Web Components Input の概要

    Ignite UI for Web Components Input は、ユーザーがデータを入力できるコンポーネントです。

    Web Components Input の例

    開始するには、typescript ファイルに IgcInputComponent をインポートし、次のように defineComponents() 関数を呼び出してコンポーネントを登録する必要があります。

    import { defineComponents, IgcInputComponent } from 'igniteui-webcomponents';
    
    defineComponents(IgcInputComponent);
    

    IgcInputComponent コンポーネントをインポートしたら、使用を開始する準備ができているので、最初の Input を追加しましょう。

    <igc-input type="email" label="Subscribe" placeholder="john.doe@mail.com"></igc-input>
    

    Prefix と Suffix

    prefix スロットと suffix スロットを使用すると、入力のメイン コンテンツの前後に異なるコンテンツを追加できます。次のサンプルでは、テキスト プレフィックスとアイコン サフィックスを使用して新しい Input フィールドを作成します:

    ヘルパー テキスト

    helper-text スロットは、入力の下に配置されたヒントを提供します。Phone Input にヘルパー テキストを追加しましょう:

    Input のサイズ設定

    size プロパティを使用して、ユーザーが IgcInputComponent のサイズを選択できるようにすることができます。これを行うには、すべてのサイズ値を表示するためのラジオ ボタンをいくつか追加します。このようにして、選択されるたびに、Input のサイズを変更します。

    上記のサンプルでは、次の属性の使用法を示しています:

    • required - 入力を必須としてマークするために使用されます。
    • disabled - 入力を無効にするために使用されます。
    • readonly - 入力を読み取り専用としてマークするために使用されます。

    属性の完全なリストは、IgcInputComponent API にあります。

    スタイル設定

    Input コンポーネントは、その内部要素のほとんどすべての CSS パーツを公開します。次の表に、Input によって公開されるすべての CSS パーツを示します:

    説明
    container すべての主要な入力要素を保持するメイン ラッパー。
    input ネイティブ入力要素。
    label ネイティブ ラベル要素。
    prefix プレフィックス ラッパー。
    suffix サフィックス ラッパー。
    helper-text ヘルパー テキスト ラッパー。
    igc-input::part(input){
        background-color: rgb(169, 214, 229);
        border-color: rgb(42, 111, 151);
    }
    
    igc-input::part(label){
        color: rgb(1, 42, 74);
    }
    
    igc-input::part(prefix),
    igc-input::part(suffix){
        color: white;
        border-color: rgb(42, 111, 151);
        background-color: rgb(70, 143, 175);
    }
    

    API リファレンス

    Input API の詳細については、次のリンクを参照してください。

    使用したその他のコンポーネントとディレクティブ:

    その他のリソース