バージョン

チャート注釈レイヤー

目的

このトピックは、利用可能なさまざまなタイプの ホバー 操作レイヤーなど、XamDataChart™ コントロール上で利用できる注釈やホバー操作について概念的な情報を提供します。

前提条件

本トピックの理解を深めるために、以下のトピックを参照することをお勧めします。

トピック 目的

XamDataChart コントロールは、コントロールの DataContext プロパティにマップされるデータ オブジェクト モデルを必要とします。ここでは、簡単なデータ オブジェクト モデルを提供しますが、自分自身で作成し、このサンプル コードの代わりに使用することができます。

このトピックは、XamDataChart コントロールのカテゴリ シリーズのさまざまなタイプを説明します。

概要

ホバー操作のサマリー

ホバー操作は、シリーズ コレクションに追加されるシリーズであるホバー操作レイヤーを介して実装されます。これらのレイヤーはカーソルの位置に依存します。ホバー操作レイヤーを XamDataChart コントロールに追加すると、十字線および/またはヒントのデフォルト ビヘイビアが無効になります (追加されるレイヤーのタイプ)。

デフォルトのビヘイビアーは、ホバー操作レイヤーのカーソルを動かすときの組み込みビヘイビアーと視覚的な機能が似ているため無効にします。しかしこのビヘイビアは上書きし、ホバー操作レイヤーの機能に加えてデフォルトの十字線機能を実行できるようにできます。また、一度に 1 つのツールチップ レイヤーで 1 つのシリーズのみが対象になります。1 つのシリーズで複数のヒントレイヤーを目標にすると、ヒントを使用するホバー操作レイヤーは期待通りに動作しなくなります。これは、シリーズのツールチップは UIElements であり、一度に 1 カ所のみでビジュアル ツリーにアタッチできるという事実によるものです。シリーズに対してツールチップを複数の場所で使用することはできません。 これは、シリーズのツールチップが UIElements であり、ビジュアル ツリーに一度にアタッチできるのが一か所のみであるためです。 シリーズに対してツールチップを複数の場所で使用することはできません。

以下のスクリーンショットは、カテゴリ強調表示レイヤー、十字線レイヤー、および品目ツールチップ レイヤーが実装された XamDataChart コントロールを示しています。

Hover InteractionsOverview 1.png

共通のプロパティ

共通のプロパティおよびメソッドの概要

ホバー操作レイヤーは Series オブジェクトから継承するため、 Series 基本クラスで利用可能な多くのプロパティおよびメソッドを取得します。しかし、 Series クラスからのすべてがホバー操作レイヤーで意味をなすわけではありません。たとえば、ホバー操作レイヤーはマウスと対話するようには設計されておらずヒットでテストできません。従って、マウス関連のイベントは起動されません。

共通のプロパティおよびメソッドの詳細は、共通のプロパティ トピックを参照してください。

レイヤーのタイプ

概要

現在、XamDataChart コントロールで利用可能なホバー操作レイヤーは 5 種類あります。これらのホバー操作レイヤーのそれぞれが、異なる強調表示、ホバーおよびツールチップの操作を個別に、または組み合わせて提供し、強力なホバー操作を実現します。

レイヤーのタイプ

以下の表で、XamDataChart コントロールで利用可能な各レイヤー タイプを簡単に説明します。

レイヤー タイプ 説明

CrosshairLayer は、各ターゲット シリーズの実際の値に一致する十字線を提供します。

Hover InteractionsOverview 2.png

詳細は 十字線レイヤートピックを参照してください。

CategoryHighlightLayer は、XamDataChart コントロール内の 1 つまたはすべてのカテゴリー軸を対象にしています。カーソル位置に最も近い軸のエリアを照らすシェイプを描画します。

Hover InteractionsOverview 3.png

詳細は カテゴリー強調表示レイヤートピックを参照してください。

CategoryItemHighlightLayer レイヤーは、その位置で縞模様シェイプまたはマーカーを描画することによりカテゴリー軸を使用するシリーズ内の品目を強調表示します。

Hover InteractionsOverview 4.png

詳細は カテゴリー品目強調表示レイヤートピックを参照してください。

CategoryToolTipLayer は、カテゴリ軸を使用するシリーズ用にグループ化されたヒントを表示します。

Hover InteractionsOverview 5.png

詳細は カテゴリ ツールチップ レイヤートピックを参照してください。

DataToolTipLayer は、チャートのさまざまなシリーズにマウスを合わせると、XamDataLegend のような視覚化を表示します。

詳細は、データ ツールチップ レイヤー トピックを参照してください。

ItemToolTipLayer は、すべてのターゲット シリーズに対して個別にヒントを表示します。

Hover InteractionsOverview 6.png

詳細は 項目ツールチップレイヤートピックを参照してください。

The FinalValueLayer は、シリーズに表示された最終値の軸に沿った注釈をサポートします。

0

詳細は 最終値レイヤー トピックを参照してください。

The CalloutLayer は X/Y にコールアウト情報を表示します。マスク オーバー操作をする場合、ラベルと追加のコンテンツが表示されます。

CalloutLayer はすべてのシリーズ タイプをサポートします。

0

詳細はコールアウト レイヤー トピックを参照してください。

関連コンテンツ

トピック 目的

このトピックは、ホバー操作機能が、 Series クラスから継承したツールチップの相互作用を強調表示、ホバリングおよび相互作用するために使用するプロパティおよびメソッドについての情報を提供します。

このトピックは、ホバー操作に使用される十字線レイヤーについての情報を提供します。十字線のプロパティについて説明し、実装例を示します。

このトピックは、ホバー操作に使用されるカテゴリ強調表示レイヤーについての情報を提供します。カテゴリ強調表示レイヤーのプロパティについて説明し、実装例を示します。

このトピックは、ホバー操作に使用されるカテゴリ項目強調表示レイヤーについての情報を提供します。カテゴリ項目強調表示レイヤーのプロパティについて説明し、実装例を示します。

このトピックは、ホバー操作に使用されるカテゴリ ツールチップ レイヤーについての情報を提供します。カテゴリ ツールチップ レイヤーのプロパティについて説明し、実装例を提供します。

このトピックは、ホバー操作に使用される項目ツールチップ レイヤーについての情報を提供します。項目ツールチップ レイヤーのプロパティについて説明し、実装例も提供します。