React チャート同期化

    $ ProductName$ データ チャートを使用すると、複数のチャート間のズーム、パン、および十字線イベントの調整に関して同期をとることができます。これは、データ ソースが軸に関して似ているか同じであると仮定して、複数のチャートの同じ領域を視覚化するのに役立ちます。

    React チャート同期化の例

    このサンプルは、2 つの React データ チャートの同期を示しています。

    チャート同期化のプロパティ

    チャートの同期にはデフォルトで 4 つのオプションがあり、水平方向のみ、垂直方向のみ、その両方を同期、あるいは同期なしを選択することもできます。

    チャートのセットを同期する場合は、それらに SyncChannel プロパティに同じ名前を割り当ててから、SynchronizeHorizontallySynchronizeVertically プロパティを対応するブール値に設定して、チャートを水平または垂直に同期するかどうかを指定できます。

    垂直または水平に同期するには、isHorizontalZoomEnabled または isVerticalZoomEnabled プロパティをそれぞれ true に設定する必要があります。他のチャートに依存している同期チャートは、このプロパティ設定に関係なく、ズームできます。

    API メンバー

    以下は、上記のセクションで説明した API メンバーのリストです。