Interface CellType

グリッド内のセルを表すインターフェイスです。これは本質的にセル オブジェクトの設計図です。 セルに関連するプロパティとメソッドの定義が含まれます。

階層

Hierarchy

  • CellType

次で実装:

プロパティ

active: boolean

セルが現在アクティブ (フォーカス済み) かどうかを示します。

cellID?: any

オプション。cellID はセルを識別するために使用される一意のキーです。

column: ColumnType

セルが属する列を表します。

editMode: boolean

セルが現在編集モードであるかどうかを示します。

editValue: any

セルが編集モードのときに表示される値です。

editable: boolean

セルが編集可能かどうかを示します。

grid: GridType

セルを含むグリッド インスタンスを表します。

id?: {
    columnID: number;
    rowID: any;
    rowIndex: number;
}

オプション。セルを識別するオブジェクトです。これには、セルの rowID、columnID、rowIndex が含まれます。

Type declaration

  • columnID: number
  • rowID: any
  • rowIndex: number
nativeElement?: HTMLElement

セル自体のネイティブ HTML 要素を表します。

readonly?: boolean
row: RowType

セルが属する行を表します。

selected: boolean

セルが現在選択されているかどうかを示します。セルが選択されていない場合は false、選択されている場合は true。

title?: any

セルに表示するオプションのタイトルです。

update: ((value) => void)

Type declaration

    • (value): void
    • セルの値を更新するメソッド定義です。

      パラメーター

      • value: any

      返却 void

オプション。セルの検証状態を表すオブジェクトです。 セルが有効か無効か、エラーがあるかどうか。

value: any

セルの現在値です。

visibleColumnIndex?: number

セルが属する列のインデックスです。表示されている (非表示ではない) 列のみをカウントします。

width: string

文字列としてのセルの CSS 幅です。

メソッド

  • オプション。 内容に合わせてセルのサイズを計算するメソッド定義です。 このメソッドを使用すると、最も長い内容を含むセルのサイズを計算し、すべてのセルのサイズをそのサイズに変更できます。

    パラメーター

    • range: any

    返却 number