React シェープ チャート

    Ignite UI for React シェープ チャートは、一連の形状 (1 つまたは複数の X/Y 座標の配列) をとり、それらをデカルト (x、y) 座標系のポリゴンまたはポリラインのコレクションとして描画するチャートのグループです。シェープ チャートは科学データの強調領域でよく使用されますが、ダイアグラム、青写真、さらには建物の間取り図のプロットにも使用できます。

    React 散布ポリゴン チャート

    React 散布ポリゴン チャートは、IgrDataChart コントロールの IgrScatterPolygonSeries を使用して、デカルト (x、y) 座標系でポリゴンの配列または配列の配列を描画します。このチャートは、プロット図、青写真、さらには建物の間取り図の塗りつぶし図形に使用できます。

    IgrDataChart コントロールでこのチャート タイプを作成するには、以下の例のように、データを IgrScatterPolygonSeries にバインドします:

    React 散布ポリライン チャート

    React 散布ポリライン チャートは、IgrDataChart コントロールの IgrScatterPolylineSeries を使用して、デカルト (x、y) 座標系でポリラインの配列または配列の配列を描画します。このチャートは、プロット図、青写真、さらには建物の間取り図のアウトラインに使用できます。また、大量の要素間の複雑な関係を視覚化することもできます。

    IgrDataChart コントロールでこのチャート タイプを作成するには、以下の例のように、データを IgrScatterPolylineSeries にバインドします:

    その他のリソース

    関連するチャートタイプの詳細については、以下のトピックを参照してください。

    API メンバー

    以下は、上記のセクションで説明された API メンバーのリストです。