インフラジスティックス、モダンアプリケーション開発セミナー
"Distinct" の開催を発表

モダン アプリケーション開発を成功に導くための進化とそのアプローチ

デザイン、開発、コラボレーションを推進するツールやソリューションの世界的なリーダーであるインフラジスティックスの日本法人、インフラジスティックス・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:東 賢、以下インフラジスティックス・ジャパン)は、2018 年 6 月 26 日 (火) にモダン アプリケーション開発を成功に導くための進化とそのアプローチを紹介する開発セミナー「Distinct (ディスティンクト)」を開催することを発表します。

ここ数年のアプリケーション開発を取り巻く環境の変化はとどまることを知りません。ユーザーのニーズが多様化した現在、初期リリースでユーザーが求める要件に対する最適解を完全に満たすことは不可能ともいえます。そのため、リリースのスピードを速め、ユーザーのフィードバックを得ながら開発を進めていく DevOps の重要性が叫ばれています。開発組織にとっては、生き残るためにこれまでの開発アプローチを柔軟に進化、変革させる必要に迫られています。

このような情勢の中で、現在、多くの関心が、クラウド、AI、サーバーサイドロジックに向けられています。しかし、最終的にユーザーの目に実際に触れるのはアプリケーションであり、そのユーザーインターフェース (UI) です。いくら早くリリースできる状態になったとしても、ユーザーにとって受け入れられるものでなければ成功とは言えません。

このセミナーでは、モダンアプリケーション開発を成功に導くために押さえておきたい開発ツール、フレームワーク、差別化要因となる UI の実現方法について、様々な立場のスペシャリストに知見を共有いただきます。

セミナーの詳細、登録に関してはイベントページをご確認ください。

■インフラジスティックスについて

インフラジスティックスは、アプリケーションの設計と開発、データの可視化と分析、コラボレーションを促進させるツールやソリューションを世界的なマーケットリーダーとして提供しています。その中でも、インフラジスティックスが提供する企業向け開発ツール製品「Infragistics Ultimate」は全世界において 200 万人以上の開発者が利用しています。この開発ツール製品を使用することで、開発者はクラウド、Web、Windows、iOS、Android などさまざまなプラットフォームでアプリケーション開発を行ったり、素晴らしいユーザー エクスペリエンスを実現するためのプロトタイプを高速に構築したりできます。さらに、「ReportPlus」、「SharePlus」に代表されるエンタープライズモビリティー製品では、ビジネス ユーザー向けにデータの可視化や分析、コラボレーション機能を提供しています。

インフラジスティックスは常にお客様のことを第一に考え、また、多くのお客様に支えられ発展し続けております。インフラジスティックス・ジャパンの会社情報、製品情報については http://jp.infragistics.com をご覧いただくか、下記問い合わせ先までご連絡ください。

■問い合わせ先

 

インフラジスティックス・ジャパン株式会社
マーケティング
E-mail JapanPR@infragistics.com
TEL: 03 (6892) 8034 (代表)
FAX: 03 (6892) 1475


©Copyright 2000-2018 Infragistics, Inc. All Rights Reserved. Infragistics は Infragistics, Inc. の登録商標であり、アメリカ合衆国および日本において登録されています。その他のすべての製品、ロゴやブランド名はサービ スマーク、商標、または登録商標であり、それぞれの所有者に帰属します。