クラス IgxPivotGridComponent

Pivot Grid は、ピボット テーブル ビューでデータを表示および操作する方法を提供します。

igxmodule

IgxPivotGridModule

igxgroup

グリッド & リスト

igxkeywords

pivot, grid, table

igxtheme

igx-grid-theme

備考:

Ignite UI Pivot Grid は、シンプルなフラット データをグループ化してピボット テーブルに集計するために使用されます。 データがバインドされ、ディメンションと値が構成されると、ソートとフィルタリングによって操作できます。

例:
<igx-pivot-grid [data]="data" [pivotConfiguration]="configuration">
</igx-pivot-grid>

階層

実装

  • OnInit
  • AfterContentInit
  • GridType
  • AfterViewInit

Index

コンストラクタ

プロパティ

アクセサー

メソッド

コンストラクタ

  • new IgxPivotGridComponent(selectionService: IgxGridSelectionService, colResizingService: IgxPivotColumnResizingService, gridAPI: GridBaseAPIService<IgxGridBaseDirective & GridType>, transactionFactory: IgxFlatTransactionFactory, elementRef: ElementRef<HTMLElement>, zone: NgZone, document: any, cdr: ChangeDetectorRef, resolver: ComponentFactoryResolver, differs: IterableDiffers, viewRef: ViewContainerRef, appRef: ApplicationRef, moduleRef: NgModuleRef<any>, injector: Injector, navigation: IgxPivotGridNavigationService, filteringService: IgxFilteringService, overlayService: IgxOverlayService, summaryService: IgxGridSummaryService, _displayDensityOptions: IDisplayDensityOptions, localeId: string, platform: PlatformUtil, _diTransactions?: TransactionService<Transaction, State>): IgxPivotGridComponent

プロパティ

activeNodeChange: EventEmitter<IActiveNodeChangeEventArgs> = ...

アクティブなノードが変更されたときに発生します。

例:
<igx-grid [data]="data" [autoGenerate]="true" (activeNodeChange)="activeNodeChange($event)"></igx-grid>
advancedFilteringExpressionsTreeChange: EventEmitter<IFilteringExpressionsTree> = ...

高度フィルタリングが実行された後に発生します。

備考:

高度フィルタリング式ツリーを返します。

例:
<igx-grid #grid [data]="localData" [height]="'305px'" [autoGenerate]="true"
(advancedFilteringExpressionsTreeChange)="advancedFilteringExprTreeChange($event)"></igx-grid>
cdr: ChangeDetectorRef
cellClick: EventEmitter<IGridCellEventArgs> = ...

セルがクリックされたときに発生します。

備考:

IgxGridCell を返します。

例:
<igx-grid #grid (cellClick)="cellClick($event)" [data]="localData" [height]="'305px'" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
clipboardOptions: { copyFormatters: boolean; copyHeaders: boolean; enabled: boolean; separator: string } = ...

グリッドのコピー動作を制御します。

Type declaration

  • copyFormatters: boolean

    Apply the columns formatters (if any) on the data in the clipboard output.

  • copyHeaders: boolean

    Include the columns headers in the clipboard output.

  • enabled: boolean

    Enables/disables the copy behavior

  • separator: string

    The separator used for formatting the copy output. Defaults to \t.

colResizingService: IgxPivotColumnResizingService
columnGroupStates: Map<string, boolean> = ...
columnInit: EventEmitter<IgxColumnComponent> = ...

列が初期化されるときに発生します。

備考:

列オブジェクトを返します。

例:
<igx-grid #grid [data]="localData" (columnInit)="initColumns($event)" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
columnResized: EventEmitter<IColumnResizeEventArgs> = ...

列のサイズが変更された後に発生します。

備考:

IgxColumnComponent オブジェクトの古い幅および新しい幅を返します。

例:
<igx-grid #grid [data]="localData" (columnResized)="resizing($event)" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
columnSelectionChanging: EventEmitter<IColumnSelectionEventArgs> = ...

IgxColumnComponent が選択されたときに発生します。

例:
<igx-grid #grid (columnSelectionChanging)="columnSelectionChanging($event)" [data]="localData" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
columnVisibilityChanged: EventEmitter<IColumnVisibilityChangedEventArgs> = ...

列の表示状態が変更された後に発生します。

備考:

引数: { column: IgxColumnComponent, newValue: boolean }

例:
<igx-grid (columnVisibilityChanged)="visibilityChanged($event)"></igx-grid>
columnVisibilityChanging: EventEmitter<IColumnVisibilityChangingEventArgs> = ...

列の表示状態が変更される前に発生します。

備考:

引数: { column: any, newValue: boolean }

例:
<igx-grid (columnVisibilityChanging)="visibilityChanging($event)"></igx-grid>
contextMenu: EventEmitter<IGridCellEventArgs> = ...

セルが右クリックされたときに発生されます。

備考:

IgxGridCell オブジェクトを返します。

<igx-grid #grid [data]="localData" (contextMenu)="contextMenu($event)" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
dataChanged: EventEmitter<any> = ...

データ操作、再バインドなどのためにグリッドのデータ ビューが変更された後に発生します。

例:
 <igx-grid #grid [data]="localData" [autoGenerate]="true" (dataChanged)='handleDataChangedEvent()'></igx-grid>
dataChanging: EventEmitter<IForOfDataChangingEventArgs> = ...

データ操作、再バインドなどのためにグリッドのデータ ビューが変更される前に発生します。

例:
 <igx-grid #grid [data]="localData" [autoGenerate]="true" (dataChanging)='handleDataChangingEvent()'></igx-grid>
dimensionDataColumns: any
dimensionsChange: EventEmitter<IDimensionsChange> = ...

グリッド チップ領域によってディメンション コレクションが変更されたときに発生します。

備考:

新しいディメンション コレクションとそのタイプを返します。

例:
<igx-pivot-grid #grid [data]="localData" [height]="'305px'"
(dimensionsChange)="dimensionsChange($event)"></igx-grid>
dimensionsSortingExpressionsChange: EventEmitter<ISortingExpression[]> = ...

ディメンションがソートされたときに発生します。

例:
<igx-pivot-grid #grid [data]="localData" [height]="'305px'"
(dimensionsSortingExpressionsChange)="dimensionsSortingExpressionsChange($event)"></igx-pivot-grid>
document: any
doubleClick: EventEmitter<IGridCellEventArgs> = ...

セルがダブルクリックされたときに発生されます。

備考:

IgxGridCell オブジェクトを返します。

例:
<igx-grid #grid [data]="localData" (doubleClick)="dblClick($event)" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
emptyFilteredGridTemplate: TemplateRef<any>

フィルターされたグリッドが空の場合に表示されるテンプレートのテンプレート参照。

例:
const emptyTempalte = this.grid.emptyGridTemplate;
emptyGridDefaultTemplate: TemplateRef<any>

グリッドが空の場合に表示されるテンプレートのテンプレート参照。

例:
const emptyTempalte = this.grid.emptyGridTemplate;
emptyGridTemplate: TemplateRef<any>

空の場合のカスタムテンプレートを取得または設定します。

例:
<igx-grid [id]="'igx-grid-1'" [data]="Data" [emptyGridTemplate]="myTemplate" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
emptyPivotGridTemplate: TemplateRef<any>

ピボット グリッドが空の場合にカスタム テンプレートを取得または設定します。

例:
<igx-pivot-grid [emptyPivotGridTemplate]="myTemplate"><igx-pivot-grid>
evenRowCSS: string = 'igx-grid__tr--even'
非推奨

バージョン 12.2.0。代わりに rowClasses プロパティを使用することをお勧めします。 グリッドですべての偶数の IgxGridRowComponent に適用されるスタイル クラスを取得または設定します。

例:
<igx-grid #grid [data]="Data" [evenRowCSS]="'igx-grid--my-even-class'" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
excelStyleHeaderIconTemplate: TemplateRef<any> = null

行展開インジケーターをレンダリングするときに使用する必要があるカスタムテンプレート (存在する場合)。

filtering: EventEmitter<IFilteringEventArgs> = ...

フィルタリング式が適用される前に発生されます。

備考:

IFilteringEventArgs オブジェクトを返します。filteringExpressions キーは、列のフィルタリング式を保持します。

例:
<igx-grid #grid [data]="localData" [height]="'305px'" [autoGenerate]="true" (filtering)="filtering($event)"></igx-grid>
filteringDone: EventEmitter<IFilteringExpressionsTree> = ...

UI を介してフィルタリングが実行された後に発生します。

備考:

フィルターされた列のフィルタリング式ツリーを返します。

例:
<igx-grid #grid [data]="localData" [height]="'305px'" [autoGenerate]="true" (filteringDone)="filteringDone($event)"></igx-grid>
filteringExpressionsTreeChange: EventEmitter<IFilteringExpressionsTree> = ...

フィルタリングが UI で実行された後に発生されます。

備考:

フィルターされた列のフィルタリング式ツリーを返します。

例:
<igx-grid #grid [data]="localData" [height]="'305px'" [autoGenerate]="true"
(filteringExpressionsTreeChange)="filteringExprTreeChange($event)"></igx-grid>
filteringService: IgxFilteringService
gridAPI: GridServiceType
gridCopy: EventEmitter<IGridClipboardEvent> = ...

コピー操作が実行されたときに発生します。

備考:

[clipboardOptions]{@link IgxGridBaseDirective#clipboardOptions} でコピー動作が有効になっている場合にのみ発生します。

gridKeydown: EventEmitter<IGridKeydownEventArgs> = ...

グリッドの内の要素に対してキーダウンがトリガーされたときに発生します。

備考:

このイベントは、グリッドでキーの組み合わせがサポートされている場合にのみ発生します。 ターゲット タイプ、ターゲット オブジェクト、および元のイベントを返します。このイベントはキャンセルできます。

例:
 <igx-grid (gridKeydown)="customKeydown($event)"></igx-grid>
gridScroll: EventEmitter<IGridScrollEventArgs> = ...

グリッドが水平/垂直にスクロールされるときに発生します。

例:
<igx-grid #grid [data]="localData" [height]="'305px'" [autoGenerate]="true"
(gridScroll)="onScroll($event)"></igx-grid>
headerCollapseIndicatorTemplate: TemplateRef<any> = null

ヘッダー折りたたみインジケーターをレンダリングするときに使用する必要があるカスタムテンプレート (存在する場合)。

headerExpandIndicatorTemplate: TemplateRef<any> = null

ヘッダー展開インジケーターをレンダリングするときに使用する必要があるカスタムテンプレート (存在する場合)。

isPivot: boolean = true
loadingGridTemplate: TemplateRef<any>

読み込み時のカスタムテンプレートを取得または設定します。

例:
<igx-grid [id]="'igx-grid-1'" [data]="Data" [loadingGridTemplate]="myTemplate" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
navigation: IgxGridNavigationService
oddRowCSS: string = 'igx-grid__tr--odd'
非推奨

バージョン 12.2.0。代わりに rowClasses プロパティを使用することをお勧めします。 グリッドですべての奇数の IgxGridRowComponent に適用されるスタイル クラスを取得または設定します。

例:
<igx-grid #grid [data]="Data" [evenRowCSS]="'igx-grid--my-odd-class'" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
onDensityChanged: EventEmitter<IDensityChangedEventArgs> = ...
primaryKey: any

プライマリ キーを取得または設定します。

例:
<igx-grid #grid [data]="localData" [primaryKey]="'ProductID'" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
rangeSelected: EventEmitter<GridSelectionRange> = ...

範囲選択を行ったときに発生します。

備考:

範囲選択がドラッグ選択またはキーボード選択による行います。

rendered: EventEmitter<boolean> = ...

ngAfterViewInit の後に発生します。この時点で、グリッドは DOM に存在します。

rowClasses: any

グリッドの行要素に条件付きクラス セレクターを設定します。 キーと値のペアを含むオブジェクト リテラルを受け取ります。 キーは CSS クラスの名前です。 値はブール値を返すコールバック関数またはブール値です。例:

callback = (row: RowType) => { return row.selected > 6; }
rowClasses = { 'className' : this.callback };
<igx-grid #grid [data]="Data" [rowClasses] = "rowClasses" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
次のメンバー:

IgxColumnComponent

rowCollapsedIndicatorTemplate: TemplateRef<any> = null

行折りたたみインジケーターをレンダリングするときに使用する必要があるカスタムテンプレート (存在する場合)。

rowExpandedIndicatorTemplate: TemplateRef<any> = null

行展開インジケーターをレンダリングするときに使用する必要があるカスタムテンプレート (存在する場合)。

rowSelectionChanging: EventEmitter<IRowSelectionEventArgs> = ...

IgxGridCellComponent が選択されたときに発生します。

例:
<igx-grid #grid (rowSelectionChanging)="rowSelectionChanging($event)" [data]="localData" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
rowStyles: any = null

グリッドの行要素に条件付きスタイル プロパティを設定します。 キーがスタイル プロパティであり、 値が評価用の式であるオブジェクト リテラルを受け入れます。

styles = {
background: 'yellow',
color: (row: RowType) => row.selected : 'red': 'white'
}
<igx-grid #grid [data]="Data" [rowStyles]="styles" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
次のメンバー:

IgxColumnComponent

rowToggle: EventEmitter<IRowToggleEventArgs> = ...

行の展開状態が変更されているときに呼び出されます。

例:
<igx-grid [data]="employeeData" (rowToggle)="rowToggle($event)" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
selected: EventEmitter<IGridCellEventArgs> = ...

セルが選択されたときに発生発生します。

備考:

IgxGridCell を返します。

例:
<igx-grid #grid (selected)="onCellSelect($event)" [data]="localData" [height]="'305px'" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
selectionService: IgxGridSelectionService
showPivotConfigurationUI: boolean = true
sortAscendingHeaderIconTemplate: TemplateRef<any> = null

列が昇順でソートされている場合にヘッダー ソート インジケーターを描画するときに使用するカスタムテンプレート (存在する場合)。

sortDescendingHeaderIconTemplate: TemplateRef<any> = null

列が降順でソートされている場合にヘッダー ソート インジケーターを描画するときに使用するカスタムテンプレート (存在する場合)。

sortHeaderIconTemplate: TemplateRef<any> = null

列がソートされていないと場合にヘッダー ソート インジケーターを描画するときに使用するカスタムテンプレート (存在する場合)。

sorting: EventEmitter<ISortingEventArgs> = ...

ソート式が適用される前に発生されます。

備考:

ISortingEventArgs オブジェクトを返します。sortingExpressions キーは、ソート式を保持します。

例:
<igx-grid #grid [data]="localData" [autoGenerate]="true" (sorting)="sorting($event)"></igx-grid>
sortingDone: EventEmitter<ISortingExpression | ISortingExpression[]> = ...

ソートが完了した後に発生します。

備考:

ソート式を返します。

例:
<igx-grid #grid [data]="localData" [autoGenerate]="true" (sortingDone)="sortingDone($event)"></igx-grid>
sortingExpressionsChange: EventEmitter<ISortingExpression[]> = ...

ソートが UI で実行された前に発生されます。

備考:

ソート式を返します。

例:
<igx-grid #grid [data]="localData" [autoGenerate]="true" (sortingExpressionsChange)="sortingExprChange($event)"></igx-grid>
summaryService: IgxGridSummaryService
uniqueColumnValuesStrategy: ((column: ColumnType, filteringExpressionsTree: IFilteringExpressionsTree, done: ((values: any[]) => void)) => void)

Type declaration

    • Excel スタイル フィルタリングによって使用される一意の値戦略を取得または設定します。

      備考:

      要求に応じて一意の列値をロードするためのコールバックを提供します。 このプロパティが提供された場合、生成される一意の値は Excel スタイル フィルタリングによって使用されます。

      例:
      <igx-grid [data]="localData" [filterMode]="'excelStyleFilter'" [uniqueColumnValuesStrategy]="columnValuesStrategy"></igx-grid>
      

      パラメーター

      • column: ColumnType
      • filteringExpressionsTree: IFilteringExpressionsTree
      • done: ((values: any[]) => void)
          • (values: any[]): void
          • パラメーター

            • values: any[]

            返却 void

      返却 void

valuesChange: EventEmitter<IValuesChange> = ...

値コレクションがグリッド チップ領域によって変更されたときに発生します。

備考:

新しいディメンションを返します。

例:
<igx-pivot-grid #grid [data]="localData" [height]="'305px'"
(valuesChange)="valuesChange($event)"></igx-grid>

アクセサー

  • get activeDescendant(): string
  • get bannerClass(): string
  • get columnWidth(): string
  • set columnWidth(value: string): void
  • get data(): any[]
  • set data(value: any[]): void
  • get dataRowList(): QueryList<IgxRowDirective>
  • get dataView(): any[]
  • グリッドに現在表示されている、ページング/フィルター/ソート/グループ化/ピン固定/固定解除が適用された行データを返します。

    例:
         const dataView = this.grid.dataView;
    

    返却 any[]

  • get defaultExpandState(): boolean
  • set defaultExpandState(val: boolean): void
  • get defaultHeaderGroupMinWidth(): number
  • IgxGridHeaderGroupComponent の最小許容幅を返します。

    備考:

    ヘッダー グループ コンポーネントの幅を制限するために内部で使用されます。 以下の値は、ヘッダーセルのデフォルトの右/左パディング値に基づいています。

    返却 number

  • get defaultRowHeight(): number
  • コンポーネントのテーマを返します。 デフォルト テーマは comfortable です。 利用可能なオプションは comfortablecosy、および compact です。

    備考:

    superCompactMode が有効なときに設定した場合、効果はありません。

    let componentTheme = this.component.displayDensity;
    

    返却 DisplayDensity

  • コンポーネントのテーマを設定します。

    備考:

    superCompactMode が有効なときに設定した場合、効果はありません。

    let componentTheme = this.component.displayDensity;
    

    パラメーター

    返却 void

  • get emptyFilteredGridMessage(): string
  • set emptyFilteredGridMessage(value: string): void
  • グリッドがフィルターされ、レコードがない場合に表示されるメッセージを取得または設定します。

    例:
    <igx-grid #grid [data]="Data" [emptyGridMessage]="'The grid is empty'" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
    

    返却 string

  • グリッドがフィルターされ、レコードがない場合に表示されるメッセージを取得または設定します。

    例:
    <igx-grid #grid [data]="Data" [emptyGridMessage]="'The grid is empty'" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
    

    パラメーター

    • value: string

    返却 void

  • get emptyGridMessage(): string
  • set emptyGridMessage(value: string): void
  • レコードがない場合に表示されるメッセージを取得または設定します。

    例:
    <igx-grid #grid [data]="Data" [emptyGridMessage]="'The grid is empty'" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
    

    返却 string

  • レコードがない場合に表示されるメッセージを取得または設定します。

    例:
    <igx-grid #grid [data]="Data" [emptyGridMessage]="'The grid is empty'" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
    

    パラメーター

    • value: string

    返却 void

  • get expansionStates(): Map<any, boolean>
  • set expansionStates(value: Map<any, boolean>): void
  • キーと値のペア [行 Id、展開状態] のリストを取得または設定します。

    備考:

    デフォルト状態に異なる状態のみ含まれます。 双方向バインディングをサポートします。

    例:
    <igx-grid #grid [data]="data" [(expansionStates)]="model.expansionStates">
    </igx-grid>

    返却 Map<any, boolean>

  • キーと値のペア [行 Id、展開状態] のリストを取得または設定します。

    備考:

    デフォルト状態に異なる状態のみ含まれます。 双方向バインディングをサポートします。

    例:
    <igx-grid #grid [data]="data" [(expansionStates)]="model.expansionStates">
    </igx-grid>

    パラメーター

    • value: Map<any, boolean>

    返却 void

  • get filterCellList(): IgxGridFilteringCellComponent[]
  • get filteredData(): any
  • set filteredData(value: any): void
  • get filteredSortedData(): any[]
  • フィルタリング状態を取得または設定します。

    例:
    <igx-grid #grid [data]="Data" [autoGenerate]="true" [(filteringExpressionsTree)]="model.filteringExpressions"></igx-grid>
    
    備考:

    双方向バインディングをサポートします。

    返却 IFilteringExpressionsTree

  • フィルタリング状態を取得または設定します。

    例:
    <igx-grid #grid [data]="Data" [autoGenerate]="true" [(filteringExpressionsTree)]="model.filteringExpressions"></igx-grid>
    
    備考:

    双方向バインディングをサポートします。

    パラメーター

    返却 void

  • get filteringRow(): IgxGridFilteringRowComponent
  • get hasColumnGroups(): boolean
  • get hasColumnLayouts(): boolean
  • IgxGridComponent が複数行レイアウト定義用の列レイアウトを持っているかどうかを返します。

    例:
    const layoutGrid = this.grid.hasColumnLayouts;
    

    返却 boolean

  • get hasFilterableColumns(): boolean
  • get hasSortableColumns(): boolean
  • get headerCellList(): IgxGridHeaderComponent[]
  • get headerDragContainer(): ElementRef<HTMLElement>
  • get headerGroupContainer(): ElementRef<HTMLElement>
  • get headerGroups(): IgxGridHeaderGroupComponent[]
  • get headerGroupsList(): IgxGridHeaderGroupComponent[]
  • get headerSelectorContainer(): ElementRef<HTMLElement>
  • get headerWidth(): number
  • get height(): string
  • set height(value: string): void
  • get id(): string
  • set id(value: string): void
  • get isLoading(): boolean
  • set isLoading(value: boolean): void
  • グリッドは読み込みインジケータを表すかどうかを取得または設定します。

    例:
    <igx-grid #grid [data]="Data" [isLoading]="true" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
    

    返却 boolean

  • グリッドは読み込みインジケータを表すかどうかを取得または設定します。

    例:
    <igx-grid #grid [data]="Data" [isLoading]="true" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
    

    パラメーター

    • value: boolean

    返却 void

  • get locale(): string
  • set locale(value: string): void
  • get nativeElement(): HTMLElement
  • グリッドのオーバーレイをアタッチするアウトレットを取得または設定します。

    備考:

    設定されている場合、グリッドの外側で定義されたアウトレットを返します。それ以外の場合、グリッド内部のアウトレット ディレクティブを返します。

    返却 IgxOverlayOutletDirective

  • グリッドのオーバーレイをアタッチするアウトレットを取得または設定します。

    備考:

    設定されている場合、グリッドの外側で定義されたアウトレットを返します。それ以外の場合、グリッド内部のアウトレット ディレクティブを返します。

    パラメーター

    返却 void

  • get pivotKeys(): { aggregations: string; children: string; columnDimensionSeparator: string; level: string; records: string; rowDimensionSeparator: string }
  • get rowHeight(): any
  • set rowHeight(value: any): void
  • get rowList(): QueryList<IgxRowDirective>
  • 行選択モードを取得または設定します。

    備考:

    デフォルトで行選択モードは 'none' です。 注: IgxGrid および IgxHierarchicalGrid では、'multipleCascade' は 'multiple' のように動作します。

    返却 GridSelectionMode

  • 行選択モードを取得または設定します。

    備考:

    デフォルトで行選択モードは 'none' です。 注: IgxGrid および IgxHierarchicalGrid では、'multipleCascade' は 'multiple' のように動作します。

    パラメーター

    返却 void

  • get selectRowOnClick(): boolean
  • set selectRowOnClick(enabled: boolean): void
  • 行をクリックして選択/選択解除するかどうかを取得/設定します。

    備考:

    デフォルトで true に設定されます。

    返却 boolean

  • 行をクリックして選択/選択解除するかどうかを取得/設定します。

    備考:

    デフォルトで true に設定されます。

    パラメーター

    • enabled: boolean

    返却 void

  • get selectedRows(): any[]
  • ソートの状態を取得または設定します。

    備考:

    双方向データ バインディングをサポートします。

    例:
    <igx-grid #grid [data]="Data" [autoGenerate]="true" [(sortingExpressions)]="model.sortingExpressions"></igx-grid>
    

    返却 ISortingExpression[]

  • ソートの状態を取得または設定します。

    備考:

    Supports two-way data binding.

    例:
    <igx-grid #grid [data]="Data" [autoGenerate]="true" [(sortingExpressions)]="model.sortingExpressions"></igx-grid>
    

    パラメーター

    返却 void

  • ソート オプション (単一または複数) を取得または設定します。 いずれかの mode プロパティを持つ ISortingOptions オブジェクトを受け入れます。

    例:
    const _sortingOptions: ISortingOptions = {
    mode: 'single'
    }
    ```html
    <igx-grid [sortingOptions]="sortingOptions"><igx-grid>

    パラメーター

    返却 void

  • get superCompactMode(): boolean
  • set superCompactMode(value: boolean): void
  • get totalWidth(): number
  • get width(): string
  • set width(value: string): void

メソッド

  • clearFilter(name?: string): void
  • clearSort(name?: string): void
  • combineSelectedCellAndColumnData(columnData: any[], formatters?: boolean, headers?: boolean): any[]
  • deselectAllColumns(): void
  • deselectAllRows(onlyFilterData?: boolean): void
  • すべての行を選択解除します。

    備考:

    フィルタリング機能が有効にされる場合、selectAllRows() および deselectAllRows() はフィルターされた行のみを選択/選択解除します。 onlyFilterData のパラメーターを false に設定すると、削除された行を除きグリッド内のすべての行を選択解除します。

    例:
    this.grid.deselectAllRows();
    

    パラメーター

    • onlyFilterData: boolean = true

    返却 void

  • deselectColumns(columns: string[] | ColumnType[]): void
  • deselectRows(rowIDs: any[]): void
  • filterGlobal(value: any, condition: any, ignoreCase?: any): void
  • getRowData(rowSelector: any): any
  • getSelectedColumnsData(formatters?: boolean, headers?: boolean): any[]
  • 現在の列選択の配列を [{ column.field: cell.value }, ...] の形式で返します。

    備考:

    formatters が有効な場合、セル値はそれぞれの列フォーマッタ (もしあれば) によってフォーマットされます。 headers が有効な場合、列フィールドの代わりに列ヘッダーがある場合はそれを使います。

    パラメーター

    • formatters: boolean = false
    • headers: boolean = false

    返却 any[]

  • getSelectedData(formatters?: boolean, headers?: boolean): any[]
  • 現在のセル選択の配列を [{ column.field: cell.value }, ...] の形式で返します。

    備考:

    formatters が有効な場合、セル値はそれぞれの列フォーマッタ (もしあれば) によってフォーマットされます。 headers が有効な場合、列フィールドの代わりに列ヘッダーがある場合はそれを使います。

    パラメーター

    • formatters: boolean = false
    • headers: boolean = false

    返却 any[]

  • 指定したインデックスまたはコレクションの最後にタイプによってターゲット コレクションにディメンションを挿入します。

    例:
    this.grid.insertDimensionAt(dimension, PivotDimensionType.Row, 1);
    

    パラメーター

    • dimension: IPivotDimension

      The dimension that will be added.

    • targetCollectionType: PivotDimensionType

      The target collection type to add to. Can be Row, Column or Filter.

    • オプション index: number

      The index in the collection at which to add. This parameter is optional. If not set it will add it to the end of the collection.

    返却 void

  • insertValueAt(value: IPivotValue, index?: number): void
  • 指定したインデックスまたは最後に値を挿入します。

    例:
    this.grid.insertValueAt(value, 1);
    

    パラメーター

    • value: IPivotValue

      The value definition that will be added.

    • オプション index: number

      The index in the collection at which to add. This parameter is optional. If not set it will add it to the end of the collection.

    返却 void

  • markForCheck(): void
  • IgxGridComponent の変更検知をトリガーします。 markForCheck を呼び出すと、グリッドのパイプも明示的にトリガーされ、すべての更新が処理されます。 不要なときに使用したり、誤用したりすると、パフォーマンスが低下する可能性があります。

    ```typescript //注意事項 //ループ内から markForCheck を呼び出さないでください。 //プリミティブが変更されたときに markForCheck を呼び出さないでください。 grid.data.forEach(rec => { rec = newValue; grid.markForCheck(); });

    //注意事項 //ネストされたプロパティを更新した後に markForCheck を呼び出してください。 grid.data.forEach(rec => { rec.nestedProp1.nestedProp2 = newValue; }); grid.markForCheck(); ```

    例:
    grid.markForCheck();
    

    返却 void

  • 指定したインデックスまたはコレクションの最後にあるタイプによって、現在のコレクションから指定したターゲット コレクションにディメンションを移動します。

    例:
    this.grid.moveDimension(dimension, PivotDimensionType.Row, 1);
    

    パラメーター

    • dimension: IPivotDimension

      The dimension that will be moved.

    • targetCollectionType: PivotDimensionType

      The target collection type to move it to. Can be Row, Column or Filter.

    • オプション index: number

      The index in the collection at which to add. This parameter is optional. If not set it will add it to the end of the collection.

    返却 void

  • 現在指定されたインデックス位置または末尾から値を移動します。

    例:
    this.grid.moveValue(value, 1);
    

    パラメーター

    • value: IPivotValue

      The value that will be moved.

    • オプション index: number

      The index in the collection at which to add. This parameter is optional. If not set it will add it to the end of the collection.

    返却 void

  • navigateTo(rowIndex: number, visibleColIndex?: number, cb?: ((args: any) => void)): void
  • rowindexvisibleColumnIndex に基づいてグリッド内の位置に移動します。

    備考:

    { targetType: GridKeydownTargetType, target: Object } を受け入れる コールバック関数を通してターゲット要素上でカスタム ロジックを実行することもできます。

    例:
     this.grid.navigateTo(10, 3, (args) => { args.target.nativeElement.focus(); });
    

    パラメーター

    • rowIndex: number
    • visibleColIndex: number = -1
    • cb: ((args: any) => void) = null
        • (args: any): void
        • パラメーター

          • args: any

          返却 void

    返却 void

  • notifyDimensionChange(regenerateColumns?: boolean): void
  • reflow(): void
  • 現在のコレクションからディメンションを削除します。

    備考:

    これは、ディメンションを有効/無効にする toggleDimension とは異なります。 指定したディメンションをコレクションから完全に削除します。

    例:
    this.grid.removeDimension(dimension);
    

    パラメーター

    返却 void

  • selectAllColumns(): void
  • selectAllRows(onlyFilterData?: boolean): void
  • すべての行を選択します。

    備考:

    フィルタリング機能が有効にされる場合、selectAllRows() および deselectAllRows() はフィルターされた行のみを選択/選択解除します。 onlyFilterData のパラメーターを false に設定すると、削除された行を除き Grid 内のすべての行が選択されます。

    例:
    this.grid.selectAllRows();
    this.grid.selectAllRows(false);

    パラメーター

    • onlyFilterData: boolean = true

    返却 void

  • selectColumns(columns: string[] | ColumnType[], clearCurrentSelection?: boolean): void
  • selectRows(rowIDs: any[], clearCurrentSelection?: boolean): void
  • selectedColumns(): ColumnType[]
  • toggleRow(rowID: any): void