React 極座標チャート

    Ignite UI for React 極座標チャートは、デカルト (x、y) 座標系の代わりに極座標 (角度、半径) 座標系を使用してチャートにデータをプロットします。言い換えれば、極座標チャートは散布図シリーズの概念を使用していますが、横の線に沿って伸びるのではなく、円の周りでデータ ポイントをラップします。

    極座標チャートでは、データの不均等な散らばりやデータの塊に注意が向けられます。これらは、科学データのプロットによく用いられ (たとえば風向きや風速、地場の方向と強さ、ソーラー システムの機材の場所など)、予測結果からの収集データの偏差を強調表示できます。

    React 極座標エリア チャート

    極座標型エリア チャートは、データ ポイントを接続するポリゴンのコレクションを使用してレ描画され、カテゴリ エリア チャートと同じデータ プロットの概念を使用しますが、視覚化によってデータ ポイントが水平線に沿って配置されるのではなく、円の周りに配置される点が異なります。

    IgrDataChart コントロールでこのチャート タイプを作成するには、以下の例のように、データを IgrPolarAreaSeries にバインドします:

    React 極座標スプライン エリア チャート

    極座標スプライン エリア チャートもポリゴンのコレクションとして描画されますが、極座標エリア チャートのように直線ではなく、データ ポイントを接続する曲線スプラインを使用します。

    IgrDataChart コントロールでこのチャート タイプを作成するには、以下の例のように、データを IgrPolarAreaSeries にバインドします:

    React 極座標型マーカー チャート

    極座標型マーカー チャートは、極座標 (角度、半径) でデータ ポイントを表すマーカーのコレクションを使用して描画します。このチャートは、散布マーカー チャートと同じデータ プロットの概念を使用していますが、視覚化によってデータ ポイントが水平線に沿って引き伸ばされるのではなく、円の周りに折り返される点が異なります。

    IgrDataChart コントロールでこのチャート タイプを作成するには、以下の例のように、データを IgrPolarScatterSeries にバインドします:

    React 極座標型折れ線チャート

    極座標折れ線チャートは極座標 (角度/半径) のデータ ポイントを結ぶ直線のコレクションを使用して描画されます。このチャートは、散布折れ線チャートと同じデータ プロットの概念を使用しますが、視覚化によってデータ ポイントが水平線に沿って引き伸ばされるのではなく、円の周りにラップされる点が異なります。

    IgrDataChart コントロールでこのチャート タイプを作成するには、以下の例のように、データを IgrPolarLineSeries にバインドします:

    React 極座標スプライン チャート

    極座標スプライン チャートは極座標 (角度、半径) でデータ ポイントを接続する曲線スプラインのコレクションを使用して描画されます。このチャートは、散布スプライン チャートと同じデータ プロットの概念を使用しますが、視覚化によってデータ ポイントが水平線に沿って引き伸ばされるのではなく、円の周りにラップされる点が異なります。

    IgrDataChart コントロールでこのチャート タイプを作成するには、以下の例のように、データを IgrPolarSplineSeries にバインドします:

    React 極座標チャートのスタイル設定

    極座標チャートを作成したら、線の色、マーカーの種類、またはそれらのマーカーのアウトライン色の変更など、スタイルをさらにカスタマイズしたい場合があります。

    IgrDataChart コントロールでこのチャート タイプを作成するには、以下の例のように、データを IgrPolarAreaSeries にバインドします:

    その他のリソース

    関連するチャート タイプの詳細については、以下のトピックを参照してください。

    API メンバー

    以下は、上記のセクションで説明された API メンバーのリストです。