インターフェイス TransactionService<T, S>

型パラメーター

階層

次で実装:

プロパティ

canRedo

canRedo: boolean
@返却

Redo スタックにトランザクションがあるかどうか。

canUndo

canUndo: boolean
@返却

Undo スタックにトランザクションがあるかどうか。

Readonly enabled

enabled: boolean

このサービスにトランザクションが有効されたかどうか返します。

Optional onStateUpdate

onStateUpdate: EventEmitter<StateUpdateEvent>

トランザクションの状態が変更されたとき発生されるイベント - トランザクションの追加、すべてのトランザクションをコミットする、元に戻す/やり直し。

メソッド

add

  • add(transaction: T, recordRef?: any): void
  • recordRef を持つ指定されたトランザクションがある場合、追加します。

    パラメーター

    • transaction: T

      追加されるトランザクション。

    • オプション recordRef: any

      変更された項目に関連するデータ ソースのレコードの値への参照。

    返却 void

clear

  • clear(id?: any): void

commit

  • commit(data: any[], id?: any): void
  • 指定されたデータ中にすべてのトランザクションを適用します。

    パラメーター

    • data: any[]

      変更されるデータ ソース。

    • オプション id: any

      トランザクションをコミットするためのオプションのレコード ID。

    返却 void

endPending

  • endPending(commit: boolean): void
  • すべての保留中のトランザクションと集計された保留中の状態をクリアします。Commit は true に設定された場合、保留中の状態を単一のトランザクションとしてコミットします。

    パラメーター

    • commit: boolean

      保留中状態をコミットします。

    返却 void

getAggregatedChanges

  • getAggregatedChanges(mergeChanges: boolean): T[]
  • すべてのトランザクションの集計された変更を返します。

    パラメーター

    • mergeChanges: boolean

      True に設定されている場合、各状態の値を関連する recordRef にマージして、関連するトランザクションに結果の値を登録します。

    返却 T[]

    変更済みの各レコードの集計トランザクションのコレクション。

getAggregatedValue

  • getAggregatedValue(id: any, mergeChanges: boolean): any
  • すべてのコミットされていない変更を含む必要となった ID を返します。

    パラメーター

    • id: any

      レコードの IDのため返す値。

    • mergeChanges: boolean

      True に設定されている場合、状態の値を関連する recordRef にマージして、マージされた値を返します。

    返却 any

    変更のある値または null

getState

  • getState(id: any, pending?: boolean): S

getTransactionLog

  • getTransactionLog(id?: any): T[]
  • すべての登録されたレコードを時系列順に返します。

    パラメーター

    • オプション id: any

      トランザクションを取得するオプションのレコード id。

    返却 T[]

    サービスのすべてのトランザクションまたは指定したレコード。

redo

  • redo(): void

startPending

  • startPending(): void

undo

  • undo(): void