Angular ドーナツ チャート

    The Ignite UI for Angular ドーナツ チャートは円チャートと同様、変数の発生を比例的に表示します。ドーナツ型チャートは、複数の変数をコンセントリック リングで表示でき、階層データの可視化を組み込みでサポートします。リングは、異なるデータ項目にバインドすることも、共通のデータ ソースを共有することもできます。

    Angular ドーナツ チャートの例

    IgxDoughnutChartComponent コントロールでこのチャート タイプを作成するには、以下の例のように、データをバインドします。

    Angular ドーナツ チャートの推奨事項

    Angular ドーナツ チャートはプロジェクトに適していますか?

    ドーナツ チャートは小さなデータ セットに適しており、一目で読みやすいです。ドーナツ チャートは、部分から全体への視覚化の 1 つのタイプにすぎません。その他は次のとおりです。

    Angular ドーナツ チャートには、次のようなデータを分析するためのビューア ツールを提供するインタラクティブ機能が含まれています。

    • 凡例
    • スライスの分割
    • スライスの選択
    • チャート アニメーション

    ドーナツ チャートのベスト プラクティス:

    • 複数のデータ セットを使用して、データを輪に表示します。
    • データをすばやく説明するために、ドーナツの穴の中に値やラベルなどの情報を配置します。
    • スライスまたはセグメントを、合計値または全体に比例するパーセンテージ値として比較します。
    • カテゴリのグループがどのように小さなセグメントに分割されるかを示します。
    • データ セグメントの合計が 100% になるようにします。
    • パーツのセグメント/スライスでカラー パレットを区別できるようにします。

    以下の場合にドーナツ チャートを使用しないでください:

    • 時間の経過に伴う変化の比較の場合 - 折れ線、またはエリアチャートを使用します。
    • 正確なデータ比較が必要である場合 - 折れ線、またはエリアチャートを使用します。
    • 6 つまたは 8 つを超えるセグメント (大量のデータ) がある場合 — データ ストーリーに適している場合は、折れ線、またはエリアチャートを検討してください。
    • チャートで、ビューアが値の違いを認識しやすくなります。
    • 負のデータがある場合、これはドーナツ チャートで表すことができません。

    ドーナツ チャート - スライスの選択

    Angular ドーナツ チャートには、クリック時にスライスを選択する機能があります。任意で、単一のカスタム ビジュアル スタイルを選択済みスライスに適用できます。SliceClick イベントは、ユーザーがスライスをクリックすると発生します。スライス選択を有効にすると、クリック時にスライスの選択を変更できます。次のサンプルは、スライスの選択を有効にし、選択したスライスの色を灰色に設定する方法を示しています。

    Angular ドーナツ チャート - 複数のリング

    Angular ドーナツ チャートに複数の輪を表示して、各輪を異なるデータ 項目にバインドしたり、共通のデータ ソースを共有したりすることができます。これは、以下の季節ごとのデータ表示など、基礎となる共通のカテゴリを持つ層としてデータを表示する必要がある場合に役立ちます:

    その他のリソース

    関連するチャートタイプの詳細については、以下のトピックを参照してください。

    API メンバー

    以下のテーブルは、上記のセクションで説明した API メンバーをリストします。

    チャート タイプ コントロール名 API メンバー
    ドーナツ チャート IgxDoughnutChartComponent DoughnutChart