クラス IgxSliderComponent

Ignite UI for Angular Slider - ヘルプ

Ignite UI Slider を使用すると、つまみをトラックで移動して指定した範囲内で値選択を許可します。 トラックを連続またはステップに定義でき、単一または範囲によってスライダーのタイプを選択できます。 例:

<igx-slider id="slider"
           [minValue]="0" [maxValue]="100"
           [isContinuous]=true [(ngModel)]="volume">
</igx-slider>

階層

  • IgxSliderComponent

実装

  • ControlValueAccessor
  • EditorProvider
  • OnInit
  • AfterViewInit

コンストラクタ

constructor

プロパティ

disabled

disabled: boolean

UI 操作を無効または有効にする @Input プロパティ。

<igx-slider #slider [disabled]="'true'" [(ngModel)]="task.percentCompleted" [step]="5" [lowerBound]="20">

id

id: string = `igx-slider-${NEXT_ID++}`

id 属性の値を設定する @Input プロパティ。 提供されていない場合、自動的に生成されます。

<igx-slider [id]="'igx-slider-32'" [(ngModel)]="task.percentCompleted" [step]="5" [lowerBound]="20">

isContinuous

isContinuous: boolean = false

IgxSliderComponent を連続として設定する @Input プロパティ。 IgxSliderComponent はデフォルトで不連続です。 不連続 IgxSliderComponent には目盛がなく、値にバブル ラベルを表示しません。

<igx-slider #slider [isContinuous]="'true'" [(ngModel)]="task.percentCompleted" [step]="5" [lowerBound]="20">

onValueChange

onValueChange: EventEmitter<ISliderValueChangeEventArgs> = new EventEmitter<ISliderValueChangeEventArgs>()

このイベントは、ユーザーがつまみ操作を中止して値が変更されたときに発生されます。

public change(event){
   alert("The value has been changed!");
}
<igx-slider (onValueChange)="change($event)" #slider [(ngModel)]="task.percentCompleted" [step]="5">

step

step: number = 1

つまみドラッグ時の値を増加/減少する段階を設定する @Input プロパティ。 デフォルトの段階は 1 です。段階を 0 以下に設定しないでください。

<igx-slider #slider [(ngModel)]="task.percentCompleted" [step]="5">

thumbLabelVisibilityDuration

thumbLabelVisibilityDuration: number = 750

つまみのラベルの表示期間を設定する @Input プロパティ。デフォルト値は 750 ミリ秒です。

<igx-slider #slider [thumbLabelVisibilityDuration]="3000" [(ngModel)]="task.percentCompleted" [step]="5">

type

type: SliderType = SliderType.SLIDER

IgxSliderComponent のタイプを設定する @Input プロパティ。スライダーを SliderType.SLIDER (デフォルト値) または SliderType.RANGE に設定できます。

sliderType: SliderType = SliderType.RANGE;
//...
<igx-slider #slider2 [type]="sliderType" [(ngModel)]="rangeValue" [minValue]="0" [maxValue]="100">

アクセサー

isRange

  • get isRange(): boolean
  • IgxSliderComponent の type が RANGE かどうかを返します。

    @ViewChild("slider")
    public slider: IgxSliderComponent;
    ngAfterViewInit(){
       let sliderRange = this.slider.isRange;
    }

    返却 boolean

lowerBound

  • get lowerBound(): number
  • set lowerBound(value: number): void
  • IgxSliderComponent の下限を返します。

    @ViewChild("slider")
    public slider: IgxSliderComponent;
    ngAfterViewInit(){
       let sliderLowBound = this.slider.lowerBound;
    }

    返却 number

  • IgxSliderComponent の下限を設定します。 設定しない場合は、最小値と同じです。

    <igx-slider [step]="5" [lowerBound]="20">

    パラメーター

    • value: number

    返却 void

lowerValue

  • get lowerValue(): number
  • set lowerValue(value: number): void
  • IgxSliderComponent の下値を返します。

    @ViewChild("slider")
    public slider: IgxSliderComponent;
    public lowValue(event){
       let sliderLowValue = this.slider.lowerValue;
    }

    返却 number

  • IgxSliderComponent の下値を設定します。

    @ViewChild("slider2")
    public slider: IgxSliderComponent;
    public lowValue(event){
       this.slider.lowerValue = 120;
    }

    パラメーター

    • value: number

    返却 void

maxValue

  • get maxValue(): number
  • set maxValue(value: number): void
  • IgxSliderComponent の最大値を返します。

    @ViewChild("slider")
    public slider: IgxSliderComponent;
    ngAfterViewInit(){
       let sliderMax = this.slider.maxValue;
    }

    返却 number

  • IgxSliderComponent の最大値を設定します。 デフォルトの最大値は 100 です。

    <igx-slider [type]="sliderType" [minValue]="56" [maxValue]="256">

    パラメーター

    • value: number

    返却 void

minValue

  • get minValue(): number
  • set minValue(value: number): void
  • IgxSliderComponent の最小値を返します。

    @ViewChild("slider2")
    public slider: IgxSliderComponent;
    ngAfterViewInit(){
       let sliderMin = this.slider.minValue;
    }

    返却 number

  • IgxSliderComponent の最小値を設定します。 デフォルトの最小値は 0 です。

    <igx-slider [type]="sliderType" [minValue]="56" [maxValue]="100">

    パラメーター

    • value: number

    返却 void

upperBound

  • get upperBound(): number
  • set upperBound(value: number): void
  • IgxSliderComponent の上限を返します。

    @ViewChild("slider")
    public slider: IgxSliderComponent;
    ngAfterViewInit(){
       let sliderUpBound = this.slider.upperBound;
    }

    返却 number

  • IgxSliderComponent の上限を設定します。 設定しない場合は、最大値と同じです。

    <igx-slider [step]="5" [upperBound]="20">

    パラメーター

    • value: number

    返却 void

upperValue

  • get upperValue(): number
  • set upperValue(value: number): void
  • IgxSliderComponent の上値を返します。

    @ViewChild("slider2")
    public slider: IgxSliderComponent;
    public upperValue(event){
       let upperValue = this.slider.upperValue;
    }

    返却 number

  • IgxSliderComponent の上値を設定します。

    @ViewChild("slider2")
    public slider: IgxSliderComponent;
    public upperValue(event){
       this.slider.upperValue = 120;
    }

    パラメーター

    • value: number

    返却 void

value

  • スライダーの値を返します。スライダーのタイプが SLIDER の場合、返された値は数値です。 スライダーのタイプが RANGE の場合、返された値は値の lower および upper プロパティを含むオブジェクトです。

    @ViewChild("slider2")
    public slider: IgxSliderComponent;
    public sliderValue(event){
       let sliderVal = this.slider.value;
    }

    返却 number | IRangeSliderValue

  • スライダーの値を設定します。 スライダーのタイプが SLIDER の場合、引数は数値です。値が設定されない場合、デフォルト値は下限と同じです。 スライダーのタイプが RANGE の場合、引数は値の lower および upper プロパティを含むオブジェクトです。 値が設定されない場合、最小値のデフォルト値は下限と同じで、最大値が上限と同じです。

    rangeValue = {
      lower: 30,
      upper: 60
    };
    <igx-slider [type]="sliderType" [(ngModel)]="rangeValue" [minValue]="56" [maxValue]="256">

    パラメーター

    返却 void