Interface IGridEditDoneEventArgs

グリッド編集の完了に関連するイベント引数を表します。

階層

Hierarchy

プロパティ

cellID?: {
    columnID: any;
    rowID: any;
    rowIndex: number;
}

Type declaration

  • columnID: any
  • rowID: any
  • rowIndex: number
column?: ColumnType

オプション。 編集されたセルの列情報を表します。

event?: Event

オプション。 編集をトリガーした元のイベントを表します。

isAddRow?: boolean

オプション。 編集に新しい行の追加が含まれるかどうかを示します。

newValue?: any

オプション。 編集されたセルに入力されている値を表します。newValue がなくイベントが終了すると、セルの値は oldValue に戻ります。

oldValue: any

編集されたセルの前 (編集前) の値を表します。 イベントが停止または終了したときに使用されます。

owner?: GridType

オプション。 編集イベントを所有するグリッド インスタンスを表します。

primaryKey: any

非推奨

バージョン 17.1.0 以降。 代わりに rowKey を使用してください。

rowData: any

rowData は、編集後 (newValue) の行の更新/コミットされたデータ を表します。 (現在のオブジェクトの) rowData が直接使用される唯一のケースは、rowEditing またはトランザクションが有効になっていない場合です。

rowID: any

非推奨

バージョン 17.1.0 以降。 代わりに rowKey を使用してください。

rowKey: any
valid?: boolean

オプション。 新しい値が有効かどうかを示します。 グリッドを検証するためのメソッドの結果を返すように設定できます。