クラス IgxDateSummaryOperand

階層

メソッド

メソッド

operate

  • operate(data?: any[], allData?: any[], fieldName?: string): IgxSummaryResult[]
  • 静的メソッドを実行して IgxSummaryResult[] を返します。

    interface IgxSummaryResult {
      key: string;
      label: string;
      summaryResult: any;
    }

    summary をカスタマイズするために継承クラスでオーバーライドできます。

    class CustomDateSummary extends IgxDateSummaryOperand {
      constructor() {
        super();
      }
      public operate(data: any[], allData: any[], fieldName: string): IgxSummaryResult[] {
        const result = [];
        result.push({
          key: "latest",
          label: "Latest Date",
          summaryResult: IgxDateSummaryOperand.latest(data)
        });
        return result;
      }
    }
    this.grid.getColumnByName('ColumnName').summaries = CustomDateSummary;
    @次のメンバー:

    IgxDateSummaryOperand

    パラメーター

    • デフォルト値 data: any[] = []
    • デフォルト値 allData: any[] = []
    • オプション fieldName: string

    返却 IgxSummaryResult[]

Static count

  • count(data: any[]): number

Static earliest

  • earliest(data: any[]): any
  • データ レコードの一番早い日付値を返します。 フィルタリングが適用される場合、フィルター済みのデータ レコードの最新の日付値を返します。

    IgxDateSummaryOperand.earliest(data);
    @次のメンバー:

    IgxDateSummaryOperand

    パラメーター

    • data: any[]

    返却 any

Static latest

  • latest(data: any[]): any
  • データ レコードの最も遅い日付値を返します。 フィルタリングが適用される場合、フィルター済みのデータ レコードの最新の日付値を返します。

    IgxDateSummaryOperand.latest(data);
    @次のメンバー:

    IgxDateSummaryOperand

    パラメーター

    • data: any[]

    返却 any