クラス IgxSliderComponent

Ignite UI for Angular Slider - ヘルプ

Ignite UI Slider を使用すると、つまみをトラックで移動して指定した範囲内で値選択を許可します。 トラックを連続またはステップに定義でき、単一または範囲によってスライダーのタイプを選択できます。 例:

<igx-slider id="slider"
[minValue]="0" [maxValue]="100"
[continuous]=true [(ngModel)]="volume">
</igx-slider>

階層

  • IgxSliderComponent

実装

  • ControlValueAccessor
  • EditorProvider
  • OnInit
  • AfterViewInit
  • AfterContentInit
  • OnChanges
  • OnDestroy

Index

コンストラクタ

  • new IgxSliderComponent(renderer: Renderer2, _el: ElementRef<any>, _cdr: ChangeDetectorRef, _ngZone: NgZone, _dir: IgxDirectionality, platform: PlatformUtil): IgxSliderComponent

プロパティ

dragFinished: EventEmitter<number | IRangeSliderValue> = ...

このイベントは、各スライド操作の終了時に発生します。

public change(event){
alert("The value has been changed!");
}
<igx-slider (onValueChanged)="change($event)" #slider [(ngModel)]="task.percentCompleted" [step]="5">
id: string = ...

id 属性の値を設定する @Input プロパティ。 提供されていない場合、自動的に生成されます。

<igx-slider [id]="'igx-slider-32'" [(ngModel)]="task.percentCompleted" [step]="5" [lowerBound]="20">
primaryTickLabels: boolean = true

プライマリ目盛りラベルを表示/非表示します。

<igx-slider [primaryTicks]="5" [primaryTickLabels]="false"></igx-slider>
secondaryTickLabels: boolean = true

セカンダリ目盛りラベルを表示/非表示します。

<igx-slider [secondaryTicks]="5" [secondaryTickLabels]="false"></igx-slider>
showTicks: boolean = false

スライダー目盛りを表示/非表示します。

<igx-slier [showTicks]="true" [primaryTicks]="5"></igx-slier>
thumbLabelVisibilityDuration: number = 750

つまみのラベルの表示期間を設定する @Input プロパティ。デフォルト値は 750 ミリ秒です。

<igx-slider #slider [thumbLabelVisibilityDuration]="3000" [(ngModel)]="task.percentCompleted" [step]="5">
tickLabelsOrientation: TickLabelsOrientation = TickLabelsOrientation.Horizontal

目盛りラベルの回転を変更します。 horizontal - デフォルトの回転。 toptobottom - 目盛りラベルを垂直に 90 度回転します。 bottomtotop - 目盛りラベルを垂直に -90 度回転します。

<igx-slider [primaryTicks]="5" [secondaryTicks]="3" [tickLabelsOrientation]="tickLabelsOrientaiton"></igx-slider>
ticksOrientation: TicksOrientation = TicksOrientation.Bottom

目盛りの方向を変更します。 bottom - デフォルトの方向、スライダー トラックの下。 top - スライダー トラックの上。 mirror - 上下の方向を組み合わせます。

<igx-slider [primaryTicks]="5" [ticksOrientation]="ticksOrientation"></igx-slider>
valueChange: EventEmitter<ISliderValueChangeEventArgs> = ...

このイベントは、値が変更されたときに発生されます。

public change(event){
alert("The value has been changed!");
}
<igx-slider (onValueChange)="change($event)" #slider [(ngModel)]="task.percentCompleted" [step]="5">

アクセサー

  • get context(): any
  • get continuous(): boolean
  • set continuous(continuous: boolean): void
  • get disabled(): boolean
  • set disabled(disable: boolean): void
  • get isRange(): boolean
  • get labels(): (string | number | boolean)[]
  • set labels(labels: (string | number | boolean)[]): void
  • 複数の要素を持つプリミティブ値のコレクションを受け入れることによって、labelView を有効にします。 各要素はスライダー上に均等に広がり、サムラベルとして機能します。 プロパティが設定されると、maxValueminValuestep よりも優先されます。 つまり、これらのプロパティに対する操作は許可されません。

    返却 (string | number | boolean)[]

  • 複数の要素を持つプリミティブ値のコレクションを受け入れることによって、labelView を有効にします。 各要素はスライダー上に均等に広がり、サムラベルとして機能します。 プロパティが設定されると、maxValueminValuestep よりも優先されます。 つまり、これらのプロパティに対する操作は許可されません。

    パラメーター

    • labels: (string | number | boolean)[]

    返却 void

  • get labelsViewEnabled(): boolean
  • get lowerBound(): number
  • set lowerBound(value: number): void
  • get lowerLabel(): string | number | boolean
  • get lowerValue(): number
  • get maxValue(): number
  • set maxValue(value: number): void
  • get minValue(): number
  • set minValue(value: number): void
  • get primaryTicks(): number
  • set primaryTicks(val: number): void
  • get secondaryTicks(): number
  • set secondaryTicks(val: number): void
  • get step(): number
  • set step(step: number): void
  • IgxSliderComponent のタイプを取得する @Input プロパティ。 スライダーを IgxSliderType.SLIDER (デフォルト値) または IgxSliderType.RANGE に設定できます。

    ```typescript @ViewChild("slider2") public slider: IgxSliderComponent; ngAfterViewInit(){ let type = this.slider.type; }

    返却 IgxSliderType

  • IgxSliderComponent のタイプを設定する @Input プロパティ。 スライダーを IgxSliderType.SLIDER (デフォルト値) または IgxSliderType.RANGE に設定できます。

    sliderType: IgxSliderType = IgxSliderType.RANGE;
    
    <igx-slider #slider2 [type]="sliderType" [(ngModel)]="rangeValue" [minValue]="0" [maxValue]="100">
    

    パラメーター

    返却 void

  • get upperBound(): number
  • set upperBound(value: number): void
  • get upperLabel(): string | number | boolean
  • get upperValue(): number
  • スライダーの値を返します。スライダーのタイプが {@link IgxSliderType.SLIDER} の場合、返された値は数値です。 スライダーが {@link IgxSliderType.RANGE} の場合、戻り値は lowerValueupperValue のオブジェクトを表します。

    @ViewChild("slider2")
    public slider: IgxSliderComponent;
    public sliderValue(event){
    let sliderVal = this.slider.value;
    }

    返却 number | IRangeSliderValue

  • スライダーの値を設定します。 スライダーのタイプが {@link SliderType.SLIDER} の場合、引数は数値です。デフォルトで valuelowerBound を取得します。 スライダー タイプが {@link IgxSliderType.RANGE} の場合、引数は lowerValue および upperValue プロパティのオブジェクトを表します。 デフォルトでは、オブジェクトは lowerBound および upperBound プロパティ値に関連付けられています。

    rangeValue = {
    lower: 30,
    upper: 60
    };
    <igx-slider [type]="sliderType" [(ngModel)]="rangeValue" [minValue]="56" [maxValue]="256">
    

    パラメーター

    返却 void

メソッド

  • ngAfterContentInit(): void