Data Grid ライブ更新

    Grid コンポーネントは、ユーザーの操作に応答し続けている間、1 秒あたり数千の更新を処理できます。

    Angular ライブ データ更新の例

    以下のサンプルは、すべてのレコードが 1 秒間に複数回更新される場合の Grid のパフォーマンスを示しています。UI コントロールを使用して、読み込むレコードの数と更新の頻度を選択します。 同じデータをカテゴリ チャートに入力して、Ignite UI forAngular の強力なチャート作成機能を体験してください。Chart ボタンには、選択した行の Category Prices per Region データが表示され、Chart 列ボタンには現在の行の同じデータが表示されます。

    データ バインディングおよび更新

    サービスは、ページが読み込まれたとき、およびスライダー コントローラーを使用して特定の数のレコードを取得したときに、コンポーネントにデータを提供します。実際のシナリオでは、更新されたデータはサービスから消費されますが、ここではデータはコードで更新されます。これは、デモをシンプルに保ち、その主な目標であるグリッドのパフォーマンスを実証するために行われます。

    <igx-grid #grid [data]="data"></igx-grid>
    
    public ngOnInit() {
        this.localService.getData(this.volume);
        this.volumeSlider.onValueChange.subscribe(x => this.localService.getData(this.volume);
        this.localService.records.subscribe(x => { this.data = x; });
    }
    

    Angular パイプは、グリッド ビューを更新するために内部的に使用されます。データ フィールド値の変更またはデータ オブジェクト/データ コレクション参照の変更により、対応するパイプがトリガーされます。ただし、これは複合データ オブジェクトにバインドされている列には当てはまりません。これは、Angular の純粋パイプがネストされたプロパティの変更を検出しないためです。この状況を解決するには、プロパティを含むデータ オブジェクトの新しいオブジェクト参照を提供します。例:

    <igx-grid #grid [data]="data">
        <igx-column field="price.usd"></igx-column>
    </igx-grid>
    
    private updateData(data: IRecord[]) {
        const newData = []
        for (const rowData of data) {
            rowData.price = { usd: getUSD(), eur: getEUR() };
            newData.push({...rowData});
        }
        this.grid.data = newData;
    }
    

    テンプレート

    ビューの更新は、デフォルト テンプレートの列とカスタム テンプレートの列で同じように機能します。ただし、カスタム テンプレートは比較的単純にしておくことをお勧めします。テンプレート内の要素の数が増えると、パフォーマンスへの悪影響も大きくなります。

    Dock Manager および igxGrid コンポーネントを使用したライブ データ フィード

    このデモの目的は、SignalR ハブ バックエンドを使用してリアルタイム データ ストリームを表示する財務用スクリーン ボードを紹介することです。 igxGrid コンポーネントは、サーバーからの高頻度の更新を簡単に処理できます。SignalR を使用する ASP.NET Core アプリケーションのコードは、この公開な GitHub リポジトリにあります。

    ハブ接続の開始

    signal-r.service は公開された管理可能なパラメーター - frequency、volume および live-update 状態のトグル (開始/停止) - の接続と更新を処理します。

    this.hubConnection = new signalR.HubConnectionBuilder()
            .configureLogging(signalR.LogLevel.Trace)
            .withUrl('https://www.infragistics.com/angular-apis/webapi/streamHub')
            .build();
        this.hubConnection
            .start()
            .then(() => {
                this.hasRemoteConnection = true;
                this.registerSignalEvents();
                this.broadcastParams(interval, volume, live, updateAll);
            })
            .catch(() => {});
    

    指定された頻度に基づいて、合計 30 の新しい更新がサーバーによって受信されます。特定の cellStyle クラスは、変更を処理する 3 つの列に適用されます - Price、Change および Change (%)。

    更新頻度とデータ ボリューム

    左側のアクション パネルを使用して、データ フィードの頻度と要求されたデータ ボリュームを管理できます。 すべてのグリッドは同じデータ ソースを使用します。 データ フィードの停止アプリケーション テーマの変更、または igxGrid を使用した DockSlot コンテナーの動的追加は、他のアクション要素をご自由にお使いください。

    'updateparameters' メソッドを使用して、特定の頻度で新しいデータのセットを要求します。このメソッドは、SignalR ストリーム ハブの実装の一部です。

    this.hubConnection.invoke('updateparameters', frequency, volume, live, updateAll)
        .then(() => console.log('requestLiveData', volume))
        .catch(err => {
            console.error(err);
        });
    

    DockSlot および Grid コンポーネントを動的に作成

    ComponentFactoryResolver を使用して、DockSlot および Grid コンポーネントをオンザフライで作成できます。

    DockManager コンポーネント

    Dock Manager WebComponent を利用し、ドケットまたはフローティング パネルを使用して独自の Web ビューを作成します。新しいフローティング パネルを追加するには、右側のアクション ペインを開き、[フローティング ペインの追加] ボタンをクリックします。新しいペインを目的の場所にドラッグアンドドロップします。

    API リファレンス

    その他のリソース

    コミュニティに参加して新しいアイデアをご提案ください。