バージョン

xamTileManager をアプリケーションに追加

始める前に

レイアウト コンテナーを使用し、レイアウト コンテナーの Children コレクションにコントロールを追加して、xamTileManager をページに追加することができます。

達成すること

xamTileManager をページに追加します。完成したプロジェクトを実行すると、以下のスクリーンショットのような xamTileManager がページに表示されます。

xamTilesControl Adding xamTilesControl to Your Application 01.png

次の手順を実行します

  1. WPF プロジェクトを作成します。

  2. ソリューション エクスプローラーで次の参照を追加します。

    • InfragisticsWPF4.v21.1.dll

    • InfragisticsWPF4.Controls.Layouts.XamTileManager.v21.1.dll

  1. コード ビハインドに using/Imports のディレクティブを配置するか、または xamTileManager の XML 名前空間定義を追加します。

XAML の場合:

xmlns:ig="http://schemas.infragistics.com/xaml"

Visual Basic の場合:

Imports Infragistics.Controls.Layouts

C# の場合:

using Infragistics.Controls.Layouts;
  1. Page でデフォルトの Grid レイアウト パネルに名前を付け、コード ビハインドでそれを参照できます。

XAML の場合:

<Grid Name="LayoutRoot">
</Grid>
  1. xamTileManager のインスタンスをデフォルトの Grid レイアウト パネルに追加します。プロシージャ コードでこれを行う場合、Page Loaded イベントを処理し、イベント ハンドラーにこのコードを配置することができます。

XAML の場合:

<ig:XamTileManager Name="xamTileManager1">
    <!--TODO: ここに XamTile オブジェクトを追加します-->
</ig:XamTileManager>

Visual Basic の場合:

Dim xamTileManager1 As XamTileManager
Private Sub Loaded(ByVal sender As Object, ByVal e As RoutedEventArgs)
    xamTileManager1 = New XamTileManager()
    Me.LayoutRoot.Children.Add(xamTileManager1)
    ' TODO: XamTile オブジェクトを xamTileManager に追加します。
End Sub

C# の場合:

private XamTileManager xamTileManager1;
private void Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    xamTileManager1 = new XamTileManager();
    this.LayoutRoot.Children.Add(xamTileManager1);
    // TODO: XamTile オブジェクトを xamTileManager に追加します。
}
  1. XamTile オブジェクトをxamTileManager の Items コレクションに追加します。

    1. Header プロパティを「Tile 1」に設定します。

    2. Content プロパティを「Content Area」に設定します。

XAML の場合:

<ig:XamTile Header="Tile 1" Content="Content Area" />

Visual Basic の場合:

Dim tile1 As New XamTile With _
    {.Header = "Tile 1", .Content = "Content Area"}
Me.xamTileManager1.Items.Add(tile1)

C# の場合:

XamTile tile1 = new XamTile
{
    Header = "Tile 1",
    Content = "Content Area"
};
this.xamTileManager1.Items.Add(tile1);
  1. 2 番目の XamTile オブジェクトを xamTileManager の Items コレクションに追加します。

    1. Header プロパティを「Tile 2」に設定します。

    2. Content プロパティを "Content Area" に設定します。

XAML の場合:

<ig:XamTile Header="Tile 2" Content="Content Area" />

Visual Basic の場合:

Dim tile2 As New XamTile With _
    {.Header = "Tile 2", .Content = "Content Area"}
Me.xamTileManager1.Items.Add(tile2)

C# の場合:

XamTile tile2 = new XamTile
{
    Header = "Tile 2",
    Content = "Content Area"
};
this.xamTileManager1.Items.Add(tile2);
  1. プロジェクトを実行します。