Angular 株価チャート

    Ignite UI for Angular 株価チャート (Angular ファイナンシャル チャートまたはローソク足チャートと呼ばれることもあります) は、インタラクティブな時系列表示で株価ティッカー データまたは価格データを描画する複合視覚化です。株価チャートは、時系列 X 軸の時間の経過に伴うティッカーの株価を示します。また、このチャートには、設定可能な期間の始値、高値、安値、終値 (OHLC) などの企業のティッカー データの情報も表示されます。株価チャートは、価格とボリュームの表示モードや多数の株指標など、データを視覚化して解釈するための複数の方法を提供します。

    Angular 株価チャートの例

    IgxFinancialChartComponent コントロールでこのチャート タイプを作成するには、以下の例のように、データをバインドし、chartType プロパティを line 値に設定します。

    株価チャートの推奨事項

    Angular 株価チャートはプロジェクトに適していますか?

    典型的な株価チャートは、価格帯のテクニカル分析に使用されるローソク足チャートのティッカー データで表されます。ローソク足チャートは、1 日の高値と安値を、ティッカー シンボルの始値と終値と比較します。

    • ローソク足チャートの本文には、始値と終値 (O/C) が表示されます。
    • ローソク足チャートには、始値と終値 (O/C) が表示されます。
    • ティッカー値の上限と下限の間の距離は、ティッカー価格の日の範囲です。
    • ローソク足チャートのティッカー値は、資産が開いたよりも高く閉じたときに中空になります。
    • ローソク足チャートのティッカー値は、資産が開いたよりも低く閉じたときに塗りつぶされます。
    • 黒または赤のローソク足は、前のローソク足の終値よりも低い終値の価格を表します。
    • 白または緑のローソク足は、前のローソク足の終値よりも高い終値を表します。

    株価チャートは、次のいずれかを表示するように設定できます:

    • ローソク足チャート
    • 棒チャート
    • 縦棒チャート
    • 折れ線チャート

    株価チャートは、ユーザーがデータ分析機能を実行できるようにすることを目的としているため、次のようなインタラクティブな要素が含まれています:

    • 時間ベースのフィルター
    • 価格ペイン
    • ボリューム ペイン
    • インジケーター ペイン
    • トレンドライン
    • ナビゲーション/ズームバー ペイン

    株価チャートのデータ構造

    • データ ソースはデータ項目の配列またはリストである必要があります。
    • データ ソースに少なくとも 1 つのデータ項目を含む必要があります。
    • すべてのデータ項目には、ティッカー データの日付を表す日時 (または文字列) 列が少なくとも 1 つ含まれている必要があります。
    • すべてのデータ項目には、棒チャート、折れ線チャート、および縦棒チャートの 1 つの数値列が含まれている必要があります。
    • すべてのデータ項目には、ローソク足チャートの始値、高値、安値、終値 (OHLC) の 4 つの数値列が含まれている必要があります。
    • すべてのデータ項目には、ローソク足チャートの始値、高値、安値、終値、ボリュームの 5 つの数値列が含まれている必要があります。

    複数シリーズの Angular 株価チャート

    Angular 株価チャート

    この例では、株価チャートは 1 年間の S&P 500を表しています。投資家に役立ち、テクニカル解析を実施し、将来の価格/レポートを予測します。

    Angular 株価チャートのスタイル設定

    他のシリーズの複合などのより多くの機能を備えた株価チャートが必要な場合は、以下に示すように、厚さ、アウトライン、ブラシ、負のアウトライン、負のブラシを構成できます。この例では、株価チャートは Amazon、Microsoft、Tesla の収益を比較しています。

    Angular チャートの注釈

    十字線注釈レイヤーは、各ターゲット シリーズの実際の値に一致する十字線を提供します。十字線タイプは、Horizontal、Vertical、Both があります。crosshairsSnapToData プロパティを true に設定してデータに十字線のスナップできます。十字線がデータ ポイント間で補完されます。注釈を有効にして軸に沿って十字線の値を表示できます。

    最終値レイヤーは、シリーズに表示された最終値の軸に沿ったクイックビューをサポートします。

    コールアウト レイヤーは、X/Y 位置にコールアウトを表示します。

    注: X 軸モードを使用する際に CalloutsXMemberPath は数値インデックスをポイントする必要があります。あるいは、CalloutsXMemberPath を時間値にポイントしてください。

    Angular チャートのペイン

    以下のペインを使用できます:

    • 価格ペイン - 折れ線、ローソク足、棒 (OHLC)、トレンドライン、および財務オーバーレイを使用して価格を描画します。
    • インジケーター ペイン - すべての財務指標を別のチャートに描画し、BollingerBands および PriceChannel オーバーレイが Y 軸と同じ値範囲を使用するために価格ペインに描画されます。
    • ボリューム ペイン - 縦棒、折れ線、およびエリアのチャート タイプを使用して出来高を上記のペインの下に描画します。
    • ズーム ペイン - すべてのペインのズームを制御します。常にチャートの下側に描画されます。

    インジケーター ペイン

    財務指標は、株価の動きの計測やトレンドを確認するためにトレーダーによって使用されます。これらのインジケーターは、同じ Y 軸を共有しないため価格ペインの下に表示されます。

    デフォルトでインジケーター ペインは表示されません。ユーザーは、ツールバーを使用してランタイムで表示するインジケーターを選択できます。初期でインジケーター ペインを表示するには、以下のコードのように indicatorTypes プロパティをインジケーターのタイプを 1 つ以上に設定する必要があります:

    ボリューム ペイン

    ボリューム ペインは指定した期間に取引された株式数を表します。出来高の低さは関心が低いことを示し、出来高の多さは取引が多く、関心が高いことを示します。縦棒、折れ線、またはエリア チャート タイプを使用して表示できます。ツールバーでチャート タイプを選択すると、ランタイムにデータを表示するボリューム ペインが表示されます。ペインを表示するには、以下のコードのようにボリューム タイプを設定する必要があります:

    価格ペイン

    このペインは、在庫価格を表示し、経時的な在庫の高値、安値、始値、終値を示します。さらに、トレンドラインおよびオーバーレイを表示できます。ツールバーからチャート タイプを選択できます。デフォルトで、チャート タイプは Auto に設定されています。次のコードに示すように、デフォルト設定をオーバーライドできます:

    注: 複数のデータ ソースまたはデータ ポイントが大量にあるデータ ソースを描画する場合、折れ線チャート タイプを使用してください。

    ズーム ペイン

    このペインはすべての表示されるペインのズームを制御します。このペインはデフォルトで表示されます。以下のコードのように zoomSliderTypenone に設定すると機能を無効にできます:

    注: zoomSliderType オプションを chartType オプションと同じ値に設定してください。このように、ズーム スライダーは価格ペインの正しいプレビューを表示します。以下のコードはその方法を示しています。

    この例では、株価チャートは米国の収益をプロットしています。

    その他のリソース

    関連するチャート機能の詳細については、以下のトピックを参照してください。

    API メンバー

    以下は、上記のセクションで説明した API メンバーのリストです。