インターフェイス IPinColumnCancellableEventArgs

列のピン状態が変更される前のイベント引数。 insertAtIndex は、列がピン固定/ピン固定解除された領域のどの位置に挿入されるかを指定します。 columnPin イベントで変更できます。 isPinned は、列の実際のピン状態を返します。ピン固定/ピン固定解除が成功すると、 "-ing" および "-ed" イベントで読み取られたときに、それに応じて isPinned の値が変更されます。

階層

Index

プロパティ

cancel: boolean

イベントをキャンセルする機能を提供します。

column: ColumnType
insertAtIndex: number

ピン固定されている場合は、ピン固定された領域のどの位置に列を挿入するかを指定します。 ピン固定されていない場合、列がピン固定されていない領域のどの位置に挿入されるかを指定します。

isPinned: boolean

列の実際のピン状態を返します。 ピン固定/ピン固定解除が成功すると、"-ing" および "-ed" イベントで読み取られたときに、それに応じて isPinned の値が変更されます。

owner?: any

オーナー コンポーネントへの参照を提供します。