Angular チャート マーカー

    Ignite UI for Angular マーカーは、カテゴリ チャートのプロット領域にデータ ポイントの値を表示する視覚要素です。値が主グリッド線と副グリッド線の間にある場合も指定したデータ ポイントの値をただちに識別できるようユーザーをサポートします。

    Angular チャート マーカーの例

    次の例では、折れチャートは、2009 年から 2019 年までのヨーロッパ、中国、および米国の国々の再生可能エネルギーの発電量を比較しています。マーカーが MarkerType プロパティを "Circle" に設定して有効になっています。

    マーカーのカラーは、以下のサンプルの markerBrushesプロパティと markerOutlines プロパティを設定することによっても管理されます。このサンプルでは、ドロップダウンを使用してマーカーと chartType を構成できます。

    Angular チャート マーカー テンプレート

    以下の例に示すように、マーカー プロパティに加えて、XamCategoryChart コントロールで描画されたシリーズの MarkerTemplate プロパティに関数を設定することで、独自のマーカーを実装できます。

    その他のリソース

    関連するチャート機能の詳細については、以下のトピックを参照してください。

    API メンバー

    以下は、上記のセクションで説明した API メンバーのリストです。