クラス IgxYearsViewComponent

階層

  • IgxYearsViewComponent

実装

  • ControlValueAccessor

コンストラクタ

プロパティ

アクセサー

コンストラクタ

constructor

プロパティ

date

date: Date = new Date()

年ビューの選択された日付を取得または設定します。 デフォルト値は現在の日付です。

<igx-years-view [date]="myDate"></igx-years-view>
let date =  this.yearsView.date;
@次のメンバー:

IgxYearsViewComponent

el

el: ElementRef

formatView

formatView: boolean

ビューが locale および yearFormat によって描画されるかどうかを取得します。

id

id: string = `igx-years-view-${NEXT_ID++}`

年ビューの id を取得または設定します。 設定しない場合、id"igx-years-view-0" 値を持ちます。

<igx-years-view id = "my-years-view"></igx-years-view>
let yearsViewId =  this.yearsView.id;
@次のメンバー:

IgxCalendarComponent

onSelection

onSelection: EventEmitter<Date> = new EventEmitter<Date>()

年ビューで選択が実行されるときにイベントを発生します。 IgxYearsViewComponentdate プロパティへの参照を提供します。

<igx-years-view (onSelection)="onSelection($event)"></igx-years-view>
@次のメンバー:

IgxYearsViewComponent

アクセサー

locale

  • get locale(): string
  • set locale(value: string): void

yearFormat

  • get yearFormat(): string
  • set yearFormat(value: string): void