クラス IgxCsvExporterService

Ignite UI for Angular Icon サービス - ヘルプ

Ignite UI for CSV Exporter サービスは、文字区切り値 (CSV) 形式で生データ (配列) または IgxGrid からデータをエクスポートします。 例:

public localData = [
{ Name: "Eric Ridley", Age: "26" },
{ Name: "Alanis Brook", Age: "22" },
{ Name: "Jonathan Morris", Age: "23" }
];
constructor(private csvExportService: IgxCsvExporterService) {
}
const opt: IgxCsvExporterOptions = new IgxCsvExporterOptions("FileName", CsvFileTypes.CSV);
this.csvExportService.exportData(this.localData, opt);

階層

Index

コンストラクタ

プロパティ

メソッド

コンストラクタ

プロパティ

columnExporting: EventEmitter<IColumnExportingEventArgs> = ...

このイベントは列がエクスポートされるときに発生します。

this.exporterService.columnExporting.subscribe((args: IColumnExportingEventArgs) => {
// イベントをハンドルするコードをここに入力します。
});
次のメンバー:

IgxBaseExporter

exportEnded: EventEmitter<ICsvExportEndedEventArgs> = ...

このイベントは、エクスポート処理が終了したときに発生します。

this.exporterService.exportEnded.subscribe((args: ICsvExportEndedEventArgs) => {
// イベントをハンドルするコードをここに入力します。
});
次のメンバー:

IgxCsvExporterService

rowExporting: EventEmitter<IRowExportingEventArgs> = ...

このイベントは行がエクスポートされるときに発生します。

this.exporterService.rowExporting.subscribe((args: IRowExportingEventArgs) => {
// イベントをハンドルするコードをここに入力します。
});
次のメンバー:

IgxBaseExporter

メソッド