AngularアプリケーションをIE11で動作させる場合の注意点

 

AngularにおけるIE11サポートについて

Angularは、Webプラットフォームにおける新しい技術を用いて構築されています。IE11などのレガシーブラウザーもサポートしていますが、Angularアプリケーションの実行にはポリフィルと呼ばれるIE11では対応していない機能を補完する設定が必要となります。

Angular 公式サイト – ブラウザーサポート

Angular CLIを用いた場合は、polyfills.ts ファイルの以下の箇所をコメントアウトします。

/** IE9, IE10 and IE11 requires all of the following polyfills. **/ 
import 'core-js/es6/symbol'; 
import 'core-js/es6/object'; 
import 'core-js/es6/function'; 
import 'core-js/es6/parse-int'; 
import 'core-js/es6/parse-float'; 
import 'core-js/es6/number'; 
import 'core-js/es6/math'; 
import 'core-js/es6/string'; 
import 'core-js/es6/date'; 
import 'core-js/es6/array'; 
import 'core-js/es6/regexp'; 
import 'core-js/es6/map'; 
import 'core-js/es6/weak-map'; 
import 'core-js/es6/set'; 

Ignite UI for AngularをIE11で利用する際の注意点

上記に加え、バージョン6.1.3以降のデータグリッドをIE11でご利用いただく場合は、ES7ポリフィルの設定を追加いただく必要があります。下記のコードをigx-gridを使用するコンポーネント、あるいは、モジュールに組み込んでください。

 import 'core-js/es7/object'; 

GitHub – Ignite UI for Angular – 6.1.3 リリースノート

インフラジスティックスのIE11サポートについて

インフラジスティックスは多くのお客様がIE11をはじめとしたレガシーブラウザーを現在もご利用されていることを認識いたしております。今後のサポートについては、お客様、市場における利用率、ブラウザー提供元のサポート状況を注視した上で対応を決定いたします。

ただし、Web技術はここ数年例がないほど短いスパンで進化しているため、競争力を確保するためにもモダンブラウザーへの移行を強くお勧めいたします。

参考情報:

インフラジスティックス - サポート環境
日本マイクロソフト株式会社 – Internet Explorer サポートチーム Blog

ご不明な点がございましたら弊社開発サポートまでご連絡ください。

サポートへのお問い合わせ

Angular

開発サポートチームがIgnite UI for Angularの使用方法についてご支援させていただきます。トライアル期間中もお問い合わせいただけますのでお気軽にご利用ください。

開発サポートへのお問い合わせ例