クラス IgxMaskDirective

階層

実装

  • OnInit
  • AfterViewChecked
  • ControlValueAccessor

Index

コンストラクタ

  • new IgxMaskDirective(elementRef: ElementRef<HTMLInputElement>, maskParser: MaskParsingService, renderer: Renderer2, platform: PlatformUtil): IgxMaskDirective

プロパティ

displayValuePipe: PipeTransform

ぼかしに使用されるパイプを指定します。

<input [displayValuePipe] = "displayFormatPipe">
focusedValuePipe: PipeTransform

フォーカスに使用される pipe を指定します。

<input [focusedValuePipe] = "inputFormatPipe">
includeLiterals: boolean

バインドされた値が書式設定記号を含むかどうかを指定します。

<input [includeLiterals] = "true">
promptChar: string = '_'

入力マスクで入力可能な文字を表すキャラクターを設定します。 デフォルト値は "'_'" です。

<input [promptChar] = "'/'">
valueChanged: EventEmitter<IMaskEventArgs> = ...

値が変更されたときにイベントを発生します。 イベント引数として rawValue: string および formattedValue: string を提供します。

<input (valueChanged) = "valueChanged(rawValue: string, formattedValue: string)">

アクセサー

  • get mask(): string
  • set mask(val: string): void