ドック マネージャー

    Ignite UI Dock Manager コンポーネントは、ペインでアプリケーションのレイアウトを管理する方法を提供します。エンド ユーザーはペインをピン固定、サイズ変更、移動、非表示にすることでカスタマイズできます。

    Angular ドック マネージャーの例

    使用方法

    ドック マネージャーは標準の Web コンポーネントであり、Angular アプリケーションで使用できます。

    以下の手順に従って、ドック マネージャーのパッケージを Angular プロジェクトに追加し、コンポーネントを使用するためにセットアップします。

    最初に、igniteui-dockmanager パッケージをインストールします。

    npm install igniteui-dockmanager
    

    次に、CUSTOM_ELEMENTS_SCHEMA スキーマを AppModule に含めます。

    import { CUSTOM_ELEMENTS_SCHEMA, NgModule } from '@angular/core';
    
    @NgModule({
        ...
        schemas: [CUSTOM_ELEMENTS_SCHEMA]
    })
    export class AppModule {}
    

    main.ts ファイルの defineCustomElements() 関数を呼び出します。

    import { AppModule } from "./app/app.module";
    import { defineCustomElements } from "igniteui-dockmanager/loader";
    import { enableProdMode } from '@angular/core';
    import { environment } from ".environments/environment";
    import { platformBrowserDynamic } from '@angular/platform-browser-dynamic';
    
    if (environment.production) {
        enableProdMode();
    }
    
    platformBrowserDynamic().bootstrapModule(AppModule)
        .catch(err => console.log(err));
    
    defineCustomElements();
    

    Angular コンポーネント テンプレートで Dock Manager コンポーネントを使用する準備ができました。タグ名を使用します。

    <igc-dockmanager>
    </igc-dockmanager>
    

    Dock Manager コンポーネントの使用方法の詳細については、このトピック (英語) を参照してください。

    さまざまな Ignite UI for Angular コンポーネントをホストするペインで Dock Manager コンポーネントを使用する高度な例については、このバージョンのデータ分析サンプルを参照してください。