Angular チャート強調表示

    すべての Angular チャートは、エンド ユーザーがプロット領域に描画されたデータ項目の上にマウス カーソルを置いたときに、線、列、マーカーなどのビジュアルの強調表示をサポートします。強調表示は、IgxCategoryChartComponentIgxFinancialChartComponent、および IgxDataChartComponent コントロールによってサポートされており、強調表示機能を使用するための同じ API を備えています。

    Angular チャート強調表示の例

    以下の例は、Angular チャートで使用できるさまざまな強調表示オプションを示しています。チェックボックスをクリックして強調表示タイプを有効にします。

    Angular チャートの強調表示モードと動作

    すべての Angular チャートは、さまざまな強調表示オプションをサポートしています。HighlightingMode は、プロット領域に描画されたシリーズ/データ項目にマウスを合わせたときに明るくまたはフェードするように設定できます。HighlightingBehavior は、強調表示の効果をトリガーするために、直接または最も近いデータ項目に設定できます。強調表示のモードと動作は、IgxCategoryChartComponentIgxFinancialChartComponent、および IgxDataChartComponent コントロールでサポートされており、強調表示機能を使用するための同じ API を備えています。

    Angular チャート凡例の強調表示

    すべての Angular チャートは、凡例の強調表示をサポートしています。LegendHighlightingMode を有効にすると、マウスが凡例マーカー項目にカーソルを合わせると、描画されたシリーズがプロット領域で強調表示されます。凡例の強調表示は、IgxCategoryChartComponentIgxFinancialChartComponent、および IgxDataChartComponent コントロールでサポートされており、強調表示機能を使用するための同じ API を備えています。

    強調表示レイヤー

    Ignite UI for Angular IgxCategoryChartComponent は、データ項目にカーソルを合わせると 3 種類の強調表示を有効にできます。

    1. シリーズ ハイライトは、ポインターがデータ ポイント上ある場合に、マーカーまたは列で表される単一のデータ ポイントをハイライトします。これは、isSeriesHighlightingEnabled プロパティを true に設定することで有効になります。

    2. 項目ハイライトは、その位置に縞模様の図形を描画したりマーカーを描画したりすることでシリーズの項目を強調表示します。これは、isItemHighlightingEnabled プロパティを true に設定することで有効になります。

    3. カテゴリ ハイライトはすべてのカテゴリ軸を対象にします。カーソル位置に最も近い軸領域を照らす図形を描画します。これは、isCategoryHighlightingEnabled プロパティを true に設定することで有効になります。

    その他のリソース

    関連するチャートタイプの詳細については、以下のトピックを参照してください。

    API メンバー

    以下は、上記のセクションで説明した API メンバーのリストです。