クラス IgxColumnActionsComponent

IgxColumnActionsComponent への参照を提供します:

```typescript @ViewChild('columnActions', { read: IgxColumnActionsComponent }) public columnActions: IgxColumnActionsComponent;

階層

  • IgxColumnActionsComponent

実装

  • DoCheck

Index

コンストラクタ

プロパティ

columnItems: QueryList<IgxCheckboxComponent>

ドロップダウンに現在存在する列項目を表すチェックボックス コンポーネントを取得します。

例:
let columnItems =  this.columnActions.columnItems;
columnToggled: EventEmitter<IColumnToggledEventArgs> = ...

列のチェック状態が変更された後に発生するイベント。 イベント引数として column および checked プロパティへの参照を提供します。

 <igx-column-actions (columnToggled)="columnToggled($event)"></igx-column-actions>
columnsAreaMaxHeight: string = '100%'

列領域の最大の高さを取得または設定します。

備考:

デフォルトの最大高さは 100% です。

例:
<igx-column-actions [columnsAreaMaxHeight]="200px"></igx-column-actions>
cssClass: string = 'igx-column-actions'

CSS クラス セレクターを取得または設定します。 class 属性のデフォルト値は "igx-column-actions" です。

let cssCLass =  this.columnHidingUI.cssClass;
this.columnHidingUI.cssClass = 'column-chooser';
grid: GridType

列操作を提供するグリッドを取得または設定します。

例:
let grid = this.columnActions.grid;
hideFilter: boolean = false

列フィルター入力を表示または非表示にします。

例:
 <igx-column-actions [hideFilter]="true"></igx-column-actions>
indentation: number = 30

階層レベルに基づいて列リスト内の列のインデントを取得または設定します。

例:
<igx-column-actions [indentation]="15"></igx-column-actions>
title: string = ''

列操作コンポーネントのタイトルを取得または設定します。

例:
<igx-column-actions [title]="'Pin Columns'"></igx-column-actions>

アクセサー

  • get checkAllText(): string
  • set checkAllText(value: string): void
  • get filterColumnsPrompt(): string
  • set filterColumnsPrompt(value: string): void
  • get filterCriteria(): string
  • set filterCriteria(value: string): void
  • get id(): string
  • set id(value: string): void
  • get uncheckAllText(): string
  • set uncheckAllText(value: string): void

メソッド

  • checkAllColumns(): void
  • uncheckAllColumns(): void