React ポイント チャート

    Ignite UI for React ポイント チャートは、ポイントのコレクションを描画します。値は Y 軸 (左側のラベル) に表示され、カテゴリは X 軸 (下部のラベル) に表示されます。これらのチャートは、プロットされた値の合計を表示することにより、一定期間の変化量を強調したり、複数の項目や全体の一部の関係を比較したりします。

    React ポイント チャートの例

    IgrCategoryChart コントロールで React ポイント チャートを作成するには、以下の例のように、データを DataSource プロパティにバインドし、chartType プロパティを Point 値に設定します。

    単一シリーズの React ポイント チャート

    次の例では、React ポイント チャートは、2009 年 から 2019 年までのヨーロッパ、中国、および米国の国々の再生可能エネルギーの発電量を比較しています。Y 軸 (チャートの左側のラベル) には、更新された電力のテラワット時 (Twh) 値が表示され、X 軸 (チャートの下部のラベル) には、年が表示されます。

    複数シリーズの React ポイント チャート

    React ポイント チャートを使用すると、複数のシリーズを組み合わせて時間の経過に伴う変化を比較または確認できます。中国と米国のデータを含むデータ ソースにバインドするだけで、ポイント チャートは追加データに合わせて自動的に更新されます。

    React ポイント チャートのスタイル設定

    React ポイント チャートを設定したら、マーカーとそのアウトライン、ブラシ、太さを変更するなど、スタイルをさらにカスタマイズします。

    高度なタイプのポイント チャート

    次のトピックに従って、IgrCategoryChart コントロールの代わりに IgrDataChart コントロールを使用して、より高度なタイプの React ポイント チャートを作成できます。

    その他のリソース

    関連するチャート機能の詳細については、以下のトピックを参照してください。

    API メンバー

    以下は、上記のセクションで説明されている API メンバーのリストです。