Ignite UI for Reactのトライアルを開始

このページでは、Ignite UI for Reactが組み込まれたサンプルをダウンロードし、実行する方法をご紹介します。これまでReactを利用したことがない場合は、こちらのサンプルを実行されることをおすすめいたします。

Ignite UI for Reactサンプルをダウンロード

技術的なご質問や機能についてのご質問は、製品ご購入前にご利用いただける30日間の無料トライアルサポートをご活用ください。

注:Ignite UI for Reactは有償コンポーネントのため、商用利用を行う場合は、Ignite UI for JavaScript、Infragistics Professional、Infragistics Ultimteいずれかの有効なライセンスが必要となります。

 
React Components

Reactコンポーネント一覧

コンポーネントを参照
Grids and lists guides for React

このローカルサンプルには製品&APIドキュメントは含まれておりません。オンラインでの公開のみとなります。

オンラインサンプルおよび製品ヘルプ

Ignite UI for Reactサンプル実行に必要となる環境

このIgnite UI for Reactが組み込まれたサンプルを実行するには、下記のツールが必要です。

  • Node.js
  • npm(Node.jsインストール時に同時にインストールが行われます)
  • (任意)コードエディター(Visual Studio Codeを推奨)
Ignite UI for Reactを用いたReactアプリケーション開発においてはコードエディターに制限はございませんが、弊社では、容易に導入できると、Mac/Windows両環境に対応していること、コードエディターおよび、開発環境として優れていることからVisual Studio Codeを推奨のコードエディターといたしております。

サンプルの実行手順

  1. ダウンロードしたZipファイルを任意のフォルダーに解凍します。
  2. Visual Studio Codeを起動し、[ファイル]メニューの[フォルダーを開く]を選択し、解凍したフォルダーを開きます。
  3. [表示]メニューの[統合ターミナル]をクリックし、ターミナルを起動します。
  4. 次のコマンドを実行し、必要なパッケージをインストールします。
    npm install
  5. インストールが終了した後次のコマンド実行し、サンプルを起動します。
    npm start
  6. ブラウザーが自動的に開きサンプルが起動します。
Reactプロジェクトへの組み込み方法については、下記のドキュメントをご覧ください。
Reactプロジェクトへの組み込み方法
サンプルの実行やプロジェクトへの組み込みに問題がある場合は、技術サポートまでお問い合わせください。
技術サポートへのお問い合わせについて