クラス IgxTooltipDirective

Ignite UI for Angular Tooltip - ヘルプ

Ignite UI for Angular Tooltip ディレクティブは、ツールチップとして動作する要素としてマークアップで HTML 要素をマークするために使用されます。 ツールチップは、エクスポートしたツールチップを個別のターゲット セレクター プロパティに割り当てて Ignite UI for Angular Tooltip Target と組み合わせて使用します。 例:

<button [igxTooltipTarget]="tooltipRef">Hover me</button>
<span #tooltipRef="tooltip" igxTooltip>Hello there, I am a tooltip!</span>

階層

Index

プロパティ

appended: EventEmitter<ToggleViewEventArgs> = ...

トグル要素がオーバーレイ コンテナーに追加された後にイベントを発生します。

onAppended() {
alert("Content appended!");
}
<div
igxToggle
(onAppended)='onToggleAppended()'>
</div>
closed: EventEmitter<ToggleViewEventArgs> = ...

トグル コンテナーが閉じた後にイベントを発生します。

onToggleClosed(event) {
alert("Toggle closed!");
}
<div
igxToggle
(onClosed)='onToggleClosed($event)'>
</div>
closing: EventEmitter<ToggleViewCancelableEventArgs> = ...

トグル コンテナーが閉じた前にイベントを発生します。

onToggleClosing(event) {
alert("Toggle closing!");
}
<div
igxToggle
(closing)='onToggleClosing($event)'>
</div>
context: any

ツールチップに関連するデータを取得または設定します。 'context' は、ツールチップで作業する際のアクセスに必要な情報の保管に使用されます。

// 取得
let tooltipContext = this.tooltip.context;
// 設定
this.tooltip.context = "Tooltip's context";
id: string = ...

ツールチップの識別子。 このプロパティが明示的に設定されていない場合、自動的に生成されます。

let tooltipId = this.tooltip.id;
opened: EventEmitter<ToggleViewEventArgs> = ...

トグル コンテナーが開いた後にイベントを発生します。

onToggleOpened(event) {
alert("Toggle opened!");
}
<div
igxToggle
(onOpened)='onToggleOpened($event)'>
</div>
opening: EventEmitter<ToggleViewCancelableEventArgs> = ...

トグル コンテナーが開いた前にイベントを発生します。

onToggleOpening(event) {
alert("Toggle opening!");
}
<div
igxToggle
(onOpening)='onToggleOpening($event)'>
</div>

アクセサー

  • get overlayId(): string
  • get role(): string

メソッド

  • close(event?: Event): void
  • reposition(): void
  • setOffset(deltaX: number, deltaY: number): void