インターフェイス IPositionStrategy

ヘルプ Position ストラテジーは、IgxOverlayService でコンポーネントを表示する場所を決定します。

階層

  • IPositionStrategy

次で実装:

Index

プロパティ

メソッド

プロパティ

オーバーレイにコンポーネントを配置するときに使用する PositionSettings。

メソッド

  • position(contentElement: HTMLElement, size?: Size, document?: Document, initialCall?: boolean, target?: HTMLElement | Point): void
  • このインターフェイスを実装する PositionStrategy に基づいて要素を配置します。

    パラメーター

    • contentElement: HTMLElement

      The HTML element to be positioned

    • オプション size: Size

      Size of the element

    • オプション document: Document

      reference to the Document object

    • オプション initialCall: boolean

      should be true if this is the initial call to the method

    • オプション target: HTMLElement | Point

      attaching target for the component to show

      settings.positionStrategy.position(content, size, document, true);
      

    返却 void