Web Components バブル チャート

    Ignite UI for Web Components バブル チャートは散布図の一種で、可変スケーリングのマーカーを表示して、いくつかの異なる一連のデータ内の項目間の関係を表したり、x 座標と y 座標を使用してデータ項目をプロットしたりします。データ ポイントのこれらの座標は、2 つの数値データ列によって決定されます。バブル チャートは、データの不均一な間隔またはクラスターに注意を向けます。このチャートは、科学データのプロットによく用いられ、予測結果からの収集データの偏差を強調表示できます。バブル チャートには、[散布図チャート](<scatter-chart.md#web components-散布マーカー-チャート>)の多くの特性がありますが、さまざまな半径スケール サイズを持つオプションがあります。

    Web Components バブル チャートの例

    次の例に示すように、IgcBubbleSeriesComponent と 2 つの数値軸を使用して、IgcDataChartComponent コントロールで Ignite UI for Web Components バブル チャートを作成できます。

    単一シリーズの Web Components バブル チャート

    以下の例に示すように、データを IgcBubbleSeriesComponentItemsSource プロパティにバインドし、その xMemberPathyMemberPathradiusMemberPath プロパティを使用してデータ列をマップできます。

    複数シリーズの Web Components バブル チャート

    Web Components バブル チャートでは、次の例に示すように、複数のデータ ソースのバインドは、新しい各データ ソースを追加の IgcBubbleSeriesComponentItemsSource プロパティに設定することで機能します。

    Web Components バブル チャートのスタイル設定

    Web Components バブル チャートでは、markerType プロパティを使用してバブル マーカーの形状をカスタマイズし、radiusScale プロパティを使用してサイズをカスタマイズし、markerBrushmarkerOutlinemarkerThickness プロパティを使用して外観をカスタマイズできます。さらに、fillMemberPath プロパティと fillScale プロパティを使用して、データ列に基づいてバブル マーカーにカラーを付けることもできます。この例では、上記のプロパティの使用法を示しています。

    その他のリソース

    API メンバー

    以下は、上記のセクションで説明した API メンバーのリストです。