React マップの概要

    Ignite UI for React Map コンポーネントを使用すると、ビューモデルからの地理的位置を含むデータ、またはシェープ ファイルからロードされた地理空間データを地理的画像マップに表示できます。

    React マップの例

    以下のサンプルは、Bubble Series (バブル シリーズ) とも呼ばれる IgrGeographicProportionalSymbolSeries を使用して IgrGeographicMap にデータを表示する方法を示しています。

    React 地図コンポーネントを使用すると、Bing Maps™ および Open Street Maps から地理的画像をレンダリングできます。マップは何万ものデータポイントをプロットし、コントロールがリアルタイム フィードを処理できるように数ミリ秒ごとにそれらを更新します。

    マップの Series プロパティは、無制限の地理的シリーズのレンダリングをサポートするために使用されます。このプロパティは、地理的シリーズ オブジェクトのコレクションで、任意のタイプの地理的シリーズをそれに追加できます。たとえば、都市などの地理的位置をプロットするために IgrGeographicSymbolSeries、またこれらの地理的位置の間の接続 (道路など) をプロットするために IgrGeographicPolylineSeries を追加できます。

    Map は、マウス、キーボード、またはコードビハインドを使用して、マップ コンテンツをナビゲーションするためのカスタマイズ可能なナビゲーション動作を提供します。

    依存関係

    地理マップコンポーネントを使用するには、はじめにこれらのパッケージをインストールする必要があります。

    npm install --save igniteui-react-core
    npm install --save igniteui-react-charts
    npm install --save igniteui-react-maps
    

    モジュールの要件

    IgrGeographicMap には以下のモジュールが必要ですが、DataChartInteractivityModule は、マップ コンテンツのパンやズームなどのマウス操作にのみ必要です。

    import { IgrGeographicMapModule } from 'igniteui-react-maps';
    import { IgrGeographicMap } from 'igniteui-react-maps';
    import { IgrDataChartInteractivityModule } from 'igniteui-react-charts';
    
    IgrGeographicMapModule.register();
    IgrDataChartInteractivityModule.register();
    

    使用方法

    マップ モジュールがインポートされたので、以下のステップは地理的地図を作成することです。以下のコードは、これを実行して地図内でズームを有効にする方法を示しています。

    <IgrGeographicMap
        width="600px"
        height="600px"
        zoomable="true" />
    

    その他のリソース

    関連する React マップ機能の詳細については、以下のトピックを参照してください。

    API メンバー

    以下は上記のセクションで説明した API メンバーのリストです。