クラス IgxIconComponent

アイコンは、マークアップにマテリアル アイコンを含める方法を提供します。

igxmodule

IgxIconModule

igxtheme

igx-icon-theme

igxkeywords

icon, picture

igxgroup

Display

備考:

Ignite UI Icon を使用すると、開発者はマテリアル デザイン アイコンをマークアップに直接簡単に含めることができます。 アイコンはさまざまなアイコン ファミリをサポートしており、active プロパティを使用してアクティブまたは無効としてマークできます。 これにより、アイコンの外観が変更されます。

例:
<igx-icon family="filter-icons" active="true">home</igx-icon>

階層

  • IgxIconComponent

実装

  • OnInit
  • OnDestroy

Index

コンストラクタ

プロパティ

active: boolean = true

active プロパティの無効化を許可する @Input プロパティ。デフォルトでクラスが適用されます。

例:
<igx-icon [active]="false">settings</igx-icon>
ariaHidden: boolean = true

aria-hidden 属性を無効にできます。デフォルトでクラスが適用されます。

例:
@ViewChild("MyIcon") public icon: IgxIconComponent;
constructor(private cdRef:ChangeDetectorRef) {}
ngAfterViewInit() {
this.icon.ariaHidden = false;
this.cdRef.detectChanges();
}
el: ElementRef<any>
family: string

family の値を設定する @Input プロパティ。デフォルトは、"material" です。

例:
<igx-icon family="material">settings</igx-icon>
name: string

アイコンの name の変更を許可する @Input プロパティ。

例:
<igx-icon name="contains" family="filter-icons"></igx-icon>

アクセサー

  • get getActive(): boolean
  • get getFamily(): string
  • get getInactive(): boolean
  • get getName(): string
  • get getSvg(): SafeHtml
  • get template(): TemplateRef<HTMLElement>
  • 明示的、暗黙、またはなしの合字を参照する TemplateRef を返すアクセサー。

    例:
    @ViewChild("MyIcon")
    public icon: IgxIconComponent;
    ngAfterViewInit() {
    let iconTemplate = this.icon.template;
    }

    返却 TemplateRef<HTMLElement>