Infragistics WPF

高速、タッチ対応UIコントロール

デスクトップおよびタッチ デバイス対応のモダン アプリケーションを高速データ グリッドとデータ可視化コントロールを利用し実現。さらに開発サイクルの短期化を推進。

Infragistics Ultimate UI for WPF

WPF対応コントロールの主要機能

 
  • 金融サービス向けアプリケーションに最適なチャート。軽量かつ大量データの高速表示を実現。詳細はこちら

    WPFファイナンシャルチャート
  • Microsoft Excel ライクなスプレッドシート コントロール。Excel ファイルのロードと編集、保存を可能にする強力なコントロール。詳細はこちら

    ExcelライクなWPFスプレッドシート
  • グリッド、チャート、ゲージなど様々なコントロールを視覚的にデザイン。データ バインディング サポート。ボタン一つでコード生成。詳細はこちら

    WPF コントロール コンフィギュレーター
  • 編集、並べ替え、フィルタ処理、およびグループ化の際に優れた汎用性とパフォーマンスを提供。階層データリレーションシップ (マスタ/詳細レコード) を表形式で表示。詳細はこちら

    WPF データ グリッド
  • 驚異的な速度でミリ秒の更新が可能な数百万のデータポイントを持つグラフをレンダリング。大量のデータに対して高パフォーマンスを実現しながらデータの可視化と分析機能を提供。詳細はこちら

  • Microsoft Visual Studio ライクなウィンドウのドッキング機能を提供。エンドユーザーによるウィンドウの位置変更やレイアウトの保存、ロードが可能。詳細はこちら

    WPFドックマネージャー

Infragistics Ultimate

UIフレームワーク、コントロール、Productivityツールを使用し、Web、モバイル、デスクトップ全てに対応するアプリケーションを構築。
詳細はこちら What's New
Infragistics Ultimate

最新情報

[18.2] Ultimate UI for WPF新機能その3 – Excelスプレッドシート + NuGetフィード
  • Blog
前回はExcelファイルの作成や読み込みを行えるライブラリの新機能をご紹介しましたが、今回のそのライブラリを基盤として構築されているExcelライクなスプレッドシートコントロールの機能強化ポイントと、最新ビルドを利用可能になったNuGetフィードについてご紹介します。
詳細
[18.2] Ultimate UI for WPF新機能その2 – Excelライブラリのアップデート
  • Blog
Ultimate UI for WPF 2018 Vol.2ではExcel関連の機能がさらに充実しています。今回のエントリではそちらをご紹介します。
詳細
[18.2] Ultimate UI for WPF 2018 Vol.2 新機能その1 - チャート
  • Blog
先日提供を開始した、Infragistics Ultimate 2018 Vol.2ですが、インフラジスティックスが進めているクロスプラットフォーム戦略に則り、WPFコントロールセットにも新機能が組み込まれています。
詳細