WPF コントロールは ULTIMATE 開発ツールキットに含まれます。

バーコード

チャート

エディター

フレームワーク

ゲージ

グリッド

インタラクション

レイアウト

マップ

メニュー

スケジュール

スタイリング & テーマ

すべてのコントロール

WPF Math ライブラリ

数学および統計的な構造と関数を実行することができるライブラリを提供します。 データ構造を複数の形式に変換することなく、数学演算を実行するアプリケーションを作成できます。 Math ライブラリ (CTP) は、コンパートメント モデルを作成、Monte Carlo シミュレーションの実行し、回帰問題を解決します。

 

Math ライブラリの紹介

Infragistics Professional ツールセットで使用できる数学および統計的な構造と関数の充実したライブラリを提供します。Math ライブラリは複数の数学演算を実行するコア関数を提供します。数学演算をすばやく正確に実行し、効率的にメモリを使用します。データ構造を複数の形式に変換することなく、数学演算を実行するアプリケーションを作成できます。数値法の採用、コンパートメント モデルの構築、モンテカルロ シミュレーションの実行、回帰問題の解決を行います。

 

コア ライブラリ

数学エンジンは、数学定数、三角法関数、行列オブジェクトなどの主要なクラスを提供します。Compute クラス - 数学関数へのアクセスを提供するクラス。Complex Numbers - 実数および虚数部分は 多くの複雑な解析で使用されます。定数 - 10 進数としてハードコードされた選択。すべての標準数学演算は、Vector と Matrix で定義されており、多くの統計計算は、単純な行列演算に落とすことができるというメリットがあります。ブール値ベクター - ブール値は比較演算を Vector 上で定義できます。120 以上の演算 - メモリとオーバーヘッドの正しいバランスを提供し、開発工数を限りなく削減することを念頭にデザインされています。

 

組み込み関数

多数の関数が含まれているため、一般的な数学関数を実装する必要がありません。Math ライブラリは複数の静的メソッドを提供します。

 

直感的

Math ライブラリで数学オブジェクトを定義してデータを保存できます。数学演算をカスタマイズできます。

 

compute モジュールの使用

Math ライブラリで compute と呼ばれる単一のモジュールを作成できます。このモジュールには複数の関数が含まれます。