restore()">Contact deleted</igx-snackbar>
    </igx-list>
    
    //sample.component.ts
    
    import { Component, OnInit, ViewChild } from "@angular/core";
    import { IgxSnackbarComponent } from 'igniteui-angular';
    
    ...
    @ViewChild(IgxSnackbarComponent)
    public snackbar: IgxSnackbarComponent;
    public navItems: any[];
    public deletedItems = [];
    
    constructor() { }
    
    public ngOnInit() {
        this.navItems = [{
            avatar: "assets/images/avatar/2.jpg",
            text: "Richard Mahoney"
        },
        {
            avatar: "assets/images/avatar/4.jpg",
            text: "Lisa Landers"
        },
        {
            avatar: "assets/images/avatar/14.jpg",
            text: "Marianne Taylor"
        },
        {
            avatar: "assets/images/avatar/17.jpg",
            text: "Ward Riley"
        }];
      }
    
    public delete(item) {
        this.deletedItems.push([item, this.navItems.indexOf(item)]);
        this.navItems.splice(this.navItems.indexOf(item), 1);
        this.snackbar.show();
    }
    
    public restore() {
        const [item, index] = this.deletedItems.pop();
        this.navItems.splice(index, 0, item);
        this.snackbar.hide();
    }
    

    スタイル設定

    スナックバーのスタイル設定を始めるには、すべてのテーマ関数とコンポーネント ミックスインが存在する index ファイルをインポートする必要があります。

    @import '~igniteui-angular/lib/core/styles/themes/index';
    

    最も簡単な方法は、igx-snackbar-theme を拡張する新しいテーマを作成し、$text-color$background$button-color$border-radius パラメーターを受け取る方法です。

    $dark-snackbar: igx-snackbar-theme(
        $text-color: #FFCD0F,
        $background: #292826,
        $button-color: #FFCD0F,
        $border-radius: 12px
    );
    

    テーマを含む

    最後にコンポーネントのテーマを含めます。

    $legacy-supporttrue に設定されている場合、コンポーネントのテーマを以下のように含めます。

     @include igx-snackbar($igx-snackbar-theme);
    
    Note

    コンポーネントが Emulated ViewEncapsulation を使用している場合、::ng-deep を使用してこのカプセル化を解除する必要があります。

    :host {
         ::ng-deep {
            @include igx-snackbar($igx-snackbar-theme);
        }
    }
    

    $legacy-supportfalse (デフォルト) に設定されている場合、css 変数 を以下のように含めます。

    @include igx-css-vars($igx-snackbar-theme);
    
    Note

    コンポーネントが Emulated ViewEncapsulation を使用している場合、変数をオーバーライドするにはグローバル セレクターが必要なため、:host を使用する必要があります。

    :host {
        @include igx-css-vars($igx-snackbar-theme);
    }
    

    カラーパレットの定義

    上記のように色の値をハードコーディングする代わりに、igx-palette および igx-color 関数を使用することによって色に関してより高い柔軟性を持つことができます。

    igx-palette は渡された一次色と二次色に基づいてカラーパレットを生成します。

    $yellow-color: #FFCD0F;
    $black-color: #292826;
    
    $dark-palette: igx-palette($primary: $black-color, $secondary: $yellow-color);
    

    また igx-color を使用してパレットから簡単に色を取り出すことができます。

    $dark-snackbar: igx-snackbar-theme(
        $text-color: igx-color($dark-palette, "secondary", 400),
        $background: igx-color($dark-palette, "primary", 400),
        $button-color: igx-color($dark-palette, "secondary", 400),
        $border-radius: 12px
    );
    
    Note

    igx-color および igx-palette は、色を生成および取得するための重要な機能です。使い方の詳細についてはパレットのトピックを参照してください。

    スキーマの使用

    テーマ エンジンを使用してスキーマの利点を活用でき、堅牢で柔軟な構造を構築できます。スキーマはテーマを使用する方法のことです。

    すべてのコンポーネントに提供されている 2 つの定義済みスキーマ (ここでは dark-snackbar の 1 つを拡張します。

    //  Extending the dark snackbar schema
    $dark-snackbar-schema: extend($_dark-snackbar,
        (
            text-color:(
                igx-color: ("secondary", 400)
            ),
            background: (
                igx-color: ("primary", 400)
            ),
            button-color: (
                igx-color: ("secondary", 400)
            ),
            border-radius: 12px
        )
    );
    

    カスタム スキーマを適用するには、グローバル (light または dark) の 1 つを拡張する必要があります。これは基本的にカスタム スキーマでコンポーネントを指し示し、その後それぞれのコンポーネント テーマに追加するものです。

    // Extending the global dark-schema
    $custom-dark-schema: extend($dark-schema,(
        igx-snackbar: $dark-snackbar-schema
    ));
    
    // Defining snackbar theme with the global dark schema
    $dark-snackbar: igx-snackbar-theme(
      $palette: $dark-palette,
      $schema: $custom-dark-schema
    );
    

    上記と同じ方法でテーマを含める必要があることに注意してください。

    デモ

    API リファレンス

    このトピックでは、IgxSnackbarComponent を使用と構成方法を説明しました。API の詳細については以下のリンク先を参照してください。

    スタイル:

    その他のリソース

    コミュニティに参加して新しいアイデアをご提案ください。