クラス IgxDividerDirective

階層

  • IgxDividerDirective

プロパティ

アクセサー

プロパティ

id

id: string = `igx-divider-${NEXT_ID++}`

デバイダーの id を設定および取得します。 設定しない場合、id は値 "igx-divider-0" を持ちます。

<igx-divider id="my-divider"></igx-divider>
let dividerId =  this.divider.id;

middle

middle: boolean = false

デバイダーの middle 属性を設定する @Input プロパティ。 True に設定されて、inset 値が提供されている場合、デバイダーは両端から縮小し始めます。

<igx-divider [middle]="true"></igx-divider>

role

role: string = "separator"

role 属性の値を設定する @Input プロパティ。 使用しない場合、separator は使用されます。

type

type: IgxDividerType | string = IgxDividerType.SOLID

デバイダーの種類を設定します。デフォルト値は default です。デバイダーは dashed にも設定されます。

<igx-divider type="dashed"></igx-divider>

vertical

vertical: boolean = false

デバイダーの vertical 属性のを設定する @Input プロパティ。

<igx-divider [vertical]="true"></igx-divider>

アクセサー

inset

  • get inset(): string
  • set inset(value: string): void

isDashed

  • get isDashed(): boolean

isSolid

  • get isSolid(): boolean