Angular Excel ライブラリの概要

    Infragistics Angular Excel ライブラリは、WorkbookWorksheetCellFormula などの人気の Microsoft® Excel® スプレッドシート オブジェクトを使用してスプレッドシート データで作業をすることができます。Infragistics Angular Excel ライブラリによって Excel スプレッドシートでアプリケーションのデータを表示するだけでなく、Excel からアプリケーションへのデータの転送も簡単になります。

    Angular Excel ライブラリの例

    Code Sandbox Stackblitz

    依存関係

    excel パッケージをインストールするときに core パッケージもインストールする必要があります。

    npm install --save igniteui-angular-core
    npm install --save igniteui-angular-excel
    

    モジュールの要件

    Angular Excel ライブラリを作成するには、以下のモジュールが必要です。

    // app.module.ts
    import { IgxExcelModule } from 'igniteui-angular-excel';
    
    @NgModule({
        imports: [
            // ...
            IgxExcelModule,
            // ...
        ]
    })
    export class AppModule {}
    

    モジュールの実装

    Excel ライブラリには、アプリのバンドル サイズを制限するために使用できる 5 つのモジュールが含まれています。

    • IgxExcelCoreModule – オブジェクトモデルを含み、Excel の基盤となります。
    • IgxExcelFunctionsModule – Sum、Average、Min、Max、SumIfs、Ifs など、数式評価のほとんどのカスタム関数を含み、このモジュールがなくても数式が計算 ( “=SUM(A1:A5 などの数式を適用するなど) されてセルの Value を要求する場合は数式の解析で問題を発生しません。(注: 例外のスローではありません。数式の結果がエラーとなるため特定のエラーを表すオブジェクト)。
    • IgxExcelXlsModule – xls (および関連する) タイプ ファイルのロジックの読み込みと保存を含みます。これは Excel97to2003 関連の WorkbookFormats です。
    • IgxExcelXlsxModule – xlsx (および関連する) タイプ ファイルのロジックの読み込みと保存を含みます。これは Excel2007 関連および StrictOpenXml ANDWorkbookFormats です。
    • IgxExcelModule – 他の 4 つのモジュールの参照ですべての機能の読み込み/使用を可能にします。

    サポートされるバージョンの Microsoft Excel

    以下は Excel のサポートされるバージョンのリストです。

    • Microsoft Excel 97

    • Microsoft Excel 2000

    • Microsoft Excel 2002

    • Microsoft Excel 2003

    • Microsoft Excel 2007

    • Microsoft Excel 2010

    • Microsoft Excel 2013

    • Microsoft Excel 2016

    Note

    Excel ライブラリ は Excel Binary Workbook (.xlsb) フォーマットを現時点ではサポートしていません。

    ワークブックの読み込みと保存

    注: Excel ライブラリ モジュールをインポートした後、ワークブックを読み込みます。

    次のコード スニペットでは、外部の ExcelUtility クラスを使用して Workbook を保存およびロードしています。

    Workbook オブジェクトを読み込んで保存するために、実際の Workbook の保存メソッドや static な Load メソッドを使用できます。

    import { Workbook } from "igniteui-angular-excel";
    import { WorkbookSaveOptions } from "igniteui-angular-excel";
    import { WorkbookFormat } from "igniteui-angular-excel";
    import { ExcelUtility } from "ExcelUtility";
    
    var workbook = ExcelUtility.load(file);
    ExcelUtility.save(workbook, "fileName");
    

    ヒープの管理

    Excel Library のサイズに因り、ソースマップの生成を無効にすることを推奨します。

    architect => build => options から serve の options で vendorSourceMap オプションを設定して angular.json を変更します。

    ...
        "architect": {
            "build": {
              "builder": "...",
              "options": {
                "vendorSourceMap": false,
                "outputPath": "dist",
                "index": "src/index.html",
                "main": "src/main.ts",
                "tsConfig": "src/tsconfig.app.json",
                      // ...
              },
                  // ...
            },
            "serve": {
              "builder": "...",
              "options": {
                "vendorSourceMap": false,
                "browserTarget": "my-app:build"
              },
                  // ...
            },
            // ...
          }
    

    API メンバー

    • Load
    • WorkbookInProcessRuntime
    • Workbook