React ラジアル チャート

    Ignite UI for React ラジアル チャートは、データを取得し、円の周囲でラップされるデータ ポイントのコレクションとしてデータを描画するチャートのグループです (水平方向の線に沿って拡大するのではなく)。ラジアル チャートはチャートの範囲の最小から最大までのカテゴリのリストもマッピングし、カテゴリ グループ化メカニズムをサポートします。

    React ラジアル エリア チャート

    Ignite UI for React ラジアル エリア チャートは、データ ポイントを結ぶ直線のコレクションによってバインドされた塗りつぶされた多角形の形をしています。このチャートは、エリア チャートと同じデータ プロットの概念を使用しますが、データ ポイントを水平方向に引き伸ばすのではなく、円形の軸の周りにラップします。

    IgrDataChart コントロールでこのチャート タイプを作成するには、以下の例のように、データを IgrRadialAreaSeries にバインドします。

    React ラジアル縦棒チャート

    ラジアル縦棒チャートは、チャートの中心からデータ ポイントの位置に向けて広がる矩形のコレクションを使用して表示されます。これは縦棒チャートと同じデータ プロットの概念を使用していますが、データ ポイントを水平方向に引き伸ばすのではなく、データ ポイントを円でラップします。

    IgrDataChart コントロールでこのチャート タイプを作成するには、以下の例のように、データを IgrRadialColumnSeries にバインドします:

    React ラジアル折れ線チャート

    Ignite UI for React ラジアル折れ線チャートは、データ ポイントを結ぶ直線のコレクションとして描画されます。このチャートは、折れ線チャートと同じデータ プロットの概念を使用しますが、データ ポイントを水平方向に引き伸ばすのではなく、円形の軸の周りにラップします。

    IgrDataChart コントロールでこのチャート タイプを作成するには、以下の例のように、データを IgrRadialLineSeries にバインドします:

    React ラジアル円チャート

    ラジアル円チャートは、チャートの中心からデータ ポイントの位置に向けて広がる円スライスを使用します。このチャート タイプは、複数の一連のデータ ポイントを分類するという概念を採用しており、データ ポイントを水平線に沿って引き伸ばすのではなく、円形の軸に沿ってラップします。

    IgrDataChart コントロールでこのチャート タイプを作成するには、以下の例のように、データを IgrRadialPieSeries にバインドします:

    React ラジアル チャートのスタイル設定

    ラジアル チャートを作成したら、線の色、マーカーの種類、またはそれらのマーカーのアウトライン色の変更など、スタイルをさらにカスタマイズしたい場合があります。

    この例は、React ラジアル チャートをカスタマイズする方法を示しています。

    その他のリソース

    関連するチャート タイプの詳細については、以下のトピックを参照してください。

    API メンバー

    以下は、上記のセクションで説明した API メンバーのリストです。