要求したバージョンは利用できません。ヘルプの最新バージョンにリダイレクトしました。
バージョン

UltraCalendarLook クラス

UltraScheduleコントロールのAppearance情報を管理します。
シンタックス
'宣言
 
Public Class UltraCalendarLook 
   Inherits System.ComponentModel.Component
public class UltraCalendarLook : System.ComponentModel.Component 
解説

UltraCalendarLook コンポーネントは、すべての UltraSchedule コントロールによって参照できる 1 つのコンポーネントに UltraSchedule コントロールの Infragistics.Win.Appearance 情報を集中管理します (UltraScheduleControlBase.CalendarLook)。これによって、コントロールは同じ外観情報を共有し、各コントロールでプロパティを変更することなく、すべてのコントロールで統一の外観を提供することが可能となります。

コンポーネントは、日付に一般的な外観情報を適用するためのコレクション (MonthsOfYearLookDaysOfWeekLook など) を公開します。外観情報を特定の日付に適用することも可能です。

たとえば、毎年12月のすべての日の背景色を変更するには、次の構文を使用します。

[C#]

this.ultraCalendarLook1.MonthsOfYearLook[12].DayAppearance.BackColor = Color.Red;

[VB]

Me.UltraCalendarLook1.MonthsOfYearLook(12).DayAppearance.BackColor = Color.Red

より個別性の高いオブジェクトの設定の方が優先するため、2001 年 12 月のすべての日の背景色を変更にしたい場合は次の構文を使用します。

[C#]

this.ultraCalendarLook1.GetMonthLook(12, 2001).DayAppearance.BackColor = Color.Blue;

[VB]

Me.UltraCalendarLook1.GetMonthLook(12, 2001).DayAppearance.BackColor = Color.Blue

コンポーネントはオブジェクトの選択された外観を制御する Appearance プロパティも含まれます (たとえば、SelectedDayAppearanceSelectedAppointmentAppearance など)。

UltraSchedule コントロールの UltraScheduleControlBase.CalendarLook プロパティが UltraCalendarLook のインスタンスに明示的に設定されていない場合、いずれかがランタイムに作成されます。その時点で、UltraCalendarLook のそのインスタンスをリスニングしている UltraSchedule コントロールは他にないため、UltraScheduleControlBase.CalendarLook プロパティを介して行った変更は、その特定のコントロールのみに影響を与えます。コントロールの間で Appearance 情報を共有するには、フォーム上に UltraCalendarLook のインスタンスを配置し、そのコンポーネントに UltraScheduleControlBase.CalendarLook プロパティを設定します。

参照