WPF コントロールは ULTIMATE 開発ツールキットに含まれます。

バーコード

チャート

エディター

フレームワーク

ゲージ

グリッド

インタラクション

レイアウト

マップ

メニュー

スケジュール

スタイリング & テーマ

すべてのコントロール

WPF テーマ マネージャー

Infragistics コントロールにテーマを簡単に適用できます。新規の ThemeManager では、単一コントロール、またはアプリケーション全体の外観をコード 1 行で変更できます。ThemeManager ではすべての Infragistics コントロール、さらにサポートされる一般の Microsoft コントロールのテーマを変更します。

WPF テーマ マネージャー 2

アプリケーション レベルのテーマ

ThemeManager.ApplicationTheme プロパティを設定しデザイン タイム、またはランタイムでアプリケーション全体の外観を変更できます。

WPF Thememanager アプリケーション レベルのテーマ

コントロール レベルのテーマ

XAML マークアップで ThemeManager.Theme 添付プロパティを使用することによりテーマをコントロール レベルで変更しオーバーライドできます。テーマを単独ビューで複数のコントロールに適用するには、論理ツリー (コントロールの最上の親) のルート要素で ThemeManager.Theme 添付プロパティを使用します。

WPF Thememanager テーマの適用コントロール

Microsoft コントロール サポート

弊社の ThemeManager は一般の Microsoft コントロールをサポートします。すなわち、 ThemeManager は Infragistics コントロールのみならず、 Microsoft コントロールにもテーマを適用します。標準の Microsoft コントロールのテーマを変更しない場合、上記サポートを無効化するテーマ プロパティを提供します。

WPF Thememanager MS テーマの適用

新たなテーマ

既存のテーマに加えて、2016 Vol.2 では Royal Dark テーマを提供します。Microsoft Office、Visual Studio、 Blend などの有名なアプリケーションにインスパイアされたこのテーマは Infragistics WPF テーマ マネジャーでサポートされ我々のコントロールだけでなく、多くの標準 Microsoft WPF コントロールにも適用することができます。

Wpf Thememanager Extend Existing Themes

 

既存のテーマの拡張

定義済みのテーマ クラスから派生するクラスを作成することにより簡単に Infragistics の既存のテーマを拡張できます。ConfigureControlMappings メソッドをオーバーライドし、テーマが ThemeManager に使用される際に適用されるカスタムのリソースを追加する必要があります。

WPF Thememanager 既存のテーマの拡張

カスタム テーマ

ThemeBase から派生するクラスを作成し、抽象的な ConfigureControlMappings メソッドを実装し、ThemeManager でテーマを適用する際に使用されるリソース ディクショナリを提供することによりカスタムのテーマを簡単に作成できます。

テーマ マネージャー Creatingnewtheme