Interface GridType

Grid 型を記述するインターフェイスです。これは本質的にグリッド オブジェクトの設計図です。 グリッドに関連するプロパティとメソッドの定義が含まれます。IGridDataBindable を拡張します。

階層

Hierarchy (view full)

次で実装:

プロパティ

アクセサー

メソッド

プロパティ

_baseFontSize?: number

要素ごとに計算されたデフォルトのフォント サイズです。

_filteredSortedUnpinnedData: any[]
_filteredUnpinnedData: any[]
_totalRecords: number
activeNodeChange: EventEmitter<IActiveNodeChangeEventArgs>
advancedFilteringExpressionsTree: IFilteringExpressionsTree
advancedFilteringExpressionsTreeChange: EventEmitter<IFilteringExpressionsTree>
allowAdvancedFiltering: boolean
allowFiltering: boolean

グリッド内のフィルタリングが有効かどうかを示します。値が true の場合、グリッドをフィルタリングできます。

batchEditing: boolean
batchEditingChange?: EventEmitter<boolean>
calcHeight: number

要素に対して計算された CSS スタイル: calcHeight、calcWidth、outerWidth

calcWidth: number
cascadeOnDelete?: boolean
cdr: ChangeDetectorRef

変更検出機能を提供します。 変更検出ツリーは、変更がチェックされるすべてのビューを収集します。 プロパティは変更できません (読み取り専用)。

cellClick: EventEmitter<IGridCellEventArgs>
cellEdit: EventEmitter<IGridEditEventArgs>
cellEditDone: EventEmitter<IGridEditDoneEventArgs>
cellEditEnter: EventEmitter<IGridEditEventArgs>
cellEditExit: EventEmitter<IGridEditDoneEventArgs>
cellSelection: GridSelectionMode

セルの選択モードを表します: 'none'、'single'、'multiple'、'multipleCascade'

childDataKey?: any
childLayoutKeys?: any[]
childLayoutList?: QueryList<any>
childRow?: any
columnInDrag: any

グリッドの列がドラッグ モードかどうかを示します

columnList: QueryList<ColumnType>

グリッドのすべての列を含む、変更不可能なリストです。

columnMoving: EventEmitter<IColumnMovingEventArgs>
columnMovingEnd: EventEmitter<IColumnMovingEndEventArgs>
columnMovingStart: EventEmitter<IColumnMovingStartEventArgs>
columnPin: EventEmitter<IPinColumnCancellableEventArgs>
columnPinned: EventEmitter<IPinColumnEventArgs>
columnResized: EventEmitter<IColumnResizeEventArgs>
columnSelection: GridSelectionMode

列の選択モードを表します: 'none'、'single'、'multiple'、'multipleCascade'

columnSelectionChanging: EventEmitter<IColumnSelectionEventArgs>
columnVisibilityChanged: EventEmitter<IColumnVisibilityChangedEventArgs>
columnVisibilityChanging: EventEmitter<IColumnVisibilityChangingEventArgs>
columnWidthSetByUser: boolean

列の幅がユーザーによって設定されるか、自動的に構成されるかを示します。

columns: ColumnType[]
contextMenu: EventEmitter<IGridContextMenuEventArgs>
currencyPositionLeft: boolean

通貨記号を値の左側に配置するかどうかを示します。

data: any[]
dataCloneStrategy: IDataCloneStrategy

提供されたデータのクローンを作成するために使用されるストラテジです。この型には、任意のデータ型を受け取るメソッドが 1 つあります。

dataRowList: any
dataView: any[]
dataWithAddedInTransactionRows: any[]
defaultHeaderGroupMinWidth: any

ヘッダーの最小幅です。

defaultRowHeight: number
defaultSummaryHeight: number
disableTransitions: boolean

グリッドのトランジションが無効になっているかどうかを示します。

doubleClick: EventEmitter<IGridCellEventArgs>
dragIndicatorIconBase: any

基本ドラッグ インジケーター アイコンです。任意のタイプを使用できます。

dragIndicatorIconTemplate: any

ドラッグ インジケーター アイコンのテンプレートです。任意のタイプを使用できます。

excelStyleHeaderIconTemplate: TemplateRef<IgxGridHeaderTemplateContext>

ヘッダー アイコンのテンプレートです。 これは TemplateRef 型で、埋め込みビューのインスタンス化に使用される埋め込みテンプレートを表します。

expansionDepth?: number
expansionStates: Map<any, boolean>
filterMode: FilterMode

グリッドのフィルター モード。Excel スタイル フィルターのクイック フィルターにすることができます

filterStrategy: IFilteringStrategy
filteredSortedData: any[]
filtering: EventEmitter<IFilteringEventArgs>
filteringDone: EventEmitter<IFilteringExpressionsTree>
filteringExpressionsTree: IFilteringExpressionsTree
filteringExpressionsTreeChange: EventEmitter<IFilteringExpressionsTree>
filteringLogic: FilteringLogic
filteringPipeTrigger: number
firstEditableColumnIndex: number
flatData?: any[]
foreignKey?: any
formGroupCreated: EventEmitter<IGridFormGroupCreatedEventArgs>
getHeaderCellWidth: ((element) => ISizeInfo)

自動サイズ変更用のヘッダー セルの内側の幅を取得するプロパティです。

Type declaration

グリッドに API メソッドを提供するグリッド サービス タイプを表します。

gridKeydown: EventEmitter<IGridKeydownEventArgs>
groupByRowSelectorTemplate?: TemplateRef<IgxGroupByRowSelectorTemplateContext>

オプション。 グループ行セレクターのテンプレートです。 これは TemplateRef 型で、埋め込みビューのインスタンス化に使用される埋め込みテンプレートを表します。

groupRowTemplate?: TemplateRef<IgxGroupByRowTemplateContext>

オプション。 グループ化行のテンプレートです。 これは TemplateRef 型で、埋め込みビューのインスタンス化に使用される埋め込みテンプレートを表します。

groupStrategy?: IGridGroupingStrategy
groupingExpansionState?: IGroupByExpandState[]
groupingExpressions?: IGroupingExpression[]
groupingExpressionsChange?: EventEmitter<IGroupingExpression[]>
groupingFlatResult?: any[]
groupingMetadata?: any[]
groupingResult?: any[]
groupsExpanded?: boolean
groupsRecords?: IGroupByRecord[]
hasChildrenKey?: any
hasDetails: boolean
hasExpandableChildren?: boolean

オプション。 グリッドに展開可能な子 (階層グリッドおよびツリー グリッド) があるかどうかを示します。

hasPinnedRecords: boolean
hasVisibleColumns: boolean

グリッドに表示される列があるかどうかを示します。

headSelectorBaseAriaLabel: string
headSelectorTemplate: TemplateRef<IgxHeadSelectorTemplateContext>

ヘッダー セレクターのテンプレートです。 これは TemplateRef 型で、埋め込みビューのインスタンス化に使用される埋め込みテンプレートを表します。

headerCollapsedIndicatorTemplate: TemplateRef<IgxGridTemplateContext>

ヘッダーの縮小インジケーターのテンプレートです。 これは TemplateRef 型で、埋め込みビューのインスタンス化に使用される埋め込みテンプレートを表します。

headerExpandedIndicatorTemplate: TemplateRef<IgxGridTemplateContext>

ヘッダーの展開インジケーターのテンプレートです。 これは TemplateRef 型で、埋め込みビューのインスタンス化に使用される埋め込みテンプレートを表します。

headerFeaturesWidth: number
hiddenColumnsCount: number

非表示 (表示されない) の列のみの数を表します。

highlightedRowID?: any
iconTemplate?: TemplateRef<any>

オプション。 グリッド アイコンのテンプレートです。 これは TemplateRef 型で、埋め込みビューのインスタンス化に使用される埋め込みテンプレートを表します。

id: string

グリッドの一意の識別子を表します。

isCellSelectable: boolean

グリッド内でセルが選択可能かどうかを示します。

isLoading: boolean
isMultiRowSelectionEnabled: boolean

グリッド内で複数の行を選択できるかどうかを示します

isPinningToStart: boolean

グリッドの要素がグリッドの先頭にピン固定されているかどうかを示します

isRowPinningToTop: boolean
isRowSelectable: boolean

グリッドの行を選択できるかどうかを示します

lastChildGrid?: GridType
lastEditableColumnIndex: number
lastSearchInfo: ISearchInfo

グリッド内の最後の検索を表します。 これには、検索テキスト (ユーザーが入力)、一致、および検索のいくつかの設定が含まれます。

loadChildrenOnDemand?: ((parentID, done) => void)

Type declaration

    • (parentID, done): void
    • パラメーター

      • parentID: any
      • done: ((children) => void)
          • (children): void
          • パラメーター

            • children: any[]

            返却 void

      返却 void

loadingRows?: Set<any>
locale: string

グリッドのロケールを表します: USDEURGBPCNYJPY など。

localeChange: EventEmitter<boolean>
maxLevelHeaderDepth: number
moving: boolean

グリッドが現在移動状態にあるかどうかを示します。

multiRowLayoutRowSize: number
nativeElement: HTMLElement

ネイティブ HTML 要素自体を表します

navigation: any
outerWidth: number
outlet: any
pagingMode: GridPagingMode

グリッドのページングを表します。'Local' または 'Remote' のいずれかにすることができます。

  • Local: デフォルト値です。グリッドはページに基づいてデータ ソースをページ分割します。
parent?: GridType
parentVirtDir: any
pinnedColumns: ColumnType[]

列の配列ですが、ピン固定されている列のみがカウントされます

pinnedColumnsCount: number

ピン固定された列のみの数を表します。

pinnedRecords: any[]
pinnedRecordsCount: number
pinnedRows: any[]
pinnedWidth: number

ピン固定された要素の幅

グリッド内の列と行のピン固定の構成です。 型は IPinningConfig で、列 (start、end) と行 (top、bottom) の値を持つことができます。

pipeTrigger: number
primaryKey: any

グリッド内の行を識別するために使用される一意の主キーを表します。

processedExpandedFlatData?: any[]
processedRecords?: Map<any, ITreeGridRecord>
processedRootRecords?: ITreeGridRecord[]
rangeSelected: EventEmitter<GridSelectionRange>
records?: Map<any, ITreeGridRecord>
rendered$: Observable<boolean>
renderedRowHeight: number

グリッド内に表示される行の高さ。

resizeNotify: Subject<void>
resourceStrings: IGridResourceStrings
rootGrid?: GridType
rootRecords?: ITreeGridRecord[]
rootSummariesEnabled: boolean
rowAdd: EventEmitter<IRowDataCancelableEventArgs>
rowAdded: EventEmitter<IRowDataEventArgs>
rowAddedNotifier: Subject<IRowDataEventArgs>
rowClick: EventEmitter<IGridRowEventArgs>
rowCollapsedIndicatorTemplate: TemplateRef<IgxGridRowTemplateContext>

縮小された行インジケーターのテンプレートです。 これは TemplateRef 型で、埋め込みビューのインスタンス化に使用される埋め込みテンプレートを表します。

rowDelete: EventEmitter<IRowDataCancelableEventArgs>
rowDeleted: EventEmitter<IRowDataEventArgs>
rowDeletedNotifier: Subject<IRowDataEventArgs>
rowDragEnd: EventEmitter<IRowDragEndEventArgs>
rowDragStart: EventEmitter<IRowDragStartEventArgs>
rowDraggable: boolean

グリッド内の行をドラッグできるかどうかを示します。値が true の場合、行をドラッグできます

rowDragging: boolean

行が現在ドラッグされているかどうかを示します。

rowEdit: EventEmitter<IGridEditEventArgs>
rowEditDone: EventEmitter<IGridEditDoneEventArgs>
rowEditEnter: EventEmitter<IGridEditEventArgs>
rowEditExit: EventEmitter<IGridEditDoneEventArgs>
rowEditTabs: any
rowEditable: boolean

グリッド内の行が編集可能かどうかを示します。値が true の場合、行を編集できます

rowEditingOverlay: IgxToggleDirective
rowExpandedIndicatorTemplate: TemplateRef<IgxGridRowTemplateContext>

展開された行インジケーターのテンプレートです。 これは TemplateRef 型で、埋め込みビューのインスタンス化に使用される埋め込みテンプレートを表します。

rowHeight: number

グリッド内の各行の高さ。一定の高さを設定すると、スクロール時にすべての要素が表示されない問題を解決できます。

rowList: any
rowLoadingIndicatorTemplate?: TemplateRef<any>

オプション。 行読み込みインジケーターのテンプレートです。 これは TemplateRef 型で、埋め込みビューのインスタンス化に使用される埋め込みテンプレートを表します。

rowSelection: GridSelectionMode

行の選択モードを表します: 'none'、'single'、'multiple'、'multipleCascade'

rowSelectionChanging: EventEmitter<IRowSelectionEventArgs>
rowSelectorTemplate: TemplateRef<IgxRowSelectorTemplateContext>

行セレクターのテンプレートです。 これは TemplateRef 型で、埋め込みビューのインスタンス化に使用される埋め込みテンプレートを表します。

rowToggle: EventEmitter<IRowToggleEventArgs>
scrollSize: number
selectRowOnClick: boolean
selected: EventEmitter<IGridCellEventArgs>
selectedCells?: CellType[]
selectedRows: any[]
selectionService: any

グリッド内の選択を処理するサービスです。要素の選択、選択解除

showExpandAll?: boolean

オプション。 縮小されたグリッド要素を展開するかどうかを示します。

showRowSelectors: boolean

行のセレクターが表示されるかどうかを示します

sortAscendingHeaderIconTemplate: TemplateRef<IgxGridHeaderTemplateContext>

昇順ソート ヘッダー アイコンのテンプレートです。 これは TemplateRef 型で、埋め込みビューのインスタンス化に使用される埋め込みテンプレートを表します。

sortDescendingHeaderIconTemplate: TemplateRef<IgxGridHeaderTemplateContext>

降順ソート ヘッダー アイコンのテンプレートです。 これは TemplateRef 型で、埋め込みビューのインスタンス化に使用される埋め込みテンプレートを表します。

sortHeaderIconTemplate: TemplateRef<IgxGridHeaderTemplateContext>

ソート ヘッダー アイコンのテンプレートです。 これは TemplateRef 型で、埋め込みビューのインスタンス化に使用される埋め込みテンプレートを表します。

sortStrategy: IGridSortingStrategy
sortingExpressions: ISortingExpression<any>[]
sortingExpressionsChange: EventEmitter<ISortingExpression<any>[]>
sortingOptions: ISortingOptions
summariesMargin: number

集計の CSS マージン

summariesRowList: any
summaryCalculationMode: GridSummaryCalculationMode

集計の計算モードを表します: 'rootLevelOnly'、'childLevelsOnly'、'rootAndChildLevels'

summaryPipeTrigger: number
summaryPosition: GridSummaryPosition

集計の位置を表します: 'top'、'bottom'

summaryRowHeight: number
tbody: any
toolbarExporting: EventEmitter<IGridToolbarExportEventArgs>
totalRowsCountAfterFilter: number

グリッドのトランザクション サービスを表します。

treeGroupArea?: any
uniqueColumnValuesStrategy: ((column, tree, done) => void)

要求に応じて一意の列値をロードするためのコールバックを提供します。 このプロパティが提供された場合、生成される一意の値は Excel スタイル フィルタリングによって使用されます。

Type declaration

    • (column, tree, done): void
    • パラメーター

      返却 void

unpinnedColumns: ColumnType[]

列の配列ですが、ピン固定されていない列のみをカウントします。

unpinnedRecords: any[]
unpinnedWidth: number

ピン固定されていない要素の幅

updateOnRender?: boolean
validation: IgxGridValidationService

グリッドの検証サービスを表します。この型には、レコードを検証するためのプロパティとメソッド (ロジック) が含まれます

validationStatusChange: EventEmitter<IGridValidationStatusEventArgs>
validationTrigger: GridValidationTrigger

グリッド検証のトリガーです。その値は change または blur

verticalScrollContainer: any
virtualizationState: IForOfState

グリッドの仮想化の状態を表します。所有者、開始インデックス、部分サイズがあります。

visibleColumns: ColumnType[]

列の配列ですが、ビューに表示されている (非表示ではない) 列のみをカウントします。

アクセサー

メソッド