React Spreadsheet の概要

    React Spreadsheet (Excel ビューア) コンポーネントは軽量で機能が豊富で、科学、ビジネス、財務など、あらゆる種類のスプレッドシート データを操作、視覚化、編集するために必要なすべてのオプションが用意されています。すべての情報は、セル、ペイン、およびワークシート間を直感的かつ簡単にナビゲートできる表形式で表示できます。IgrSpreadsheet は、Excel のような柔軟なインターフェイス、詳細なチャート、およびアクティブ化、セル編集、条件付き書式設定、スタイル設定、選択、クリップボードなどの機能によって補完されます。

    React Spreadsheet の例

    機能

    • 機能

    Excel スプレッドシートと同様に、フィルタリング機能、ソート、セルの移動、セルの色に関するカスタマイズ、キーボード ショートカットを適用したり、数式を計算する機能を追加したりできます。

    Spreadsheet の使用

    • パフォーマンス

    スプレッドシートはすべての最新のブラウザーと互換性があり、完璧な機能と簡便性を保証しながら、複雑で膨大なスプレッドシート モデル用に最適化されています。

    • 柔軟なレイアウトと簡単なカスタマイズ

    必要な機能のオン/オフを簡単に選択、追加、削除、切り替え、React シートを瞬時に構成できるため、すべてがエンドユーザーのニーズに応えます。構成可能なライブラリ、スタイルとフォーマットの選択肢、表示オプション、選択できるテーマもたくさんあります。

    • 便利な Excel のようなインターフェース

    Excel でデータを操作するのと同じように、スプレッドシート コンポーネントは、コピー、貼り付け、切り取りなど、よく知られているすべての Excel クリップボード操作を提供します。すぐに使い始めるために、追加のトレーニングや新しいスキルは必要ありません。また、ソート、完全なキーボード ナビゲーション、値と数式、セルのドラッグ、列と行の編集、フィルタリング、数値の書式設定、サイズ変更のオプションも付属しています。スマートで高速な計算エンジンは、最も複雑な推定にも対応します。Excel に依存しません。

    • データ操作

    科学、ビジネス、エンジニアリング、財務、教育のデータを収集して管理します。分析、高度なグリッド、レポート、データ入力フォーム、予算編成、予測シナリオ、カスタム スプレッドシートを準備および作成します。これらすべてが包括的な API のおかげです。

    • 高速で安全なデータ処理

    データ処理は 100% 安全です。

    • Excel と CSV のインポートとエクスポート

    組み込みの Excel インポート/エクスポート機能を使用すると、Excel ドキュメントを即座にロードして開き、オンデマンドで表示したり、変更を追加したり、保存したりできます。また、完成した Excel.xlsx スプレッドシートを簡単にエクスポートできます。

    依存関係

    React スプレッドシート コンポーネントをインストールするときは、core パッケージと excel パッケージもインストールする必要があります。

    npm install --save igniteui-react-core
    npm install --save igniteui-react-excel
    npm install --save igniteui-react-spreadsheet
    

    モジュールの要件

    IgrSpreadsheet を作成するには、以下のモジュールが必要です。

    import { IgrExcelModule } from 'igniteui-react-excel';
    import { IgrSpreadsheetModule } from 'igniteui-react-spreadsheet';
    
    IgrExcelModule.register();
    IgrSpreadsheetModule.register();
    

    使用方法

    React スプレッドシート モジュールがインポートされたので、次にスプレッドシートの基本設定です。

    Note

    次のコード スニペットでは、外部の ExcelUtility クラスを使用して workbook を保存およびロードしています。

    以下は、ワークブックを React スプレッドシートにロードする方法を示しています。

    import { IgrSpreadsheet } from 'igniteui-react-spreadsheet';
    import { ExcelUtility } from 'ExcelUtility';
    
    // ...
    
    public spreadsheet : IgrSpreadsheet = new IgrSpreadsheet({})
    
    ngOnInit() {
        const excelFile = '../../assets/Sample1.xlsx';
        ExcelUtility.loadFromUrl(excelFile).then((w) => {
          this.spreadsheet.workbook = w;
        });
    }
    

    API メンバー